ソーシャルメディアガイドライン

本ガイドラインはソーシャルメディアを利用するための基本マナー等について定めています。ソーシャルメディアを利用した自由でオープンな議論、グローバルなネットワーク形成、積極的な社会参加については、意義ある活動として認められるものであり、原則としてその利用は個人の自由です。
しかし利用法を誤ると利用者本人の不利益となるだけでなく、他人の名誉を傷つけ、社会的利益を損ねる可能性があり、場合によっては、利用者本人に対する賠償責任などの他、所属組織の社会的責任を問われる可能性もあります。
ソーシャルメディアの特性を充分理解して適切な利用を心掛けて頂くために本ガイドラインを定めました。

本ガイドラインの対象者

学校法人大阪電気通信大学の構成員である教職員や学生はもちろん、契約に基づいた職員に準ずる者(非常勤講師、派遣職員等)、 研究生、客員研究員など本学で活動する全員が対象です。

ソーシャルメディアとは

ソーシャルメディアとは、ブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、動画共有サイトなど、利用者が情報を発信してコミュニケーションを 形成していく電子的なメディアをいいます。
代表的なソーシャルメディアとしては Facebook、Instagram、Twitter、LINE、mixi、YouTube、ツイキャス、ブログ、プロフなどが有名ですが、そのほかの電子掲示板など多くのシステムが存在します。

ソーシャルメディアガイドライン

ソーシャルメディアにおいても社会的ルール・モラルを守る

日本国内の法令、本学が定めた各種規則を遵守することはもちろんですが、言うまでもなくインターネットは世界に広がっていて自動的に各国語に翻訳もされますし、一度公開するとそれを削除しても恒久的に記録が残ります。常に世界中の人が読んでいることを意識してください。
特に、著作権の公正な取り扱いには注意してください。

他者の人権や権利を尊重する

個性や多様性を尊重し、異なる意見や考え方、生き方をお互いに認め合うコミュニケーションが必要です。基本的人権、肖像権、プライバシー権、著作権、商標権などを侵害しないように注意しましょう。
特に、次のような情報を発信してはいけません。

  1. 誹謗中傷する内容
  2. 他人のプライバシーに関する内容
  3. 公序良俗に反する内容
  4. 人種、民族、言語、宗教、身体、性、思想、信条等に関する差別的な内容

責任をもって発言・情報発信を行う

発言内容に対する責任は、発言者が負います。発言する前に、虚偽の情報や不確かな情報が無いことを確かめましょう。情報を転送する際も同様です。
自ら発信した情報により他者を傷つけたり誤解を与えたりした場合には、誠実に対応するように努めてください。
他者の権利を侵害した場合は、たとえ学生であっても訴訟や損害賠償の対象にもなりえます。自ら発信した情報に関して、批判的な反応があった場合にも感情的に対応しないように注意してください。

守秘義務のある情報を公開しない

授業や研究室など大学で知り得た守秘義務を要する情報(研究上の秘密や業務情報など)はもとより、アルバイト先やインターンシップ先で職務上知りえた情報を許可なくソーシャルメディアを利用して発信することのないようにしてください。

自分自身を守る

個人情報の公開範囲について十分に検討しましょう。
一度ネットワーク上に公開すると完全には削除できないこと、第三者によって保存され将来にわたり人物情報として利用される恐れがあることを認識し、自分自身のプライ バシーの保護に留意しましょう。
匿名にしても名前を知られてしまう可能性があります。
各ソーシャルメディアの利用規約を知り、個人情報の公開範囲に十分な注意を払いましょう。

大阪電気通信大学の一員としての自覚と責任を持つ

ソーシャルメディアを使用する場合は、大阪電気通信大学の一員として自覚と責任をもった発言を心掛けてください。
一度ネットワーク上に公開すると完全には削除できないこと、第三者によって保存され将来にわたり人物情報として利用される恐れがあることを認識し、自分自身のプライバシーの保護に留意しましょう。
本学学生及び教職員等がソーシャルメディア上に掲載した情報に法令違反、人権侵害及び守秘義務違反の疑いが生じた場合、又は大阪電気通信大学の名誉を著しく損ねていると大学が判断した場合には、懲戒処分の対象となることがあります。

以上

ページの先頭へ