医療健康科学部 2020.4 START!

VERSION
Up
進化する、
医療・スポーツの学び。

AI・IoT化が広まる今、
医療・スポーツの現場は、
どんどん進化している。
病院だけでなく、
医療機器メーカーや
学校、スポーツクラブなど、
幅広い分野での活躍が
期待されている。
医療・スポーツ×情報教育の
学びを通じて、
世の中に役立つキミへ。

医療健康科学部

進化する学びを通じて、
臨床工学技士・理学療法士・
健康スポーツなどの
幅広い現場へ。

医療や健康スポーツの分野が拡大化・多様化する今。私たちの学びもまた、さらに進化させていきます。

医療・スポーツの専門性だけに留まらず、テクノロジーに精通し、幅広い視点から人々の生命を救い、健康を守ることのできる力を、学生一人ひとりに養成。情報教育と実学教育に力を注ぐ独自の学びにより、病院だけでなく、医療機器メーカーや教育・スポーツの現場などの幅広いフィールドで、
ICT化が進む健康長寿社会に対応できるプロフェッショナルへ。

これからの医療・健康維持促進に貢献する道が、ここからスタートします。

2020年4月より医療福祉工学部から医療健康科学部へ、医療福祉工学科から医療科学科へ名称変更。

卒業後の進路イメージ

医療・理学療法・健康スポーツの
幅広いフィールドで活躍する将来へ。

病院・医療機関

  • 医療機器のスペシャリスト
    臨床工学技士
  • 医療事務
  • リハビリのエキスパート
    理学療法士

企業

  • 医療健康機器開発者
  • 医療健康機器メーカー
  • 医療システム開発者
  • スポーツメーカー
  • フィットネスクラブ
  • 健康サービス業
幅広い領域から人々の健康を守る

教育・研究

  • 大学院進学・研究者(医療工学・健康科学)
  • 中学校・高校教員(数学・工業・保健体育)

地域

  • 健康福祉施設
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 公務員(スポーツ健康課など)
  • 医療科学科
  • 理学療法学科
  • 健康スポーツ科学科
  • 臨床工学技士

    医療機器のスペシャリストとして、医師や看護師、その他医療技術者とともにチーム医療に貢献します。また、医療機器の保守・点検も行い、その安全性確保と有効性維持を担います。国家資格を有する、医療系技術職です。

  • 理学療法士

    ケガや病気などで身体に障がいのある人などに対して、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職。基本動作能力の回復や維持、障がいの悪化の予防を目的にさまざまなプログラムを用いるなど、国家資格が必要となります。

  • 健康運動指導士

    病院や福祉施設などのメディカルスタッフと連携し、メタボリック症候群の予防や生活習慣病ハイリスク者への運動指導、介護予防のための運動指導を担当。一人ひとりに合う運動メニューの作成・指導を行います。

  • 医療健康機器開発者

    医療・健康分野の高度化・ハイテク化において、高度なモノづくりの力で先端医療の手術・治療や検査・測定、研究・開発、リハビリなどを支えていきます。主に、医療機器や健康機器メーカーに勤務します。

  • スポーツメーカー

    商品開発や販売を通して、スポーツ選手のパフォーマンスの向上や人々の健康増進に貢献していきます。身体や運動などの専門知識やスキルを活かすことで、さらなる業務内容が広がります。

  • 保健体育科教諭(中・高)

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳などさまざまなスポーツを指導。また、体の仕組みや応急処置などの知識も教えます。積極的に運動を楽しむ心を育てるとともに、健康な体をつくることをめざします。

VERSION UPの学び1

専門講義・OBOG指導・現場実習を組み合わせた「実学教育」。
OBOGから現場の
「今」が学べる!

講義より専門知識と技術を習得し、現場で働くOBOGの指導によりその学びを実践とリンク、さらに現場実習でその専門性を深めていきます。医療科学科・理学療法学科では、学内実習にも先輩たちが補助教員として参加します。

VERSION UPの学び2

AI・IoT時代の医療・健康支援を牽引する人材を育成。
医療・スポーツ×情報教育の
新しい学び!

10年以上前よりe-learningを導入するなど、ICT(情報通信技術)を活用した教育・研究に取り組んできた本学。日常的な学習の中でICTへの理解を深めながら、現場実習において今の医療・スポーツ分野における必要な技術や課題などを学んでいきます。

  • e-learning

    いつでも繰り返し学べる学習環境を用意。国家試験対策なども充実。

  • 1年次からの情報教育

    社会人に必要な情報活用力を育成。ICT関連資格の取得もサポート。

  • 情報テクノロジーの活用

    これからの医療・スポーツ分野に役立つ幅広い学びを実現。

↑↑