出張講義

エレクトロニクス

分子が結ぶ電気と光の世界  ~新しいエレクトロニクスを目指して~

講義者
富岡 明宏 (工学部/電気電子工学科 教授)
内容
CD-Rメディアの記録層や有機ディスプレイなどに利用される有機色素は電気を流す性質もあり、 新しいエレクトロニクス材料として近年注目を集めています。 柔らかいプラスチィックフィルム上に作られるフレキシブルな電子デバイスとして、 今までの 「電気回路」 とはまったく見た目の異なる 「電気製品」 が誕生する日も近いと考えられています。 このような技術の基礎となる最先端の研究を行う4年生や大学院生の日常の姿を紹介します。

エレクトロニクス

LSIができるまで

講義者
北嶋 暁 (総合情報学部/情報学科 教授)
内容
携帯電話をはじめ、身近な電子機器のほとんどにはLSI (大規模集積回路) が使われています。 最近では、 さまざまな機能を持つ回路を一つのチップの中に入れることができるようになりました。 このような複雑な機能を持つ回路をどのように作っていくのかについてお話します。

エレクトロニクス

デジタル化の原理と利点

講義者
鴻巣 敏之 (総合情報学部/情報学科 教授)
内容
あらゆる分野において情報のデジタル化が進んでいます。アナログからデジタル化が行われることでどのような利点があるのでしょうか?デジタル化による利点がどのような原理でなされるのかをお話します。

ページの先頭へ