2017.03.03総合案内

金融経済学部の学生を対象に「学長賞」授与式を執り行いました

2月27日(月)、金融経済学部の学生を対象とした「学長賞」の授与式が寝屋川キャンパスで執り行われました。

 

「学長賞」は、実学道場プロジェクト※による資格を取得した学生の中から、特に難関資格を取得した学生に対し、学長が表彰するものです。

 

この日は「宅地建物取引士」の資格を取得した木村聖次さん(金融経済学部資産運用学科3年)が、指導担当の山野加代枝講師とともに大石利光学長のもとを訪れ、表彰状と副賞を授与されました。

 

2回目の受験で合格したという木村さんは、「1回目から勉強のやり方を見直すことで合格できました。将来は不動産関係に進みたいと思います」と語り、大石学長は「資格をもっていると周囲から評価されます。就職活動においても、資格をもっていることが強みとなります。自分が頑張ったという自信をもってください」と伝えました。

 

※実学道場プロジェクト・・・

多くの学生に資格取得の有効性を呼びかけ、資格取得などを通しての知識の定着や達成感を体験することで一層勉学意欲を高めるための支援プロジェクトです。

一覧へ戻る

ページの先頭へ