Department of Medical Science

医療科学科

知能情報コース / 臨床工学コース / 医療機器コース

学科WEBサイト

学部トピックスWEBサイト

医療とテクノロジーの専門スキルを学び、
これからの医療や健康維持促進に貢献していく。

予防医療や医療・健康機器の専門知識を持ち、医療現場を支える臨床工学技士や、
医療機器や医療システムを開発するエンジニア、また生体情報とAI技術を扱う知能情報技術者などをめざす学科です。
知能情報・臨床工学・医療機器、3つの履修モデルを設け、総合医療や医療のICT化などに対応できる力を養います。

将来の活躍フィールド

「知能情報コース」が始動

新コースの開設により、医療科学×情報テクノロジーの学びがさらに強化されます。

知能情報コース
生体情報とAI技術を扱う知能情報技術者
ー「AI・ICTエンジニア」「医療情報関連企業」などnew
臨床工学コース
AI技術・ICTに強い臨床工学技士(国家資格)
ー「大学病院」「高度医療・地域医療機関」など
医療機器コース
IoTや医療健康機器を扱うメディカルエンジニア
ー「医療機器メーカー」「健康機器メーカー」など
学びの分野
  • 医学・臨床工学
  • ICT・ヘルスケア
  • 医療ロボット・
    メカトロニクス
  • 知能情報システム
  • 医療IoT・AI医療

卒業後のキャリアを見据えた
3種のコース

  • 知能情報コースnew

    人体の構造と機能、生体情報センシング、AI技術を体系的に学び、人間を支援するシステム開発に従事する知能情報技術者として超スマート社会・健康社会に貢献します。

  • 臨床工学コース

    医学、臨床工学、AI技術を体系的に学び、医療機器のスペシャリストとして医療業務に従事する臨床工学技士の資格を取得し、チーム医療・高度医療に貢献します。

  • 医療機器コース

    医学基礎、医用工学、AI技術を体系的に学び、医療機器情報コミュニケータ(MDIC)の資格を取得し、メディカルエンジニアとして医療技術の安全と質向上に貢献します。

もっと知ろう!

実績に裏づけられた社会で活きる学び

医療機器のエンジニアとして、高度な知識・技術を身につけられる医療科学科。
その学びは、社会でも高く評価されています。

資格取得&就職に強い、臨床工学技士(国家資格)

京阪神の大学で臨床工学技士の
国家試験合格実績No.1!
  • ○臨床工学技士 合格者総数428名(2001年開設以来)
  • ○全国の臨床工学技士の
    およそ100人1人は本学科出身
  • ○臨床工学技士の医療機関就職実績
    京阪神の大学でNo.1

国家試験・就職実績

  • 合格率

    90%

    (全国平均 78%)

    2019年3月卒業者実績

  • 大・中病院への就職率

    86%

    過去5年間実績

    病院等就職者のうち、100床以上の病院等就職率

臨床工学を最先端の現場で。豊富な実習先!

京都大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院、奈良県立医科大学附属病院、大阪医科大学附属病院、近畿大学病院、大阪警察病院、神戸市立西神戸医療センター、市立豊中病院、北野病院、日本赤十字社和歌山医療センター、大津赤十字病院、兵庫県立姫路循環器病センター など

大学院で、医工連携の研究に打ち込む!

新しい医療機器や医療技術の研究開発に従事したい人のために、本学大学院に医療福祉工学研究科を設置。研究のレベルをより高められるよう、研究の進め方や倫理、学術論文の作成法等を丁寧に教授。その結果、電気学会やライフサポート学会で学生の研究が受賞を果たしています。研究活動を通して高度な専門性を身につけることで、チーム医療や福祉を支え、社会的ニーズに対応できる医療・福祉系スペシャリストをめざすことが可能です。

学びのポイント

  • POINT1
    生体情報とAI技術を扱う知能情報技術者を育成
  • POINT2
    AI技術・ICTに強い臨床工学技士を育成
  • POINT3
    IoT、医療健康機器を扱うメディカルエンジニアを育成

カリキュラム

医学・工学の基礎を固めた上で演習や実習を行い、実践的なスキルを修得します

カリキュラムマップはこちら

1年次
医学・工学・情報学・AI技術の
入門教育(基礎を学ぶ)

専門科目では、技術者としての基礎力(数学・理科・コンピュータ)の修得や、人体の構造とその機能および工学的基礎知識を理解します。また総合科目では、人間性・科学性・国際性・倫理観に関する総合力ならびに社会人として広範な知識を修得します。

キャリア形成
  • 医療科学入門実習
  •  
  •  
医学系
  • 生理学/解剖学
  • 医学概論
  • 公衆衛生学/医療関係法規
知能情報学系
  • プログラミング基礎実習
  • コンピュータリテラシー実習
医療機器学系
  • エレクトロニクス入門
  • 電気回路学
  • リハビリテーション工学
臨床工学系
  • 医用機器学概論
  •  
  •  
  •  
2年次
医療科学・生体医工学・
プログラミングを学ぶ

医療機関・健康の現場や医療機器開発の現場で必要となる臨床医学の基礎や、技術者として必要な工学(情報・電気電子・機械)の基礎を理解します。

キャリア形成
  • 医療科学基礎実習
  •  
  •  
医学系
  • 免疫学
  • 生化学
  • 病理学
知能情報学系
  • プログラミング応用実習
  • ディジタル回路
  • 情報工学基礎演習
医療機器学系
  • 電気電子工学実験
  • 電子回路学/ 生体物性工学
  • 材料力学/ 流体力学
臨床工学系
  • 医用計測学
  • 計測工学
  • 生体医工学基礎実習
  •  
3年次
臨床工学・医療機器・
知能情報学の専門科目を学ぶ

講義、実験、実習および演習を通じて、専門科目をより深く学び、応用力を修得。医療の現場で使用されている医用機器について学ぶ医用機器学や、ヒト型ロボット創造製作実習でモノづくりを体験する健康工学、さらにチーム医療には欠かせない医療情報工学等、将来の希望進路に応じて選択します。

キャリア形成
  • 医療科学実習
  • 総合医療工学実習
  • プレゼミ
医学系
  • 薬理学/看護学概論
  • 臨床検査学
  • 臨床内科学総論/臨床外科学総論
知能情報学系
  • 医療情報システム
  • 医療とICT/生活支援工学
  • ヒト型ロボット歩行制御実習
医療機器学系
  • 医用電子工学実験
  • ヒト型ロボット創造製作実習
  • メカトロニクス/ 製図・CAD実習
臨床工学系
  • 生体計測装置学実習
  • 生体機能代行医用機器学実習
  • 医用機器安全制御学
  • 医用治療機器学/医用機器安全管理学
4年次
卒業研究や臨床実習で
実践力を向上する

臨床実習では最先端の臨床工学に触れ、さらなるスキルアップをめざします。また教員や大学院生による個別指導、学生の習熟度に合わせて学修可能な「e-learning」等充実の環境で、国家資格「臨床工学技士」をはじめ、「メディカルエンジニア」「知能情報技術者」をめざします。

キャリア形成
  • 特別キャリア演習
  • 臨床実習
  • 卒業研究
医学系
  • 応用医学概論
  • 基礎医学特別演習
  • 臨床医学特別演習
知能情報学系
  • 医用工学特別演習
  •  
  •  
医療機器学系
  • 先端医療工学特論
  •  
  •  
臨床工学系
  • 生体機能代行装置学実習
  • 臨床工学技士総合演習
  • 医用機器学・安全管理学特別演習
  •  
※上記表は開講科目の一部です

主な就職先企業(過去3年間)

富士フイルムメディカル株式会社/株式会社アルプス技研/ニプロ株式会社/テルモ株式会社/アークレイ株式会社/株式会社湯山製作所/武田病院グループ/学校法人関西医科大学/国立大学法人愛媛大学 愛媛大学医学部付属病院/地方独立行政法人大阪市民病院機構/地方独立行政法人市立吹田市民病院/地方独立行政法人奈良県立病院機構/社会医療法人信愛会 畷生会脳神経外科病院/医療法人回生会 宝塚病院/社会医療法人畿内会 岡波総合病院/医療法人北辰会 有澤総合病院/医療法人徳洲会 野崎徳洲会病院/社会医療法人清恵会/医療法人社団石鎚会/公立豊岡病院組合 など

資格一覧

受験資格を取得できる資格

  • 臨床工学技士

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(数学/工業)
  • 中学校教諭一種免許状(数学)
  • ※ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
  • ※「臨床工学技士養成課程」と「教職課程」とを併修することは難しい場合があります。

関連する資格

  • ME技術実力検定
  • バイオ技術者認定
  • 基本情報技術者
  • 医療情報技師
  • 福祉住環境コーディネーター®
  • 医療機器情報コミュニケータ(MDIC)
  • 医科医療事務検定

授業紹介

生体機能代行医用機器学実習
血液透析装置等の本物の機器に触れ、
実践感覚を身につける

人工透析装置や人工心肺装置に実際に触れ、正しい操作方法および保守管理方法について学びます。臨床を意識した実習によって、技術だけでなく、医療人として必要な心構え・モラルの獲得をめざします。

医療科学入門実習
計測や観察といった実践的な学びを通じて、
医療・健康の基礎を体験。

この実習では、血圧、心電図等を互いに記録したり、さまざまな臓器のプレパラート標本を顕微鏡で観察することで、解剖学・生理学の知識をさらに深めます。医療・健康の基礎を実地体験できる授業です。

プログラミング応用実習
医療現場で広く使われている数値解析ソフトを用いて
生体情報処理・AI活用を実践

数値解析ソフトMATLABのプログラミングを行い、自身の体温や脈拍といった生体情報の分析を実践。また、病院における電力消費量の予測等、社会に貢献するAI技術についても学びます。

ヒト型ロボット創造製作実習
二足歩行ロボットを製作する一連のプロセスを通じて、
モノづくりの基礎を学ぶ。

ヒトの運動を再現できるような二足歩行ロボットの設計・加工・組立を体験。モノづくりの技術を修得することに加え、モノづくりに必要な考え方の理解をめざします。

研究室紹介

医用機器工学研究室
介護負担という喫緊の課題に医療機器で挑む

高齢化社会の介護負担をどのように軽減するか。この研究室では医療機器を改良することで、現場の課題解決をめざしています。テーマに掲げるのは介護する人と介護を受ける人、両方の支援です。たとえば、排泄管理。寝たきりになると紙おむつで過ごすため、介護する人は数時間おきに視認する必要があります。その負担軽減に向けて、介護ベッドの上にセンサを置くだけで排尿の有無と排尿量が検知できる機器を開発中。介護を受ける人も快適に過ごせるよう素材や形状を試行錯誤しながら、メーカーと協力して改良を進めています。

生体情報計測研究室
独自開発の医療システムとAI技術で健康社会に貢献

医療科学の基礎である生体情報の収集がこの研究室のテーマ。その情報を分析して健康を保つためのシステムの構築をめざしています。脈拍、呼吸や爆笑した回数等の日常生活におけるデータを収集するため、装着時の違和感が少ないネックバンド型の測定器であるウェアラブルデバイスを独自に開発。得られた大量のデータをもとに、AI技術を応用して自覚しづらい病気の早期発見や健康状態の予測等につなげます。研究を通じて学生たちは人体の構造や機能等の医学的知見を広げながら、データを収集・分析する力を養います。

本学科での研究内容例
  • 環境にやさしい機能水の生成と医療応用技術
  • 生体エネルギーを利用した人工臓器の自動制御
  • 健康管理のための「食」と「調理」のICT活用計測
  • 骨格筋の配列モデルによる高度動作解析法
  • レーザー光・超音波による生体組織の高精度診断
  • 医療施設の電力エネルギーマネジメント
  • QOL向上をめざす生体システム解析と機器開発
  • 生体情報の計測ができるウェアラブルシステムとAI技術による健康管理

内定者VOICE

富士フイルムメディカル株式会社 内定
医療福祉工学科 4年
(奈良県 奈良高校 出身)
臨床工学技士 取得
第1種ME技術実力検定 取得
有志の勉強会から学会発表まで何でも挑戦し続けた

超音波画像を用いた「下肢静脈瘤」の発症前診断について研究しています。学会で発表したり、有志学生による勉強会に1年次から参加したりと挑戦し続ける中で、目標を立てて計画的に物事を進める力が養われました。学科の先生や先輩との距離も近く、何でも質問して自分のやりたいことに応えてくれる環境が成長を促してくれました。内定先では、画像診断装置を扱うフィールドサービスエンジニアとして、日々勉強を重ねながら医療現場を支えていきたいと考えています。

卒業生VOICE

大阪大学医学部附属病院
臨床工学部 主任
2009年 医療福祉工学科卒業(大阪府 千里青雲高校<旧・東豊中高校> 出身)
患者さんの笑顔が何よりもうれしい。

臨床工学技士として、手術室や集中治療室での医療機器管理・操作を担当。仕事の結果が、患者さんやご家族の笑顔として表れる点にやりがいを感じます。本学科では専門知識・技術だけでなく、コミュニケーションやチームワークも学べたのがよかったですね。医療と工学、2つの面から患者さんにアプローチできるのは臨床工学技士ならでは。とても魅力のある職種です。

↑↑