総合情報学部デジタルアート・アニメーション学科

学科WEBサイト

技能と社会性を磨き、デジタルコンテンツ産業に貢献できる人材へ。

映画が製作、配給、興行の3つの部分から成り立っているように、イラストを描いたり、写真を撮るだけでは作品を世に送り出すことはできません。企画・マーケティング(思い描く)、制作(創る)、情報発信・プロデュース(伝える)に必要な幅広い知識と技術を身につけた人材をプロの教育集団が育成しています。

将来の活躍フィールド

  • CGアニメーター
  • サウンドクリエイター
  • グラフィックデザイナー
  • 映像クリエイター

Pick Up 授業

コマーシャル・フィルム概論

国内外のフィルムの中から、先進的かつユニークなアイデアが盛り込まれた映像を紹介。鑑賞のみならず、どのようにアイデアが生まれ具現化されたのかというプロセスも学びます。

音楽制作演習1

VOCALOID™などの音楽制作ソフトを使い、資格取得のための音楽理論と作曲・編曲の基礎を学びながら楽曲制作を行います。作品をインターネットで配信することで表現力を磨きます。
※VOCALOID™はヤマハ株式会社の登録商標です。

学びのポイント

  • 01

    個人からグループ制作まで体験し、一人ひとりの学生が、自らの独創性や自分らしさを見つけ成長できる学びを実現しています。

  • 02

    プロのクリエイターが使う最新鋭の機器や設備を提供し、専門分野での「技術性」を納得いくまで追求できる環境を整えました。

  • 03

    学外のプロと連携した人材育成を重視。四條畷キャンパスのJIAMSでは、本物の仕事を全身で体験しながら社会性を養います。

就職

資格 取得できる資格
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
関連する資格
  • CGクリエイター検定
  • CGエンジニア検定
  • マルチメディア検定
  • 色彩検定®
  • ITパスポート

メディアコンピュータシステム学科(※現 情報学科)4年:富士ゼロックス京都株式会社内定!

先輩の声

いろんなジャンルの音に挑戦して、表現の幅が広がりました。

音楽制作は、高校生の頃からの私のライフワーク。この学科にはいろいろな作品をつくる学生がいて、ホラーからアニメ、ドキュメンタリーまで、いろんなジャンルの映像に合わせた音づくり挑戦しました。そしてつくりためた作品をまとめたポートフォリオを持って採用面接へ。1社目で内定をいただくことができ、うれしかったです。

卒業生の活躍

授業以外にも、自分を磨くチャンスがたくさんあります。

CMからWeb、最近話題のARまで、幅広いコンテンツの制作に携わっています。大学時代の思い出は、ナガタ先生のアシスタントとしてプロの制作現場を経験したこと。そこで自分の目や耳、手、体全体で感じたことが今の仕事に活きています。みなさんもぜひ課外活動には積極的に参加し、さまざまな経験を積んでください。

株式会社ユーフォニック

2010年 デジタルアート・アニメーション学科 卒業
2012年 本学大学院デジタルアート・アニメーション学専攻 修了

ページの先頭へ