女子バスケットボール部結果報告

01.09 Wed女子バスケットボール部が「電通カップ・近畿フェスティバル2018」で準優勝を果たしました

本学女子バスケットボール部が12月26日(水)、27日(木)に開催された「電通カップ・近畿フェスティバル2018」で準優勝を果たし、今シーズンを終えました。
 
 「電通カップ・近畿フェスティバル」は近畿地区を中心に全国から高校11チームを招待し、強化・交流および普及を目的とする親善大会です。試合方法は3チームを1つとするブロックに分かれてリーグ戦を行い、各ブロックの成績から、決勝トーナメント、2位トーナメント、3位トーナメントに進出して順位を決定します。
 
 初日のリーグ戦では、尼崎双星(兵庫)と高知商業(高知)に勝利してブロックⅠを1位で通過。続く決勝トーナメントでは金沢(石川)との準決勝戦を白星で飾り、決勝戦は修文女子(愛知)との対戦という昨年と同じカードになりました。
 180cmの外国人選手を擁する修文女子にスピードや組織的な攻撃で対抗するものの、相手はゴール下に巧みにボールを集めて攻撃し、試合は接戦となりました。本学チームは小野 風さん(医療福祉工学部健康スポーツ科学科2年生)が体を張った守備や広いスペースを用いた攻撃で奮闘しましたが、あと一歩のところで力及ばずとなりました。
 
 
 市谷浩一郎監督(医療福祉工学部健康スポーツ科学科准教授)は「新チームで臨んだ大会。予選リーグでは新チームならではの噛み合わない所もありましたが、徐々に修正し、決勝トーナメントではチームの持ち味を発揮することができました。電通カップは大会設営や物品手配等、主催者としての仕事も必要であり、山本ほのかマネージャー(医療福祉工学部健康スポーツ科学科4年生)を中心に部員が頑張ってくれました。この経験をもとにチーム作りを進め、新入生という新たな戦力も加え、来年度は飛躍のシーズンになるよう頑張りたいと思います」と述べました。
 
 
 市谷監督と部員たちは本大会を振り返るとともに、次のシーズンに向けての決意を新たにする様子でした。女子バスケットボール部の今後の活躍にご期待ください!
 
 
 
 1月17日(木)、部を代表し、キャプテンの清水仁美さん(医療福祉工学部健康スポーツ科学科3年生)と三澤風香さん(同学部同学科3年生)が市谷監督とともに大石利光理事長・学長のもとを訪れ、結果を報告しました。
 
 市谷監督は「近隣だけではなく遠方から参加してくれるチームもあり、大会のレベルも上がってきた」と振り返り、大石理事長・学長は「本学女子バスケットボール部の頑張りを後輩にも繋げていってください」と述べ、今後の活躍に期待を寄せました。 
 
 
 
【大会順位】
 優勝:修文女子高校(愛知)
 準優勝:大阪電気通信大学
 3位:好文学園女子高校(大阪)
 4位:金沢高校(石川)
 5位:土岐商業高校(岐阜) 〈敢闘賞〉
 6位:尼崎双星高校(兵庫)
 7位:津商業高校(三重)
 8位:羽衣学園高校(大阪)
 9位:高田商業高校(奈良)〈敢闘賞〉
 10位:大津商業高校(滋賀)
 11位:高知商業高校(高知)
 12位:京都廣学館高校(京都)
 
【試合結果】
26日:予選リーグ(グループⅠ)
▽ゲーム1
電通大88-68尼崎双星
(13-19, 31-19, 19-7,25-23)
▽ゲーム2
電通大77-34高知商業
(23-8,14-15, 23-7,17-4)
①電通大②尼崎双星③高知商業
 
グループ1位で決勝トーナメント進出
 
27日:決勝トーナメント
▽準決勝
電通大74-59金沢
(20-18,13-17, 21-10,20-14)
▽決勝
電通大66-71修文女子
(20-17,18-21, 9-15,19-18)
 
【表彰】
敢闘賞
土岐商業高校・高田商業高校
 
優秀選手賞
小野 風 (医療福祉工学部健康スポーツ科学科2年生)

 

一覧へ戻る

ページの先頭へ