Department of Health-Promotion
and Sports Science

健康スポーツ科
学科

履修モデル
フィットネス / スポーツ教育
/ スポーツコーチング / 生涯スポーツ

学科WEBサイト

学部トピックスWEBサイト

健康とスポーツを科学の目で捉える学び。
幅広い知識と豊かな人間性を兼ね備えたプロへ。

フィットネス、スポーツ教育、スポーツコーチング、生涯スポーツなどの履修モデルを通じて、
健康スポーツの幅広い領域から人々の健康維持促進に貢献していくスキルを身につけます。
スポーツ選手の指導者や保健体育科教諭など、幅広い活躍の場があります。

将来のフィールド

中学・高校の保健体育科教諭
健康運動指導士
スポーツ指導者
医療・健康機器・スポーツ用品メーカー
フィットネスクラブ
学びの分野
  • 健康
  • 運動
  • スポーツ科学
  • 保健
  • 栄養

スポーツとのかかわり方で選ぶ
4つのコース

  • フィットネスコース
    知能情報コース
    スポーツ×人々の健康を支援

    健康な日々を過ごすために、生活習慣病や要介護状態を予防する運動の必要性は高まっています。健康運動指導士は個々の心やからだの状態に合わせた安全かつ効果的な運動メニューの作成・指導などのさまざまな取り組みを行います。活躍の場は、フィットネスクラブのみならず病院等医療機関、保健所、高齢者施設などに広がっています。

    関連資格
    健康運動指導士、健康運動実践指導者、フィットネスクラブマネジメント検定、スポーツリーダー

  • スポーツ教育コース
    知能情報コース
    スポーツ×身体を動かす楽しさを教育

    心とからだの健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現するための資質・能力を育成する、運動・保健領域の授業を行います。授業以外の学級経営・生徒指導・キャリア教育・部活動指導など、時代に求められる幅広い実践的指導力が必要となります。将来を担う子どもたちの成長に携われる仕事です。

    関連資格
    高等学校教諭一種免許状(保健体育)、中学校教諭一種免許状(保健体育)、
    スポーツリーダー

  • スポーツコーチングコース
    知能情報コース
    スポーツ×アスリートの育成

    子どもたちが運動・スポーツを通して健康で、楽しく豊かに生涯を過ごすことができるように、ジュニア期の発育発達に応じた指導を行える専門家です。子ども教室や地域スポーツクラブ等において、幼少期の子どもたちに遊びをベースとしたからだづくりや動きづくりの運動指導を行います。

    関連資格
    ジュニアスポーツ指導員、スポーツリーダー、
    JSPO公認スポーツ指導者・共通ⅠⅡⅢ

  • 生涯スポーツコース
    知能情報コース
    スポーツ×地域やくらしの活力アップ

    運動やスポーツを活用したレクリエーション活動を通して、楽しんでからだを動かすことができるプログラムを作成し、運動やスポーツに継続的に取り組める機会を提供します。生涯スポーツや健康スポーツを支援する行政職員や、総合型スポーツクラブの職員など、人や社会を支えるための仕事に就くことが期待されます。

    関連資格
    スポーツレクリエーション指導者、スポーツリーダー

もっと知ろう!

スポーツを起点に広がる進路

スポーツインストラクターや保健体育教諭等、多彩な進路が広がっている
健康スポーツ科学科。先輩・後輩のつながりの強さもひとつの特長です。

スポーツを中心に幅広い進路

本学科では、スポーツを通して健康・運動に関する専門的な知識だけではなく、他者とかかわる中で、コミュニケーション能力等の社会で求められる基礎的な力も磨かれます。そうした学生の能力が高く評価され、スポーツ関連はもちろん、その他のさまざまな企業・団体への就職の道が広がっています。

株式会社ザ・ビッグスポーツ
2019年 健康スポーツ科学科 卒業 (大阪府 追手門学院高校 出身)

フィットネストレーニングや水泳の指導を担当しています。効果的な指示の出し方といった実技から栄養学の知識まで、学科での学びが財産になっています。スポーツを通し、お客さまに心身のポジティブな変化を楽しんでもらえることが仕事の喜びです。今後も勉強を重ね、質の高いレッスンを提供していきます。

先輩・後輩のつながり

本学科は先輩と後輩のつながりが強く、学年を越えた交流の機会が数多くあります。ひとつは、卒業研究中間発表。4年次の学生が、教員や2年次・3年次の後輩に向けて研究成果をポスター発表するというものです。2年次生にとっては、授業で学ぶ生体計測等が研究でどのように必要になるのかを知る機会になり、3年次生にとっては、自分がすでに所属している研究室以外の研究を知り、視野を広げる機会となっています。その他、「キャリアデザイン」を履修している3年次・4年次の学生が中心となり、新入生が参加する「チャレンジ宿泊学修」の企画運営も行っています。

健康スポーツ科学科 ✕ ICT

健康スポーツ科学科で体験できる、先端的なICTの教育・研究を紹介します

プロレベルのソフトや機材を用いて
データの取得・活用方法を実践的に学ぶ

選手のパフォーマンスやチームの働き、ゲームプラン。現在では、スポーツはあらゆる面で数値化・見える化が行われるようになってきました。そして、それらのデータはよりよい戦略を立てたり、より効果的な指導方法を考えたりするための重要な材料として使われています。今後のスポーツ業界で活躍するためには、ICTの知識とスキルは必須といえるでしょう。本学科では、日本代表選手が集まるJISS(国立スポーツ科学センター)で扱っているのと同レベルの分析ソフトや機材を用いる「スポーツコーチング実習」等、実践的な授業で、学生のICT力を伸ばしています。

学びのポイント

  • POINT1
    保健体育(中・高)の
    教員免許取得をめざせる
  • POINT2
    演習・実習を通じて
    理論とスキルを修得
  • POINT3
    コナミスポーツクラブと
    実習・研究で連携

カリキュラム

4つのコースで、スポーツを科学的な視点で捉える力を育みます
1年次
スポーツ科学に
触れる
フィットネスコース
  • 健康スポーツ科学と医学概論
  • 健康づくり運動の理論と施策
  • エアロビックダンス
  • スポーツトレーニング
スポーツ教育コース
  • 体育原理
  • スポーツ教育学
  • ソフトボール
  • 器械体操
スポーツコーチングコース
  • 運動学
  • バレーボール
  • スポーツトレーニング
生涯スポーツコース
  • 健康スポーツ科学と医学概論
  • スポーツ文化論
  • コミュニケーション論
  • スキー・スノーボード
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
2年次
4つのコースで
専門性を高める
フィットネスコース
  • 運動生理学
  • スポーツ医学と救急救命演習
  • 栄養学
  • 水泳・水中運動
スポーツ教育コース
  • 体育心理学
  • 創作ダンス
  • 武道
  • 教職論
スポーツコーチングコース
  • 運動生理学
  • バイオメカニクス
  • 発育・発達と老化
生涯スポーツコース
  • スポーツ・レクリエーション論
  • 地域連携ボランティア演習
  • 野外活動
  •  
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
3年次
践力を高める
フィットネスコース
  • 健康運動指導演習
  • スポーツクラブ実習
  • スポーツ栄養学演習
  •  
スポーツ教育コース
  • 体育社会学
  • 野外活動
  • 生徒・進路指導論
  •  
スポーツコーチングコース
  • 運動障害と予防
  • スポーツコンディショニング演習
  • スポーツ指導演習
生涯スポーツコース
  • スポーツ施設・用具論
  • スポーツマネジメント論
  • フィッネス産業論
  • スポーツ・レクリエーション実習
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
4年次
問題解決能力を
身につける
フィットネスコース
  • スポーツビジネス論
  • スポーツ指導実習
  •  
  •  
スポーツ教育コース
  • 教育実習
  • 教職実践演習
  • スポーツ方法実習
  •  
スポーツコーチングコース
  • スポーツコーチング実習
  •  
  •  
生涯スポーツコース
  • スポーツビジネス論
  • アダプテッドスポーツ
  •  
  •  
情報教育関連科目
  • コンピュータリテラシー 健康スポーツ統計入門 パフォーマンス分析演習 プログラミング応用演習 スポーツICT演習
※上記表は開講科目の一部です

主な就職先企業(過去3年間)

株式会社ルネサンス/株式会社あさひ/株式会社ザ・ビッグスポーツ/つるや株式会社/株式会社マイナビ/公益財団法人京都YMCA/武田病院グループ/リゾートトラスト株式会社/株式会社立花エレテック/東洋シヤッター株式会社/株式会社湯山製作所/はるやま商事株式会社/株式会社かんでんエンジニアリング/東洋テック株式会社/青山商事株式会社/セコム株式会社/セントラル警備保障株式会社/大阪府警察本部/四條畷市教育委員会/兵庫県教育委員会/伊丹市教育委員会 など

資格一覧

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • スポーツリーダー
  • スポーツ・レクリエーション指導者
  • ※ただし文部科学省における審査の結果、 予定している教職課程の開設時期が 変更となる可能性があります。

受験資格を取得できる資格

  • 健康運動指導士/健康運動実践指導者
    (公益財団法人 健康・体力づくり事業財団認定資格)
  • ジュニアスポーツ指導員
    (公益財団法人 日本スポーツ協会認定資格)

講習・試験科目の免除がある資格

  • 日本スポーツ協会認定の各指導者資格
    (指導員/上級指導員/コーチ/上級コーチ/教師/上級教師/スポーツプログラマー/アスレティックトレーナー/アシスタントマネージャー など)

取得をめざす資格

  • NR・サプリメントアドバイザー

授業紹介

スポーツ方法実習
スポーツ指導に必要な力を実際のスポーツ活動の中で学び、
指導者としてのスキルを体得。

サッカーやバドミントン、ニュースポーツといった競技の実践を通して、スポーツ指導の目的・内容・方法について理解を深めます。実際のスポーツ現場での役割分担についても学び、指導者としての能力アップを図ります。

運動生理学・実習
運動にともなって起きる身体の変化を観察・理解する

脳や神経に伝わる電気信号の計測や、運動時の呼気ガス成分の分析を行い、運動にともなって生じる身体の変化を観察。運動・スポーツを科学的に捉え、パフォーマンスの向上や健康維持につなげる技術を学びます。

スキー・スノーボード
スキー・スノーボードの基礎理論や指導方法を学び、
生涯スポーツを考える糸口に。

基礎理論や指導方法を学び、生涯スポーツを考える糸口に。講義と実習の組み合わせにより、スキーやスノーボードの基礎理論を理解した上で、発展的な技術や指導法について学びます。そして、将来継続的に実践可能な生涯スポーツについても考えます。

スポーツマネジメント論
スポーツビジネスに必要な
経営的素養を身につける

スポーツをプロダクトとして捉え、ビジネスマネジメントの主要領域、トピックにフォーカス。スポーツマネジメントの基礎を学修し、総合的な経営的素養を身につけます。

研究室紹介

健康体力学研究室
環境変化への身体の応答を調べ高齢者の健康増進に貢献

運動や入浴、または暑い環境の中で体温が上がると、脳血流量や認知機能はどのように変わるのか。若い人と比較して高齢者の特性を捉え、高齢者がかかりやすい熱中症の予防等につなげます。

身体運動科学研究室
「ナイスプレー」には理由があります

プロスポーツ選手の動きと一般人の動きでは、どこがどう違うのか。この研究室では、スポーツ選手の動きをデータ化して体の重心や角度を解析。生体力学に基づき、パフォーマンスを高めるための体の動かし方を検証しています。

本学科での研究内容例
  • 健康維持・増進(生涯スポーツ)の実践や器具開発
  • 健康管理論
  • 運動中に使用する生体計測装置に関する研究
  • 運動と栄養
  • 健康科学
  • スポーツ・レクリエーション
  • 運動遊び
  • スポーツバイオメカニクス
  • 運動生理学
  • 筋-神経系機能解析
  • 自律神経活動計測
  • スポーツ教育学
  • 生体信号処理
  • スポーツ心理学

内定者VOICE

株式会社ヒマラヤ 内定
健康スポーツ科学科 4年(兵庫県 加古川南高校 出身)
Microsoft® Office Specialist 取得
スポーツを幅広く学び、描いていた夢を実現できた

スポーツの楽しさを伝える仕事がしたくて、スポーツを幅広く学べるこの学科を志望しました。特に興味深かったのが「運動学」「体育社会学」の授業です。スポーツを歴史的、社会的な観点から見ることができ、視野が大きく広がりました。現在は「将来的に、スポーツショップにesports関連商品を提供できるのか?」というテーマで卒業研究にも挑戦中。内定先では商品の分析・開発・提供を行うので、こうした授業・研究で得た知識を存分に活用していきたいです。

卒業生VOICE

大阪府公立学校 保健体育教諭
2012年 健康スポーツ科学科 卒業( 大阪府 牧野高校 出身)
生徒や保護者の方、みなさんの喜びのために。

保健体育の教員免許取得をめざし、この学科へ。同じ道を志す仲間も多く、合格に向けて一緒に努力できる環境がありました。また、ゼミではメンタルトレーニングを研究し、スポーツ指導に活用できる知識・考え方を身につけました。中学校でのボランティアに挑戦したこともいい経験になっています。免許を取得し卒業後は、中学校の保健体育科教員を経験し、現在は高等学校の教員をしています。今後も、生徒や保護者のみなさんの喜びにつながる仕事をしていきたいです。

↑↑