2017.07.26総合案内

医療福祉工学科の学生を対象に「医療接遇マナー研修」を実施しました

7月24日(火)、医療福祉工学部医療福祉工学科の4年生を対象に、「医療接遇マナー研修」を四條畷キャンパスで実施しました。

 

この研修は、臨床工学技士を志望する4年生に対し、毎年8月末から始まる臨床実習に備えて実施しているもので、医療人・実習生として必要な医療接遇マナーを理解し身につけること、患者様や職場の方々との円滑なコミュニケーションを身につけることを主な目的としています。

 

講師には、CAREER LABO 代表 小松仁美氏をお迎えし、実習中はもちろん、実習前の挨拶や、社会に出てからも必要とされるマナーについて、実践やペアワークを交えながらご説明いただきました。

 

学生たちは、対人援助職における接遇マナーの重要性を理解し、第一印象を高める姿勢や挨拶、身だしなみなどを、実際に体験しながら学びました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ