概要

実習期間

工学部・情報通信工学部 3年次:夏期休暇期間中の5日以上(原則1日8時間)
総合情報学部 2・3年次、総合情報学研究科1年次:夏期休暇期間中の10日以上(原則1日8時間)

実習時間

貴社の就業規則に準じます。

実習内容

アルバイト的な業務ではなく、正社員に準じた業務内容の実習をお願いします。

※受け入れに際し、以下の点にご配慮いただきますようお願いいたします。

  • 1.インターンシップの目的を明確にしてください。
  • 2.学生を受け入れるための体制つくり、インターンシップ事業についての社員の方々への周知をお願いします。
  • 3.学生の教育につながるプログラムの実施をお願いします。
    (実習プログラムの作成、実習日誌へのコメント記入、実習評価票への講評の記入をお願いします。)

対象学生

工学部・情報通信工学部 3年次、総合情報学部 2・3年次、総合情報学研究科1年次

評価方法

大学指定のレポートの他、実習先での日誌、実習評価票、実習報告会等に基づき単位認定します。

マッチング

  • 学科教員の書類及び面接による選考
  • 企業選考(総合情報学部は、希望企業のみ)

その他

  • 対価の発生はありません
  • 学生には傷害等に対する保険に事前加入させます

    (財)日本国際教育支援協会「学研災付帯賠償責任保険(インターン賠)」

  • 就業規則等の順守と実習期間中に知り得た情報等の守秘義務を順守させます
  • 実習に関する事前研修と事後研修を学内で実施します

    事前研修:職業意識の啓蒙、ペアワーク、ビジネスマナー等

    事後研修:実習報告会(日程は改めてご連絡します)

  • 女子学生の受入の際、現場作業等がある場合は、更衣室の準備、シャワールーム棟の整備及び男性社員と2人での同行業務等についてご配慮お願いいたします。

ページの先頭へ