Department of Health-Promotion
and Sports Science

健康スポーツ科
学科

履修モデル
フィットネス / スポーツ教育
/ スポーツコーチング / 生涯スポーツ

学科WEBサイト

学部トピックスWEBサイト

健康とスポーツを科学の目で捉える学び。
幅広い知識と豊かな人間性を兼ね備えたプロへ。

フィットネス、スポーツ教育、スポーツコーチング、生涯スポーツなどの履修モデルを通じて、
健康スポーツの幅広い領域から人々の健康維持促進に貢献していくスキルを身につけます。
スポーツ選手の指導者や保健体育科教諭など、幅広い活躍の場があります。

将来のフィールド

中学・高校の保健体育科教諭
健康運動指導士
スポーツ指導者
医療・健康機器・スポーツ用品メーカー
フィットネスクラブ
学びの分野
  • 健康
  • 運動
  • 栄養
  • スポーツ科学
  • 保健

スポーツとのかかわり方で選ぶ
4つのコース

  • フィットネスコース
    スポーツ×人々の健康を支援

    関連資格
    健康運動指導士、健康運動実践指導者、フィットネスクラブマネジメント検定、スポーツリーダー

  • スポーツ教育コース
    スポーツ×身体を動かす楽しさを教育

    関連資格
    高等学校教諭一種免許状(保健体育)、中学校教諭一種免許状(保健体育)、
    スポーツリーダー

  • スポーツコーチングコース
    スポーツ×アスリートの育成

    関連資格
    ジュニアスポーツ指導員、スポーツリーダー、
    JSPO公認スポーツ指導者・共通ⅠⅡⅢ

  • 生涯スポーツコース
    スポーツ×地域やくらしの活力アップ

    関連資格
    スポーツレクリエーション指導者、スポーツリーダー

もっと知ろう!

スポーツを起点に広がる進路

スポーツインストラクターや保健体育教諭等、多彩な進路が広がっている
健康スポーツ科学科。先輩・後輩のつながりの強さもひとつの特長です。

スポーツを中心に幅広い進路

本学科では、スポーツを通して健康・運動に関する専門的な知識だけではなく、他者とかかわる中で、コミュニケーション能力等の社会で求められる基礎的な力も磨かれます。そうした学生の能力が高く評価され、スポーツはもちろん、その他のさまざまな企業・団体への就職の道が広がっています。

株式会社ルネサンス
2017年 健康スポーツ科学科 卒業 (兵庫県 市立尼崎高校 出身)

スポーツジムで、子どもから年配の方まで幅広いお客さまのスイミング指導をしています。心がけているのは、年代等に合わせて教え方を自分なりに工夫すること。その際、学科で学んだ生理学や介護予防等の知識も役立っています。指導の結果、できなかったことができるようになった姿をみると、とてもうれしく感じます。

ゼット株式会社 MD・物流本部 販売部 東日本販売2課
2015年 健康スポーツ科学科 卒業 (大阪府 桜宮高校 出身)

メーカーから仕入れたスポーツアパレル用品を小売店に卸す仕事をしています。こうした商品は季節性が高く、時期によって需要が変わるため、販売戦略が必要です。戦略を立てるために売り上げデータの分析を行うのですが、その際に研究で得た思考力が活きていると感じます。

先輩・後輩のつながり

本学科は先輩と後輩のつながりが強く、学年を越えた交流の機会が数多くあります。ひとつは、卒業研究中間発表。4年次の学生が、教員や2年次・3年次の後輩に向けて研究成果をポスター発表するというものです。2年次生にとっては、授業で学ぶ生体計測等が研究でどのように必要になるのかを知る機会になり、3年次生にとっては、自分がすでに所属している研究室以外の研究を知り、視野を広げる機会となっています。その他、「キャリアデザイン」を履修している3年次・4年次の学生が中心となり、新入生が参加する「チャレンジ宿泊学修」の企画運営も行っています。

学びのポイント

  • POINT1
    保健体育(中・高)の
    教員免許取得をめざせる
  • POINT2
    演習・実習を通じて
    理論とスキルを修得
  • POINT3
    コナミスポーツクラブと
    実習・研究で連携

カリキュラム

4つのコースで、スポーツを科学的な視点で捉える力を育みます
1年次
スポーツ科学に
触れる
フィットネスコース
  • 健康スポーツ科学と医学概論
  • 健康づくり運動の理論と施策
  • エアロビックダンス
  • スポーツトレーニング
スポーツ教育コース
  • 体育原理
  • スポーツ教育学
  • ソフトボール
  • 器械体操
スポーツコーチングコース
  • 運動学
  • バレーボール
  • スポーツトレーニング
生涯スポーツコース
  • 健康スポーツ科学と医学概論
  • スポーツ文化論
  • コミュニケーション論
  • スキー・スノーボード
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
2年次
4つのコースで
専門性を高める
フィットネスコース
  • 運動生理学
  • スポーツ医学と救急救命演習
  • 栄養学
  • 水泳・水中運動
スポーツ教育コース
  • 体育心理学
  • 創作ダンス
  • 武道
  • 教職論
スポーツコーチングコース
  • 運動生理学
  • バイオメカニクス
  • 発育・発達と老化
生涯スポーツコース
  • スポーツ・レクリエーション論
  • 地域連携ボランティア演習
  • 野外活動
  •  
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
3年次
践力を高める
フィットネスコース
  • 健康運動指導演習
  • スポーツクラブ実習
  • スポーツ栄養学演習
  •  
スポーツ教育コース
  • 体育社会学
  • 野外活動
  • 生徒・進路指導論
  •  
スポーツコーチングコース
  • 運動障害と予防
  • スポーツコンディショニング演習
  • スポーツ指導演習
生涯スポーツコース
  • スポーツ施設・用具論
  • スポーツマネジメント論
  • フィッネス産業論
  • スポーツ・レクリエーション実習
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
4年次
問題解決能力を
身につける
フィットネスコース
  • スポーツビジネス論
  • スポーツ指導実習
  •  
  •  
スポーツ教育コース
  • 教育実習
  • 教職実践演習
  • スポーツ方法実習
  •  
スポーツコーチングコース
  • スポーツコーチング実習
  •  
  •  
生涯スポーツコース
  • スポーツビジネス論
  • アダプテッドスポーツ
  •  
  •  
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
※上記表は開講科目の一部です

主な就職先企業(過去3年間)

リゾートトラスト株式会社/綜合警備保障株式会社/東洋テック株式会社/住友不動産販売株式会社/株式会社ルネサンス/株式会社マイナビ/上新電機株式会社/株式会社東祥/大和ハウスリフォーム株式会社/イカリソース株式会社/阪急電鉄株式会社/ANAエアポートサービス株式会社/クラブツーリズム株式会社/トヨタカローラ新大阪株式会社/株式会社オージースポーツ/株式会社エポックスポーツクラブ/マック体操クラブ/伊勢湾マリン開発株式会社/日本赤十字社/東大阪商工会議所/大阪府警察本部 など

資格一覧

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • スポーツリーダー
  • スポーツ・レクリエーション指導者
  • ※ただし文部科学省における審査の結果、 予定している教職課程の開設時期が 変更となる可能性があります。

受験資格を取得できる資格

  • 健康運動指導士/健康運動実践指導者
    (公益財団法人 健康・体力づくり事業財団認定資格)
  • ジュニアスポーツ指導員
    (公益財団法人 日本スポーツ協会認定資格)

講習・試験科目の免除がある資格

  • 日本スポーツ協会認定の各指導者資格
    (指導員/上級指導員/コーチ/上級コーチ/教師/上級教師/スポーツプログラマー/アスレティックトレーナー/アシスタントマネージャー など)

取得をめざす資格

  • NR・サプリメントアドバイザー

授業紹介

スポーツ方法実習
スポーツ指導に必要な力を実際のスポーツ活動の中で学び、
指導者としてのスキルを体得。

サッカーやバドミントン、ニュースポーツといった競技の実践を通して、スポーツ指導の目的・内容・方法について理解を深めます。実際のスポーツ現場での役割分担についても学び、指導者としての能力アップを図ります。

運動生理学・実習
運動にともなって起きる体の変化を観察・理解し、
スポーツや健康に応用する。

脳や神経に伝わる電気信号の計測や、運動時の呼気ガス成分の分析を行い、運動にともなって生じるからだの変化を観察。運動・スポーツを科学的に捉え、スポーツ・パフォーマンスの向上や健康維持につなげる技術を学びます。

スキー・スノーボード
スキー・スノーボードの基礎理論や指導方法を学び、
生涯スポーツを考える糸口に。

基礎理論や指導方法を学び、生涯スポーツを考える糸口に。講義と実習の組み合わせにより、スキーやスノーボードの基礎理論を理解した上で、発展的な技術や指導法について学びます。そして、将来継続的に実践可能な生涯スポーツについても考えます。

野外活動
キャンパスを飛び出し、
自然環境の中で野外活動への理解を深める。

学内で行う事前講習と学外での集中実習によって、野外活動の理解を深め、その技術と指導法を修得します。また、自然環境での集団生活を通して、豊かな人間性や社会性、主体性を育みます。

研究室紹介

健康心理生理学研究室
ストレスを制することで、パフォーマンスを向上!

パフォーマンスの発揮には、体づくりや体力の向上はもちろん、適切な栄養摂取や疲労回復、ストレスの低減による心身の健康管理が大切です。たとえばスポーツ選手にとって疲労や痛みをいかに早く軽減するかは、次の試合のパフォーマンスを左右する問題。自分に適した疲労やストレス解消法を見つけることは、ストレスによる疾患が増えている現代を生きるためにも重要です。この研究室では、アロマセラピーが心と体にもたらす効果を研究。植物の精油に含まれる芳香成分が、筋肉や呼吸・循環器系、心理面に与える緊張緩和や集中力向上等の効果を検証しています。

身体運動科学研究室
「ナイスプレー」には理由があります。

プロスポーツ選手の動きは、一般人とは明らかに違います。では、どこがどのように違うのでしょうか。この研究室では、スポーツ選手の動きを3 D データ化し、体の重心や角度等を解析。生体力学に基づいてパフォーマンスを高めるための体の動かし方を検証しています。バスケットボールを通して、たとえばシュートがうまく入らない学生には、体のどの部分の動きを改善すればシュートが入るのかを指導。「うまい・へた」という個人の能力差で片づけるのではなく、将来体育教員として、教育の現場で生徒一人ひとりに合わせて指導できる力を育成しています。

本学科での研究内容例
  • 健康管理論
  • 健康維持・増進(生涯スポーツ)の実践や器具開発
  • 運動中に使用する生体計測装置に関する研究
  • 運動と栄養
  • 健康科学
  • 簡易的な3次元動作分析方法の開発
  • スポーツバイオメカニクス
  • 運動生理学
  • 生体信号処理
  • 筋-神経系機能解析
  • 自律神経活動計測
  • スポーツ教育学
  • スポーツ心理学

内定者VOICE

大阪府警察本部 内定
健康スポーツ科学科 4年(大阪府 大阪青凌高校 出身)
中学・高校(保健体育)教諭一種 取得
教職課程で得た「人間力」が、大きな財産。

スポーツをする際、自分の体に意識を向けるのと外の状況に注意するのとでは、どちらがよいプレーを生むのか。メンタルとパフォーマンスの関係を研究しています。現在はまだ実験中なので、どんな結果が出るか楽しみです。この4年間では、教職課程も自分を大きく成長させてくれました。自信を持って話す、考えを端的に伝えるといった「人間力」は大きな財産です。卒業後は、誰もが頼ってくれる警察官をめざして、大学での学びを発揮していきたいと考えています。

卒業生VOICE

大阪府公立学校 保健体育教諭
2012年 健康スポーツ科学科 卒業( 大阪府 牧野高校 出身)
生徒や保護者の方、みなさんの喜びのために。

保健体育の教員免許取得をめざし、この学科へ。同じ道を志す仲間も多く、合格に向けて一緒に努力できる環境がありました。また、ゼミではメンタルトレーニングを研究し、スポーツ指導に活用できる知識・考え方を身につけました。中学校でのボランティアに挑戦したこともいい経験になっています。免許を取得し卒業後は、中学校の保健体育科教員を経験し、現在は高等学校の教員をしています。今後も、生徒や保護者のみなさんの喜びにつながる仕事をしていきたいです。

↑↑