• 受験生の方へ
  • 企業の方へ
  • 在学生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 地域・一般の方へ

学部・大学院[FACULTY]




工学部 環境科学科

幅広いフィールドで、地球と人類が直面する環境問題に挑む。
さまざまな環境問題についての正しい理解と認識を高めるとともに、地球にやさしい化学物質の開発とエネルギーの有効利用技術およびバイオマテリアルの探求に関する『エコ化学』『バイオ化学』『エネルギー機械』を軸とした実践的教育を行い、環境意識が高く、多彩なフィールドで活躍できる人材の育成をめざします。

学びのポイント

学びのポイント
01 エコ化学コース
新型二次電池や環境浄化に使われる光触媒などについて、それらを構成する物質を開発できる知識と技術を学びます。
02 バイオ化学コース
植物や微生物の生産する物質を使った新しいバイオマテリアルの開発や健康食品の開発などに関わる知識や技術を学びます。
03 エネルギー機械コース
自然エネルギーを電気に変える発電技術と得られたエネルギーの有効利用技術などに着目し、それを実現する各種機械のシステムについて学びます。

将来につながる4年間の実学

4年間の流れと将来のフロー
主な就職先・資格一覧
将来の活躍のフィールド 取得できる資格(予定) 取得をめざす資格
  • 機械・電気機器製造
  • エネルギー産業
  • 化学・化粧品
  • 医薬品メーカー
  • 食品関係
  • 高等学校教諭一種免許状(理科/工業)
  • 中学校教諭一種免許状(理科/技術)
  • 公害防止管理者(水質関係第一種)
  • エネルギー管理士
  • 気象予報士
  • eco検定(環境社会検定試験®)
  • CAD利用技術者

先輩たちの声

受けてみなければ始まらない!いろんな資格に挑戦中です。
3年生の現在、eco検定(環境社会検定試験®)とCAD利用技術者の資格を取得しています。さらに、エネルギー管理士・危険物取扱者・気象予報士の資格にも挑戦中。この学科では、授業で学んだ内容が資格の勉強に活きることも少なくありません。また、先生が対策講座を開いて積極的に支援してくれるので、資格をめざしやすい環境ですよ。
環境技術学科(現 環境科学科) 3年 [岡山県 総社南高校 出身]
分析装置の仕組みを学べば、実験がもっと楽しくなります。
実験やものづくりなど、自分の手と目で実感できる授業が多いのがこの学科の魅力。さらに「機械分析」の授業では、実験で使用している分析装置の原理を学ぶことができるので、どんな風に実験結果が出ているのかがよくわかります。「この物質を分析するならこの装置を使おう」と自分で実験のプランを考えられるようになり、応用力が身につきます。
環境科学科 2年 [兵庫県 兵庫工業高校 出身]

卒業生の活躍

商品価値を高める表面処理。奥が深くて、おもしろい。
金属を保護し、付加価値を高めるための表面処理。カラフルな家電は、この処理を経て商品になります。その薬品を製造する企業に勤務し、ものづくりの現場で起こる課題に対して解決策を提案しています。柔軟な発想力が求められる仕事なので、多彩な分野を学べるこの学科で得られた知識が大いに役立っています。
奥野製薬工業株式会社
[2010年 応用化学科(現 環境科学科) 卒業/2012年 本学大学院総合電子工学専攻(現 先端理工学専攻)修了]

Pick Up 授業

食品化学(バイオ化学コース)

バイオテクノロジーにより生命活動や生物が生み出す物質の特性などが解明され、食品や医療へと応用されています。食品の機能や健康との関わりや安全性について学びます。

エネルギー変換工学(エネルギー機械コース)

石油、天然ガスなどの化石燃料から、太陽光や風力などの再生可能エネルギーまで、一次エネルギーを電気・熱などの高次のエネルギーに効率よく変換する技術を学びます。