2017.01.16総合案内

制御機械工学専攻の大学院生が「計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会」で優秀発表賞を受賞しました

1月13 日(金)に開催された「平成28年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会」にて、中村祐一さん(大学院工学研究科修士課程制御機械工学専攻入部研究室2年生)が「天体観測のための補償光学システム開発」について研究発表を行い、その内容が評価され優秀発表賞を受賞しました。

 

この研究発表会は、計測自動制御学会関西支部とシステム制御情報学会が若手研究者・技術者の研究活動の促進と相互交流を図るために企画・開催されたもので、50件を超える研究発表が行われました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ