イベント

03.19 Mon

「楠正行シンポジウム『楠正行考』小楠公と四條畷市~正行公の生き方と魅力」

3月19日(月)、四條畷キャンパスのコナミホールで、四條畷市・産経新聞社主催「楠正行シンポジウム『楠正行考』小楠公と四條畷市~正行公の生き方と魅力」が開催されます。

 

産経新聞の連載「楠木正成考」にちなんで開催される本シンポジウムでは、南北朝時代の武将、楠正行(くすのきまさつら)を祭る四條畷神社が創建された明治期の近代化の歩みを振り返り、現代に活かすため、四條畷市を舞台にいまなお語り継がれる正行公の生き方と魅力を考えます。

 

なお、本イベントでは、総合情報学部デジタルゲーム学科の「武将楠正行絵本制作プロジェクト」の学生たちが昨年完成させた絵本に関する発表を行います。

「武将楠正行絵本制作プロジェクト」は、楠正行の伝承活動に取り組む「四條畷楠正行の会」との制作プロジェクトで、木子香講師の指導のもと、19人の学生が昨年4月より講義や学外での実習を通して絵本制作を行い、10月には同会の3周年記念事業で絵本完成プレゼンテーションを行いました。(詳細はこちら

 

当日は、学生の発表のほか、雅楽師の東儀秀樹氏による特別講演やパネルディスカッションが予定されています。是非ご参加ください。※要事前申し込み

 

「楠正行シンポジウム『楠正行考』小楠公と四條畷市~正行公の生き方と魅力」開催概要

日  時:3月19日(月)13:00~(12:30開場)

場  所:四條畷キャンパスコナミホール

主  催:四條畷市、産経新聞社

協  力:四條畷神社、大阪電気通信大学、四條畷市商工会、四條畷市文化観光協議会

参 加 費:無料 定員850人(要事前申し込み)

申し込み:

件名「楠正行考シンポ」、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数を明記し、3月2日までに(必着)、はがき(〒556-8666 住所不要)かFAX(06-6633-2709)、メール(k-sinpo@esankei.com)で、産経新聞開発「楠正行考シンポ係」(06-6633-6834)へ。抽選の上、当選者に参加証をお送りします。

締め切り:3月5日(月)必着

問合わせ:四條畷市 市民生活部産業観光課

     TEL 072-877-2121・0743-71-0330(代表)

 

▼プログラム詳細

≪第一部 特別講演≫

「美しいメロディを歌い継ぐ」

講師:東儀秀樹氏(雅楽師)

≪第二部 活動報告≫

・扇谷昭氏(元四條畷市産業振興アドバイザー・現四條畷楠正行の会代表)

・大阪電気通信大学総合情報学部デジタルゲーム学科

講師 木子香 ほか

・絵本プロジェクトの贈呈式

≪第三部 パネルディスカッション≫

「小楠公と四條畷市~正行公の生き方と魅力」

登壇者:東修平氏(四條畷市長)、寺井種伯氏(四條畷神社宮司)、扇谷昭氏

コーディネーター:安本寿久氏(産経新聞特別記者・編集委員)

≪施設内ブース≫

四條畷市商工会、四條畷市文化観光協議会、その他

日程 2018.03.19 Mon

一覧へ戻る

ページの先頭へ