総合情報学部ゲーム&メディア学科※

2017.05.17

倉地宏幸准教授が東京新聞・中日新聞夕刊の連載「かわいい古代」のタイトルカットをデザインしました

 

総合情報学部デジタルゲーム学科の倉地宏幸准教授が、東京新聞・中日新聞夕刊で5月10日(水)から始まった連載「かわいい古代」のタイトルカットをデザインしました。5月10日の連載第1回目には、倉地准教授が大学名とともに紹介されています。

 

この連載はライター譽田亜紀子さんによるもので、主に縄文時代から古墳時代にかけて、人々が作り、使ったとされる身の回りの道具や装飾品である「遺物」をとりあげ、その造形や模様、用途などから、当時の人々に思いをはせるという企画です。

 

倉地准教授による、古代のロマンをイメージしたピンクが基調のタイトルカットは、まさに「かわいい」デザインで、連載に花を添えています。

 

※東京新聞文化部掲載許可済

一覧へ戻る