出張講義

量子物理の世界

超原子核の世界 ~理論と実験~

講義者
原田 融 (共通教育機構/数理科学教育研究センター 教授)
内容
つくば市の高エネルギー加速器研究機構 (KEK) などで行われている 「奇妙さ」 を含んだ超原子核の研究動向に焦点をあて、 理論と実験の研究者がお互いにどのように研究を進めているかを紹介します。

量子物理の世界

素粒子の統一理論とビッグバーン宇宙論

講義者
木村 和広(共通教育機構/数理科学教育研究センター 准教授)
内容
物質の究極の構成物質である素粒子の種類と、その間に働く力を統一して理解する素粒子の統一理論の概念と、最新の研究成果をわかりやすく解説します。また、極微の素粒子と広大な宇宙がビッグバーン宇宙論をとおして密接につながっていることも紹介します。

量子物理の世界

原子の動きを見てみよう

講義者
田中 宏明 (工学部/電子機械工学科 教授)
内容
原子レベルでの材料の変形・破壊現象を分子動力学によるコンピュータシミュレーションを用いて可視化および解析を行います。 材料は主にシリコンをとりあげ、 原子構造が変化していく様子を観察しましょう。

量子物理の世界

原子の世界を覗いてみたら

講義者
安江 常夫(工学部/基礎理工学科 教授)
内容
すべての物質が原子からできていることは知っていても、それを見ることは大変です。このセミナーでは、走査トンネル顕微鏡で見た原子の世界を紹介します。また、原子1個1個を並べたり引き抜いたりした例についても紹介します。

ページの先頭へ