2020.07.06メディア

産経新聞で兼宗教授監修のプログラミングを学ぶ児童書籍「テラと7人の賢者」が紹介されました

7月5日(日)の産経新聞 朝刊8面の書評欄で、ICT社会教育センター長代理の兼宗教授(工学部電子機械工学科)が監修したプログラミングを学ぶ児童向け書籍「テラと7人の賢者」が紹介されました。
 
「テラと7人の賢者」は、今世界中で注目を集めている『コンピュータを使わずに情報科学を教えるための学習法』をナゾとき物語にしたものです。カードやパズル、手品などの“ナゾ”をときながら、楽しく読むだけで、これからの時代、子どもたちに必須となるコンピュータの知識やプログラミング的思考が自然と身につきます。
 
※産経新聞社に無断で転載することを禁じる
※2020年7月5日 産経新聞朝刊8面「【児童書】テラと7人の賢者 “ナゾとき”コンピュータのおはなし」

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求