金融経済学部資産運用学科

学科WEBサイト

※2018年度以降の学生募集は実施いたしません。

金融や経済、法律を学び、変化し続ける社会を生き抜く力を身につける。

世界経済は、新たな局面を迎えています。これは、若いみなさんにとって大きなチャンスです。体を流れる『血液』のように社会を循環する『お金』を知れば、社会の仕組みがわかります。新しい時代を生き抜く『力』を身につけましょう。

将来の活躍フィールド

金融をはじめ多彩な業界へ

  • 金融機関
  • 不動産業
  • サービス業
  • 小売業
  • 企業経理・財務など
学びの分野
証券投資
市場分析
情報・データ処理
簿記・会計
民法・商法・税法

学科トピックス

学生ビジネスプラン・コンテストに出場

各種のビジネスプラン・コンテストに参加している「起業経営ゼミ」。アイデアだけではビジネスとして成り立ちません。製品の価格・組織構成などを先生のサポートを受け、自分で考えてプランを練り上げます。参加する学生は徹底的にプレゼンテーションを練習し、本番に臨みます。こうした一連の取り組みの中で、創造的な思考が大きく磨かれます。

学科トピックス

世界の経済・金融情報を瞬時に入手できるBloomberg端末を授業で使用

世界の経済・金融情報を瞬時に入手できるBloomberg端末を使い、日々変動する東証一部約1800銘柄の情報や 過去データを収集。実際の金融機関で行われているように、今後の日本経済をリードしていく企業を解析します。経営や財務の問題を発見し解決する能力や、ビジネスの最前線で即戦力となるためのスキルが身につきます。

学びのポイント

  • ポイント01

    まずは、なりたい自分を“見つける”。1・2年次は、基礎ゼミナール等でキャリア形成の基礎や幅広い基礎学力を養いながら将来の目標を明確にします。

  • ポイント02

    次に、めざす目標に向かって自分を“磨く”。専門知識を学ぶとともに、社会人として必要なコミュニケーション能力やマナー、実用スキルを養います。

  • ポイント03

    そして卒業後は“多様性”に満ちた活躍の舞台へ。大手金融機関をはじめ多彩な業界へ、輝かしい未来が待っています。

学びのステップ

4ステップの実学教育とは?

1年次基礎学力の強化をめざす

基礎学力強化のため、1年次から基礎ゼミナールでの少人数指導に加え、コミュニケーション能力、英語、数学、PCのスキルアップをめざします。また、社会的、職業的に自立できる能力を身につけ、キャリア形成のための基礎を養います。

つぎへ

2年次実務につながる多彩な分野を学ぶ

経済、証券、法律、簿記・会計等、実務につながるさまざまな分野の基礎を履修し、知識の幅を広げます。また、世界中の金融機関が使用している情報端末を活用し、ビッグデータの収集・加工・解析の経験を重ねることで実践的なスキルを身につけます。

つぎへ

3年次5つのコースに分かれ、専門性を深める

将来の仕事につながる目的意識を持ち、5つの専門コース(証券、ファイナンシャル・プランニング、簿記・会計、ビジネスIT、ビジネス教養)から自分に合った学びを選択。また、学修成果の確認のため、専門性の高い資格取得をめざします。

つぎへ

4年次将来を見据えて学びを総まとめ

専門ゼミナールで、卒業後の進路やさまざまなキャリアを想定して、学びの最終段階となる専門研究をまとめます。

就職

資格 取得をめざす資格
  • 証券アナリスト
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 証券外務員一種/二種
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 簿記検定2級/3級
  • ビジネス会計検定
  • ITパスポート
  • 情報処理技術者
  • TOEIC®

カリキュラム

カリキュラム

画像拡大

学科内容

授業紹介

ビジネスとIT

大量に集められたデータから、ビジネスの可能性を探り当てる。

近年、ITの発展によって購買情報や位置情報等の大量のデータが集められるようになってきています。この講義では、その「ビッグデータ」の活用法について、社会で活躍中の方を講師に招いて学修します。

マクロ経済学

国家単位で経済の動きを捉える「マクロ経済学」の基本的な考え方を学びます。現実に起きている経済事象や経済政策もテーマに取り上げ、経済の理論と現実のギャップを埋めることをめざします。

グローバル市場分析基礎

資産運用会社の業務とは何か?そして、社会でどのような役割を果たしているのか?資産運用業務の全体像を知るとともに、日常の経済関係のニュース等を通じて、投資に関する基本知識を深めていきます。

さらに詳しく知りたい方はこちら!

ページの先頭へ