科目ナンバリングについて

科目ナンバリングとは、本学で実施されているすべての授業科目について、授業内容・レベルに応じて特定のナンバーを付与し、シラバス等に記載することにより、体系的な教育プログラムの実現を目指すものです。授業科目のナンバリングの実施によって、各学部・学科で順次性のある体系的な教育課程を構築・確認することができます。学生にとっても、どの科目から学修していけば、体系的に学習することができるようになるかがわかるようになり、計画的な学修を可能にします。

ナンバリングの形式は、以下のように英字も入れて8桁で表示し、上の桁から、①学部・学科、②レベル、③大分類(科目区分:総合科目・基礎専門・専門)、④中分類(科目分野)、⑤小分類(通し番号)を意味する英数字で構成します。

ナンバリングの形式と設定内容

表1 ナンバリングの形式

分類 学部・学科
(部局)
レベル 大分類
(科目区分)
中分類
(科目分野)
小分類
(通し番号)
表示 英字(2) 数字(1) 数字(1) 数字(2) 数字(2)

( )内は、桁数を表す。

例 通信工学科 「基礎解析・演習」の場合 ナンバリングの例とコードの意味

表2 ナンバリングコードの意味

①学部・学科 ②レベル年次相当 ③大分類科目区分 ④中分類科目分野 ⑤小分類(通番号)科目
EE:電気電子工学科
EH:電子機械工学科
EJ:機械工学科
EN:基礎理工学科
EU:環境科学科
EC:建築学科
GP:情報工学科
GF:通信工学科
IA:資産運用学科
FL:医療福祉工学科
FY:理学療法学科
FS:健康スポーツ科学科
HB:ゲーム&メディア学科
HW:デジタルゲーム学科
HQ:デジタルアート・アニメーション学科
HT:情報学科
AH:人間科学教育研究センター
AE:英語教育研究センター
AS:数理科学教育研究センター
1年配当:1
2年配当:2
3年配当:3
4年配当:4
大学院相当:5
総合科目:1
基礎専門:2
専門:3
(学科別)
●基礎専門・専門科目
※カリキュラムマップ上の科目分野(学問分野)
01
02
03



19

●総合科目
人文・社会・自然群:01
外国語群(英語):02
外国語群(英語以外):03
健康・スポーツ群:04
キャリア形成群:05
教職:06
01
02
03



99

中分類毎に01から改めて数字を付与

各科目のナンバリングは以下、Webシラバスからご確認いただけます。

ページの先頭へ