内定者・卒業生紹介

電気電子工学科
日本電産リード株式会社 内定
積極的にチャレンジしてきたことが、就職活動で活きた
研究内容は、フレキシブル基盤に対応するフレキシブルなコイルの開発。電力の無線供給や、走行しながら充電できる電気自動車の実現につながる研究です。授業や研究はもちろん、課外活動や企業主催のモノづくりイベント等、機会があれば学外活動に積極的に取り組んできました。就職活動でも、その積極性が評価してもらえたのだと思います。内定先は、自社でーから検査機器を設計し完成品をつくる会社。モノづくりに携わりながら、仕事でも前向きに頑張りたいと思います。
電気電子工学科 4年(大阪府 山田高校 出身)
シーケンス制御作業2級取得/2次元CAD利用技術者試験2級取得

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

電気電子工学科
東芝インフラシステムズ株式会社
水・環境システム技術第二部
お客さまとかかわりながら、技術力を磨きたい
大学では「洋上風力発電の電力輸送」について研究していました。電気、雷子回路等について考えることももちろん好きなのですが、仕事では積極的に人と接したいと思っており、就職活動をする中で知ったのが、「技衛営業」という職種です。現在は、上下水道施設の篭気設備について、お客さまと協議しながらご要望を満たせる最適なシステムを立案し、基本仕様をとりまとめる仕事に携わっています。身近な生活にかかわるインフラを支える技術者として、社会に貢献できるような人材になりたいです。
2019年 電気電子工学科 卒業
(兵庫県三田祥雲館高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

電子機械工学科
株式会社タミヤ 内定
実際のモノづくりを通して多くの学びが得られた
わたしは現在、「HOT(在宅酸素療法)患者の外出支援用ロボティックカートの開発・改善」に挑んでいます。HOT患者の方は自分で呼吸ができないため酸素供給機器が必須なのですが、機器が重く気軽に外出ができません。その問題をカート製作で解決しようとしています。研究中は、設計上は問題なくても実際に組み立てると動かないこともあり、モノづくりの難しさを実感しました。内定先の金型製作部門で精密加工に携わることで、さらに技術を磨いていきたいと考えています。
電子機械工学科 4年(大阪府四天王寺東高校〈旧・四天王寺羽曳丘高校〉 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

電子機械工学科
IDEC株式会社
広範な工学知識で、部署を越えて人をつなぐ。
制御機器等の製造を手がけるメーカーで、スイッチの開発を担当しています。たとえば、工場内の危険な機械による事故を防ぐ安全スイッチ等の開発に携わってきました。仕事の中で他部署の方とも会話するのですが、その際に、学科で得た広い工学知識が役立っています。そうした知識を活かして、電気だけが専門、機械だけが専門、といった人たちの橋渡しができる中継役として今後も活躍し続けていくことが目標です。
2011年 電子機械工学科 卒業(兵庫県 高砂南高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

機械工学科
日産自動車株式会社 内定
好きなことを貪欲に学ぶ姿勢が身についた
高校生の頃から製図が好きだったのですが、実は得意ではありませんでした。しかし、入学後は学内の講座も活用して「2次元CAD利用技術者試験2級」を取得。胸を張って得意と言えるようになりました。現在は、材料をNC(数値制御)加工機で加工するためのCAMに関する勉強にも励んでいます。内定先でめざすのは、生産設備の保全に携わる「工場のドクター」。はじめてのことだらけだと思いますが、大学で磨かれた貪欲に学ぶ姿勢を活かして成長していきたいと考えています。
機械工学科 4年(大阪府 淀川工科高校 出身)
2次元CAD利用技術者試験2級 取得/Microsoft® Office Specialist 取得

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

機械工学科
三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー 開発本部 加工技術センター
研究で培った力をモノづくりに活かしたい
大学在学中に「加工学」や「機械材料学」という講義を通して、「切削加工」という学問のおもしろさと出合いました。非常に奥深く、難しい分野ですが、大学院まで研究を続けて自分なりに突き詰めたことで、物事の原理・原則をきっちりと考える癖がつき、仕事でもそれが非常に役に立っていると感じています。大学・大学院で学んだことを活かして、切削工具メーカー国内シェアNo.1の会社でモノづくりを追究し、社会に貢献できるよう努力を重ねていきたいです。
2015年 機械工学科 卒業
2017年 本学大学院 制御機械工学専攻 修了
(大阪府 大阪府教育センター附属高校〈旧・大和川高校〉 )
※ 現 工学専攻 制御機械工学コース

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

基礎理工学科
HOYA株式会社 内定
「人」とのかかわりを大切にしていきたい
太陽地球系物理学研究室に所属し、太陽から流れてくる電子や陽子で構成される太陽風が地球の磁場に与える影響を研究しています。この研究や授業を通じて「人」との関係性づくりの大切さを学ぶことができました。就職活動ではコミュニケーション力を活かし、興味のある分野にチャレンジ。身近にあるコンタクトレンズの構造等に関心があり、内定先に興味を持ちました。将来は、専門性を活かしながらも「人」にかかわる採用・人事の仕事に携わりたいと考えています。
基礎理工学科 4年(大阪府 東大谷高校 出身)
Microsoft® Office Specialist 取得

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

基礎理工学科
大東市立諸福中学校 数学科教諭
生徒の将来のため、できることを全力で
中学3年生で教員になろうと決めて、大学でもその夢に向かって努力しました。なかでも役に立っているのが、教員志望の友人たちと自主的に取り組んだ模擬授業です。学科の先生方に指導していただき、教える力が磨かれました。現在は3年生の副担任と進路指導、数学を担当。ひとりでも多くの生徒に、数学への苦手意識を減らし、将来の人生を歩んでいくための基礎力を授けることが一番の目標です。
2015年 基礎理工学科 卒業(大阪府 大阪市立高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

環境科学科
東レエンジニアリング株式会社 内定
「食から住まで」幅広い学びが成長の糧になった
わたしの研究対象は「微生物燃料電池」。排水中の汚泥に含まれる微生物から電気を取り出し、同時に水も浄化するという環境にやさしいエネルギー技術です。現在は電池に使われる装置の改良や、異なる条件下での比較実験に取り組んでいます。授業で身につけた電気や機械、生物、化学、情報等の幅広い分野の知識が、研究の大きな支えとなりました。内定先でも二次電池等の環境エネルギー部門に携わり、大学で得た力を存分に活かしていきたいと考えています。
環境科学科 4年(大阪府 北千里高校 出身)
中学(技術)・高校(工業)教諭一種 取得/eco検定(環境社会検定試験)®

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

環境科学科
株式会社王将フードサービス 営業サポート部 衛生管理課
お客さまに安心・安全を届けたい
在学中に、ポリフェノールの機能性を活かした商品開発をめざす、「ベリーベリープロジェクト」に参加。活動を通して食材の繊細さを知り、「食」に関心を持ちました。現在は、各店舗を巡回し、より安全な食を提供できるよう衛生管理に携わる業務を行っています。大学では菌について研究していたため、その知識も仕事に役立てていきたいです。今後はさらに知識と経験を得て、引き続き安心・安全な食をお客さまへ提供し続けることを目標にしています。
2019年 環境科学科 卒業(京都府 西城陽高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

情報工学科
富士通株式会社 内定
未経験からプログラミングを学び、AIを扱うエンジニアへ
プログラミングは未経験でしたが、AIや自動運転等、最先端技術の開発に携わる憧れの企業に就職予定です。目標を達成できたのは、大学の学修環境が充実していたから。1・2年次は授業についていくだけで必死でしたが、知識豊富な友人に教えてもらったり図書館で専門書を読み込んだりして粘り強く学修。3年次には基本情報技術者の資格も取得しました。現在は、ハンズフリー電話等に用いられる音声認識について研究中。学生生活の集大成を完成させようと励んでいます。
情報工学科 4年(京都府 京都産業大学附属高校 出身)
基本情報技術者 取得

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

情報工学科
株式会社インターネットイニシアティブ
情報工学の基礎を学び、応用する
現在、情報システムの構築・運用を行うシステムインテグレーション(SI)の業務を行っています。SIではネットワーク、ソフトウエア、ハードウエアの知識が求められ、すべての要素をうまく組み合わせ、お客さまの望むものを提案・構築していかなくてはなりません。その中には、さまざまなIT分野の基礎から応用までを網羅した学科の学びが活かされています。進化していく技術に対して、常に学び続ける姿勢を持ち、価値のあるシステムに携わっていきたいと思っています。
2016年 情報工学科 卒業
(大阪府 堺西高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

通信工学科
関西電力株式会社 内定
実践的な演習が理解を深めてくれた
学科の授業では実際の通信機器を使った実験があり、そこで機器の性質や特徴を知ることができました。また、通信だけでなく電気回路や電子回路について学べた点もよかったですね。電気回路の演習では何度も配線を失敗し、回路を組む大変さを実感。その経験が成長につながり、電気への興味を深めていくきっかけにもなりました。内定先では、配電部門での勤務を希望しています。電気回路の知識を活かし、回路設計や配線工事等に挑戦していきたいと思っています。
通信工学科 4年(大阪府 大阪電気通信大学高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

通信工学科
株式会社オプテージ 経営本部 経営戦略部
最新の通信技術「5G」の社会実装に向けて
わたしがいま大学時代を振り返ってみて思うのは、有線だけでなく無線も同時に学べたのがよかったな、ということ。下地となる幅広い知識があったおかげで、どんな技術に対しても苦手意識を抱くことがありませんでした。現在は、世界でも最も進んだ無線技術である「5G」の事業化をめざす新たなプロジェクトチームに参加しています。5Gをひとりでも多くの方に、手軽に使っていただける環境をつくること、それが今後の一番の目標です。
2010年 通信工学科 卒業
2012年 本学大学院 電子通信工学専攻 修了
(兵庫県 飾磨工業高校 出身)
※現 工学専攻 電子通信工学コース

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

医療科学科
富士フイルムメディカル株式会社 内定
有志の勉強会から学会発表まで何でも挑戦し続けた
超音波画像を用いた「下肢静脈瘤」の発症前診断について研究しています。学会で発表したり、有志学生による勉強会に1年次から参加したりと挑戦し続ける中で、目標を立てて計画的に物事を進める力が養われました。学科の先生や先輩との距離も近く、何でも質問して自分のやりたいことに応えてくれる環境が成長を促してくれました。内定先では、画像診断装置を扱うフィールドサービスエンジニアとして、日々勉強を重ねながら医療現場を支えていきたいと考えています。
医療福祉工学科 4年(奈良県 奈良高校 出身)
臨床工学技士 取得/第1種ME技術実力検定 取得
※現 医療科学科

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

医療科学科
大阪大学医学部附属病院 臨床工学部 主任
患者さんの笑顔が何よりもうれしい
臨床工学技士として、手術室や集中治療室での医療機器管理・操作を担当。仕事の結果が、患者さんやご家族の笑顔として表れる点にやりがいを感じます。本学科では専門知識・技術だけでなく、コミュニケーションやチームワークも学べたのがよかったですね。医療と工学、2つの面から患者さんにアプローチできるのは臨床工学技士ならでは。とても魅力のある職種です。
2009年 医療福祉工学科 卒業(大阪府 千里青雲高校<旧・東豊中高校> 出身)
※現 医療科学科

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

理学療法学科
関西医科大学附属病院 内定
実習を重ねるごとに得意なことが増え、成長を実感できた
長期実習先であった関西医科大学附属病院から内定をいただきました。実習で担当した脳機能障害のリハビリには当初自信がありませんでしたが、最後には自作のプログラムの結果に手応えを感じられ、いまでは最も好きな分野になっています。この実習は、4年間で一番成長できたと感じる経験でした。現在は、自身が膝を故障した経験からACL(前十字靱帯)損傷予防について研究中。解析や統計の知識、発表のスキルが磨かれています。
理学療法学科 4年(京都府 西城陽高校 出身)
理学療法士 取得

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

理学療法学科
とよかわ整形外科リハビリクリニック リハビリテーション科 理学療法士
臨床も研究もできる、世界水準の理学療法士に
クリニックに勤務する傍ら、本学の大学院にも通っています。クリニックでは、主に整形外科疾患のある方のリハビリテーションを担当。子どもから高齢者、そしてスポーツ選手まで、その方に合ったプログラムを考え、痛みを軽減できた時に大きなやりがいを感じます。大学院の方ではスポーツ傷害、特にACL(前十字靱帯)損傷予防をテーマに研究中。医療機関と大学院の両方で経験を積み、臨床と研究を両立した世界基準の理学療法士になることがわたしの目標です。
2018年 理学療法学科 卒業(和歌山県 和歌山商業高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

健康スポーツ科学科
公益財団法人 大阪YMCA 内定
子どもたちの指導に活きた、大学での学び
さまざまなスポーツを経験する中で、後輩に教えることにやりがいを感じたわたしは、指導者をめざして本学科に入学。栄養学、バイオメカニズム等人体の知識を蓄えました。スポーツ指導演習という授業では、小学校に出向いて競技を指導する等、実践的な場も経験。現在は、内定先の体操教室で未就学児から中学生までの生徒を指導しています。卒業後も内定先で運動の楽しみ方を伝えていきたいです。大学で学んだ知識や経験を活かして、論理的な指導を続けます。
健康スポーツ科学科 4年(兵庫県 西宮今津高校 出身)
中学・高校(保健体育)教諭一種 取得

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

健康スポーツ科学科
大阪府公立学校 保健体育科教諭
生徒や保護者の方、みなさんの喜びのために
保健体育の教員免許取得をめざし、この学科へ。同じ道を志す仲間も多く、合格に向けて一緒に努力できる環境がありました。また、ゼミではメンタルトレーニングを研究し、スポーツ指導に活用できる知識・考え方を身につけました。中学校でのボランティアに挑戦したこともいい経験になっています。免許を取得し卒業後は、中学校の保健体育科教員を経験し、現在は高等学校の教員をしています。今後も、生徒や保護者のみなさんの喜びにつながる仕事をしていきたいです。
2012年 健康スポーツ科学科 卒業(大阪府 牧野高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

ゲーム&メディア学科 就職先例
株式会社コロプラ 内定
ゲームプランナーに必要なスキルを実践的に磨けた
「おもしろいゲームをつくってみたい」という漠然とした動機でこの学科に入学。学びの中で、プランナーの仕事に魅力を感じるようになりました。そこで、プランナーの能力を磨くために「デジタルエンタテインメント研究室」に所属。既存のゲームがなぜ売れたのか、なぜ企画が通ったのか、時代背景等と照らして研究を行ってきました。ゲームクリエイターである先生の指導のおかげで、分析力や企画書作成力、プレゼン力が格段にレベルアップしたと思います。また、東京ゲームショウにもチャレンジ。自分のゲームを遊んでもらえる喜びを感じるとともに、客観的な意見を取り入れるいい機会となりました。おもしろいものをつくり続けて多くの人に喜んでもらうことを目標に、内定先でもプランニングに全力で取り組んでいきたいと考えています。
デジタルゲーム学科 4年(滋賀県 彦根工業高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

ゲーム&メディア学科 就職先例
株式会社コロプラ 第2エンジニアリング部 エンジニア
ゲームをつくる楽しさを味わってほしい
スマホゲーム「白猫プロジェクト」の開発チームでエンジニアをしています。具体的な仕事内容は、ボスやキャラクタースキルの実装等。自分のつくったものが話題になったり、楽しんでもらえたりする点にやりがいを感じますね。大学では、ゲームに対する考え方やつくり方等、非常に多くのことを学べました。また、ゲーム好きが集まるので、情報共有や共同制作に思う存分取り組めました。ぜひこの学科で、ゲームをつくる楽しさを実際に味わってみてください。
2017年 デジタルゲーム学科 卒業(大阪府 都島工業高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

ゲーム&メディア学科 就職先例
株式会社スクウェア・エニックス 内定
技術面に加え、企画やマネジメントも幅広く学べた
小学生の頃から憧れていたゲームクリエイターとなる夢を追いかけられる環境を求めて、大阪電気通信大学に進学しました。現在はVRゲームとIoT機器を連動させた空間演出について研究しています。ゲームの場面に応じて室内照明の光色を変化させる等、プレイヤーが体験している状態を周囲の人も共有できる仕組みを構築することが目標です。本学科では技術的な知識はもちろん、企画やマネジメントなどゲームを商品として市場に出すためのノウハウも幅広く学べ、論理的な思考力が培われました。また、大学の「esports project」に立ち上げから参加し、大会運営に携わってきたことも貴重な経験になっています。内定先ではゲームビジネスの企画・進行を担当しますが、すべての学びがわたしの財産になると確信しています。
デジタルゲーム学科 4年(大阪府 天王寺学館高校 出身)
Microsoft® Office Specialist 取得/高校(情報)教諭一種 取得

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

ゲーム&メディア学科 就職先例
株式会社クラフト&マイスター 開発部 デザイナー
大学時代の学びがあって、いまのわたしがある
ゲーム制作会社でデザイナーとして、主に3Dグラフィックのモデリング業務を行っています。チームメンバーで本当に納得のいくゲームをつくっていく過程に、とてもやりがいを感じますね。大学でデザインはもちろん、映像制作やイベント企画等たくさんの学びを経験できたことが現在につながっています。いつか、ゲームタイトルと自分の名前がワンセットになるような大作をつくることがわたしの目標です。
2017年 デジタルゲーム学科 卒業(大阪府 精華高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

情報学科
富士ゼロックス京都株式会社 内定
自らの力不足が、積極性の獲得へとつながった
文系出身のわたしは入学当初授業についていけず、自分の力の限界と、人に頼る大切さを実感。先生や友人に積極的に相談するよう心がけました。その結果、授業が理解できるようになり、3年次には「治療法啓発のための簡略白内障手術シミュレータの検討」についての研究も実施。先生や先輩の協力を得てシミュレータをつくり上げました。内定先ではオフィス機器の保守点検を担当。大学で得た積極性を活かし、ユーザーの方々の要望に応えていきたいと思います。
情報学科 4年(大阪府 門真西高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

情報学科
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
知識だけでなく、働き方のイメージも得られた研究室活動
シーケンサと呼ばれる装置を活用したシステムの研究・開発を行っています。シーケンサは、車の組み立て装置や検査装置等、工場の自動生産設備を制御する装置です。 入社後も学ぶことはたくさんありますが、研究で身につけた知識が礎となり、現在の業務に活きています。また、研究室の教授は長年三菱電機で働いていた方で、働き方や製品についての具体的な話を聞けたことも、現在の職につながった理由のひとつです。
2016年 メディアコンピュータシステム学科 ※現情報学科 卒業
2018年 本学大学院 コンピュータサイエンス専攻 修了 ※現総合情報学専攻コンピュータサイエンスコース 卒業
(滋賀県 大津商業高校 出身)

もっと内定者・卒業生を知る

× 閉じる

※インタビュー記事は、2020年2月時点の情報を掲載しております。