イベント

11.18 Sat

石垣島の海底遺跡の「インターネットライブ中継」をグランフロント大阪で実施します

石垣島の屋良部(やらぶ)沖には多くの錨や壺が密集する海底遺跡があり、水中ロボットを使った考古学調査が進められています。

今年度の遺跡調査の実施に合わせ、総合情報学部デジタルゲーム学科の門林理恵子教授が、グランフロント大阪にて海底遺跡の様子をインターネットでライブ中継するイベントを開催します。

 

現地からは東海大学海洋学部の坂上憲光准教授が開発した水中ロボットによって撮影した海底遺跡の映像をリアルタイムで配信するとともに、石垣島の高校生らが海底遺跡の紹介を行います。

またグランフロント大阪の会場では、大阪府南河内郡河南町教育委員会文化財担当の向井妙氏と、奈良文化財研究所都城発掘調査部の浦蓉子による海底遺跡や水中文化遺産についての解説も行われます。

 

多数の皆様のご来場をお待ちしています。

 

石垣島海底遺跡 ライブ見学会

場 所:グランフロント大阪ナレッジキャピタル 北館2F アクティブスタジオ

日 時:2017年11月18日(土)

    第1回:11:00~、第2回:14:00~(各回とも同じプログラム)

主 催:VisLab OSAKA/大阪電気通信大学 デジタルゲーム学科/東海大学

協 力:ナレッジキャピタル/石垣市教育委員会

参加費:無料

申込み:不要

問合せ:大阪電気通信大学デジタルゲーム学科

    E-mail:ishigaki-info@oecu.jp

日程 2017.11.18 Sat

一覧へ戻る

ページの先頭へ