内定者・卒業生紹介

電気電子工学科
東日本旅客鉄道株式会社 内定
「好き」を掘り下げ、憧れだった鉄道業界へ
電車を動かすには、電力会社から供給される電気を適切な流れに「変換」する必要があるのですが、一連のプロセスをより効率的に実施するための制御法や装置の仕組みについて研究しています。学科では入学前から興味があったモーター制御をはじめ、幅広いテーマの実験に参加。自分の「好き」を掘り下げる中でやりたいことが明確になっていきました。内定先では、電車線設備や変電設備の改修・新設業務等に携わる予定です。よりよい設備の構築に貢献できるように全力を尽くします。
電気電子工学科 4年(京都府 莵道高校 出身)
第二種電気工事士 取得

× 閉じる

電気電子工学科
関西電力株式会社
奥多々良木発電所工事所
学科で学んだ電気の知識を活かし
くらしに欠かせない電力供給を守る
大型改良工事が進む奥多々良木発電所で、工事業務に携わっています。工事の発注から始まり、進捗状況の管理や、納入された機器の動作を確認する試験の計画・実行管理等も担当。無事に竣工に導くため、工事所内のメンバーで分担・連携しながらさまざまな業務を行っています。機器の発注から稼働を見届けるところまで一貫して携わることもあり、実際に機器が動いた時には非常に大きな達成感が得られます。
2015年 電気電子工学科 卒業
2017年 本学大学院 電子通信工学専攻 修了
(大阪府 都島工業高校 出身)
※ 現 工学専攻 電気通信工学コース

× 閉じる

電子機械工学科
株式会社リョーサン 内定
メカトロニクスを幅広く学べた経験が大きな武器に
機械から制御、情報まで幅広い分野を総合的に学ぶことができ、多様な技術職に就ける可能性がある電子機械工学科は理想的な環境でした。現在は、Wi-Fiへの接続を通してパソコンの作業時間を記録し、そのデータを健康管理に役立てるシステムの構築に挑戦中です。在宅勤務を想定し、各自が別々の場所にいても管理できる仕組みづくりを模索しています。内定先は半導体や電子機器を扱うエレクトロニクス商社。機械・電子回路製作の専門知識をはじめ、学科で培ったすべての経験が役立つと確信しています。
電子機械工学科 4年(大阪府 貝塚南高校 出身)

× 閉じる

電子機械工学科
IDEC株式会社
広範な工学知識で、部署を越えて人をつなぐ。
制御機器等の製造を手がけるメーカーで、スイッチの開発を担当しています。たとえば、工場内の危険な機械による事故を防ぐ安全スイッチ等の開発に携わってきました。仕事の中で他部署の方とも会話するのですが、その際に、学科で得た広い工学知識が役立っています。そうした知識を活かして、電気だけが専門、機械だけが専門、といった人たちの橋渡しができる中継役として今後も活躍し続けていくことが目標です。
2011年 電子機械工学科 卒業(兵庫県 高砂南高校 出身)

× 閉じる

機械工学科
株式会社 資生堂 内定
コミュニケーション力と機械の知識を
仕事で発揮していきたい
モノづくりや機械いじりに興味があり、この学科に進学。「機械創成工学実習」や「CAD実習」といった実習で、楽しく技術を磨けました。学修に励む中で意識していたのが、「わからない部分は聞く」ということ。男女関係なく、積極的にコミュニケーションを図りました。内定先では生産技術職として、工場の機械の保全や修理、製造に携わります。学科で身につけた力を活かし、工場スタッフの方々の要望をくみ取りながら、より使いやすい機械をつくっていきたいと考えています。
機械工学科 4年(静岡県 掛川西高校 出身)
中学(技術)・高校(工業)教諭一種 取得/Microsoft® Office Specialist 取得/第二種電気工事士 取得/秘書検定2級 取得

× 閉じる

機械工学科
三菱マテリアル株式会社
加工事業カンパニー
開発本部 加工技術センター
研究で培った力をモノづくりに活かしたい
大学在学中に「加工学」や「機械材料学」という講義を通して、「切削加工」という学問のおもしろさと出合いました。非常に奥深く、難しい分野ですが、大学院まで研究を続けて自分なりに突き詰めたことで、物事の原理・原則をきっちりと考える癖がつき、仕事でもそれが非常に役に立っていると感じています。大学・大学院で学んだことを活かして、切削工具メーカー国内シェアNo.1の会社でモノづくりを追究し、社会に貢献できるよう努力を重ねていきたいです。
2015年 機械工学科 卒業
2017年 本学大学院 制御機械工学専攻 修了
(大阪府 大阪府教育センター附属高校〈旧・大和川高校〉出身 )
※ 現 工学専攻 制御機械工学コース

× 閉じる

基礎理工学科
株式会社キューブシステム 内定
数学への興味を突き詰める中で、
将来に活きる学びが得られた
数学が好きで本学科に入学し、現在は「共役勾配法」という計算手法を用いたデータ分析について研究中です。プログラミング言語の「Python」を用いてコンピュータに複雑な計算をさせるもので、天気予報の精度評価等に応用可能と考えられています。好きな数学を突き詰めるだけでなく、授業では物理や化学も幅広く学修。実験やレポートには苦戦しましたが、いい経験になりました。内定先はシステム開発を行う会社。プログラミング経験を活かし、企業や教育機関を支えるシステムを提案していきたいです。
基礎理工学科 4年(兵庫県 伊丹北高校 出身)
Microsoft® Office Specialist 取得

× 閉じる

基礎理工学科
中学校数学科教諭
生徒の将来のため、できることを全力で
中学3年生で教員になろうと決めて、大学でもその夢に向かって努力しました。なかでも役に立っているのが、教員志望の友人たちと自主的に取り組んだ模擬授業です。学科の先生方に指導していただき、教える力が磨かれました。現在は3年生の副担任と進路指導、数学を担当。ひとりでも多くの生徒に、数学への苦手意識を減らし、将来の人生を歩んでいくための基礎力を授けることが一番の目標です。
2015年 基礎理工学科 卒業(大阪府 大阪市立高校 出身)

× 閉じる

環境科学科
株式会社 大気社 内定
実物に触れ、手を動かす授業で
モノづくりへの関心が深まった
機械工学から化学まで幅広く学べる点に魅力を感じて本学科に入学。CADを使って図面を引いたり、実物のエンジンに触れたりする授業を通じてモノづくりに関心が向くようになりました。卒業後は設備工事会社に技術職で就職予定です。実験や演習の授業は2、3人で課題に取り組む機会が多く、4年間で社交性が身につきました。本学で学んだ機械工学の知識や技術を駆使しながら、コミュニケーション能力を発揮して社内チームの目標の達成に貢献したいと思います。
環境科学科 4年(大阪府 吹田高校 出身)
Microsoft® Office Specialist 取得

× 閉じる

環境科学科
株式会社王将フードサービス 営業サポート部
お客さまに安心・安全を届けたい
在学中に、ポリフェノールの機能性を活かした商品開発をめざす「ベリーベリープロジェクト」に参加。そこで食材の繊細さを知り、「食」に関心を持ちました。生物や有機化学といった化学系科目に力を入れ、細胞や分子レベルの研究から、生態に関する地球規模の研究まで経験したことは大きな力となっています。職場では店舗を巡回し、より安全な食を提供できるよう衛生管理に携わる業務を行ってきました。今後もさらに知識と経験を得て、安心・安全な食をお客さまへ提供し続けていきます。
2019年 環境科学科 卒業(京都府 西城陽高校 出身)

× 閉じる

情報工学科
富士通株式会社 内定
文系出身でも、一から知識・技術を培うことができた
高校時代は文系クラスだったため、まわりの学生との知識量の差に戸惑いましたが、段階的に学べるカリキュラムで一から情報工学の知識・技術が身につきました。自分が組んだプログラム通りにロボットを動かせるようになる等、達成感に満ちた刺激的な毎日。その結果、自分でつくったWebアプリを自分のサーバで運用できるまでに成長しました。現在は人の感情的な部分を情報として感知するためのシステムを研究中です。さまざまなITサービスを提供する内定先では、お客さまの課題を解決するソリューションを生み出していきます。
情報工学科 4年(京都府 福知山成美高校 出身)
Microsoft® Office Specialist Master 取得/ITパスポート 取得

× 閉じる

情報工学科
株式会社
インターネットイニシアティブ
情報工学の基礎を学び、応用する
現在、情報システムの構築・運用を行うシステムインテグレーション(SI)の業務を行っています。SIではネットワーク、ソフトウエア、ハードウエアの知識が求められ、すべての要素をうまく組み合わせ、お客さまの望むものを提案・構築していかなくてはなりません。その中には、さまざまなIT分野の基礎から応用までを網羅した学科の学びが活かされています。進化していく技術に対して、常に学び続ける姿勢を持ち、価値のあるシステムに携わっていきたいと思っています。
2016年 情報工学科 卒業
(大阪府 堺西高校 出身)

× 閉じる

通信工学科
関西電力株式会社 内定
基板や回路に多く触れ、「組み立てる力」が身についた
カメラを搭載した車型ロボットをつくり、遠隔操作するシステムの構築に取り組んでいます。通信回線を利用した遠隔操作をめざしていますが、画像データを受信する際に遅延が生じてしまうため、それをどれだけ少なくできるかが目下の課題です。学科の授業は基板や回路に触れる機会も多く、自分で一からプログラムを組み立てる力が身につきました。内定先では電力設備の管理にかかわる予定なので、大学で培った回路構成の知識を活かして活躍し、頼られる存在になりたいと思っています。
通信工学科 4年(奈良県 榛生昇陽高校 出身)
第二種電気工事士 取得

× 閉じる

通信工学科
株式会社オプテージ 経営本部
次世代事業推進プロジェクトグループ
5G事業化推進チーム
最新の通信技術「5G」の社会実装に向けて
わたしがいま大学時代を振り返ってみて思うのは、有線だけでなく無線も同時に学べたのがよかったな、ということ。下地となる幅広い知識があったおかげで、どんな技術に対しても苦手意識を抱くことがありませんでした。現在は、世界でも最も進んだ無線技術である「5G」の事業化をめざす新たなプロジェクトチームに参加しています。5Gをひとりでも多くの方に、手軽に使っていただける環境をつくること、それが今後の一番の目標です。
2010年 通信工学科 卒業
2012年 本学大学院 電子通信工学専攻 修了
(兵庫県 飾磨工業高校 出身)
※現 工学専攻 電子通信工学コース

× 閉じる

医療科学科
島津メディカルシステムズ株式会社 内定
医療と工学、どちらの知識も深められる点が魅力
高校が工業系で、医療分野にも興味があったので、両方を学べる医療科学科に入りました。現在は、人体の深部温度の計測について研究を行っています。サーモグラフィーは物体の表面温度しか測れず、物体内部の温度を正確に測るには適していません。そこで、赤外線点検出と呼ばれる技術を用いた新たな撮影装置の開発をめざしています。卒業後は、企業で医療機器の設置、保守点検を担当予定。研究で得た工学知識や、授業で実際の医療機器に触れた経験を活かしていきたいと思います。
医療福祉工学科 4年(大阪府 都島工業高校 出身)
第2種ME技術実力検定 取得/医科医療事務検定3級 取得
※現 医療科学科

× 閉じる

医療科学科
大阪大学医学部附属病院 臨床工学部 主任
患者さんの笑顔が何よりもうれしい
臨床工学技士として、手術室や集中治療室での医療機器管理・操作を担当。仕事の結果が、患者さんやご家族の笑顔として表れる点にやりがいを感じます。本学科では専門知識・技術だけでなく、コミュニケーションやチームワークも学べたのがよかったですね。医療と工学、2つの面から患者さんにアプローチできるのは臨床工学技士ならでは。とても魅力のある職種です。
2009年 医療福祉工学科 卒業(大阪府 千里青雲高校<旧・東豊中高校> 出身)
※現 医療科学科

× 閉じる

理学療法学科
一般社団法人MAP
アントラーズスポーツクリニック 内定
先生から教わった、理学療法士に求められる柔軟な思考法
電気刺激で最も筋収縮が起こりやすいとされる部位「モーターポイント(MP)」について研究中。MPとMPではない場所のそれぞれに電気刺激を与え、反応結果から治療ターゲットとしての妥当性を検証しています。本学科の先生は、学生が想定解とは異なる回答をしても否定せず、その内容を吟味してくださいます。そうした姿勢から理学療法士に求められる柔軟な思考法を教わりました。一般の方からアスリートまでさまざまな患者さんと接する内定先でも、一人ひとりに応じたベストな治療を実践します。
理学療法学科 4年(兵庫県 甲子園学院高校 出身)
理学療法士 取得/秘書検定2級 取得

× 閉じる

理学療法学科
神戸大学医学部附属病院
リハビリテーション部 理学療法士
臨床・教育・研究の力を備えた世界水準の理学療法士に
整形外科疾患や脳血管疾患、呼吸・循環器疾患、がん疾患等、大学病院で幅広い分野のリハビリテーションを担当。患者さん一人ひとりに合った治療プログラムを考え、理学療法を提供しています。大学では専門知識に加え、社会人としての礼儀もたくさん教わりました。その経験は、コミュニケーションが大切な医療業界でとても役に立っています。今後は世界水準の理学療法士をめざして、臨床・教育・研究の3本柱を中心に理学療法の技術を高めながら、臨床研究にも同時に取り組んでいきたいです。
2018年 理学療法学科 卒業
2020年 本学大学院 医療福祉工学専攻 修了(和歌山県 和歌山商業高校 出身)

× 閉じる

健康スポーツ科学科
株式会社ヒマラヤ 内定
スポーツを幅広く学び、描いていた夢を実現できた
スポーツの楽しさを伝える仕事がしたくて、スポーツを幅広く学べるこの学科を志望しました。特に興味深かったのが「運動学」「体育社会学」の授業です。スポーツを歴史的、社会的な観点から見ることができ、視野が大きく広がりました。現在は「将来的に、スポーツショップにesports関連商品を提供できるのか?」というテーマで卒業研究にも挑戦中。内定先では商品の分析・開発・提供を行うので、こうした授業・研究で得た知識を存分に活用していきたいです。
健康スポーツ科学科 4年(兵庫県 加古川南高校 出身)
Microsoft® Office Specialist 取得

× 閉じる

健康スポーツ科学科
大阪府公立学校 保健体育科教諭
専門的な学びが教育の現場で活きています
保健体育の教員免許取得をめざし、この学科へ。同じ道を志す仲間も多く、合格に向けて一緒に努力できる環境がありました。また、ゼミではメンタルトレーニングを研究し、スポーツ指導に活用できる知識・考え方を身につけることができました。中学校でのボランティアに挑戦したこともいい経験になっています。免許を取得し卒業後は、中学校の保健体育科教員を経験し、現在は高等学校の教員をしています。今後も、生徒や保護者のみなさんから頼られる存在になるように努めていきます。
2012年 健康スポーツ科学科 卒業(大阪府 牧野高校 出身)

× 閉じる

デジタルゲーム学科 就職先例
株式会社セガ 内定
未経験からゲームプログラマーに東京ゲームショウへの出展でプレゼン力が向上
「スマートフォンの画面上に映し出されるAR映像を、PCにつないだプロジェクターを通してスクリーンにも投影し、みんなで楽しめるゲームの開発に取り組んでいます。入学するまでプログラムに触れたことすらなかったわたしですが、本学科でゼロから知識・スキルが身につきました。プランナーからデザイナーまでさまざまなキャリアをめざす仲間と出会えるため、多角的な視点も養われたと感じます。また、友人らと制作したゲームを東京ゲームショウに出展。展示までのプロセスを通し、プレゼンスキルも培われました。自分がつくったゲームを、一般ユーザーが楽しそうに遊ぶ光景は忘れられません。内定先でも多様なセクションの人々とかかわりながら最高の作品を生み出し、「喜び」を届けていきたいです。
デジタルゲーム学科 4年(大阪府 渋谷高校 出身)
ITパスポート 取得/CGクリエイター検定ベーシック 取得/基本情報技術者 取得/色彩検定®3級 取得

× 閉じる

デジタルゲーム学科 就職先例
株式会社コロプラ
第2エンジニアリング部 エンジニア
ゲームをつくる楽しさを味わってほしい
スマホゲーム「白猫プロジェクト」の開発チームでエンジニアをしています。具体的な仕事内容は、ボスやキャラクタースキルの実装等。自分のつくったものが話題になったり、楽しんでもらえたりする点にやりがいを感じますね。大学では、ゲームに対する考え方やつくり方等、非常に多くのことを学べました。また、ゲーム好きが集まるので、情報共有や共同制作に思う存分取り組めました。ぜひこの学科で、ゲームをつくる楽しさを実際に味わってみてください。
2017年 デジタルゲーム学科 卒業(大阪府 都島工業高校 出身)

× 閉じる

デジタルゲーム学科 就職先例
株式会社 日経ビデオバンク 内定
授業内外で多くの機材を扱った経験が揺るぎない自信に
駅のホームで流れるアナウンスが画一的な事実に着目し、駅ごとの個性をもっと出すことはできないかと考えるようになりました。そこから、ある鉄道の本線・40駅を対象として、実際に各駅を訪れながらその特徴について調査。競馬場が近くにある駅なら、馬の足音を盛り込む等、創意工夫を重ねながらオリジナルのアナウンス音づくりに励んでいます。本学科には映像と音響を学ぶために進学しましたが、濃密なカリキュラムを通し、理論と技術の両方がバランスよく身につきました。また、「電chu!」での動画配信や、「esports project」の大会運営にも参加し、音響をメインで担当。授業外でも多くの機材を扱う中で、実践的なスキル・ノウハウが培われました。報道番組の制作やスタジオ技術、イベントの中継配信を行う内定先でも、向上心を持って自分のやりたいことを突き詰めていきます。
デジタルゲーム学科 4年(京都府 京都学園高校 出身)
サウンドレコーディング技術認定試験 ランクB認定

× 閉じる

ゲーム&メディア学科 就職先例
株式会社PACkage 代表取締役社長
夢は、世界中で注目されるesportsイベントの開催
学生時代に立ち上げたサークルの規模を拡大するうちに収益化を実現。esportsを中心としたイベント企画会社を設立し、イベント設計や会場の手配等をしています。学科の授業は専門的なので、ゲーム会社の開発担当者と打ち合わせする際に意思疎通する上で役立っています。観客、選手に参加してもらうイベント業務は、仕事の評価がダイレクトに伝わるので、毎日やりがいに満ち溢れています。今後も全力で仕事に取り組み、地元・大阪で世界から注目されるesportsの祭典を実現させたいです。
2019年 デジタルゲーム学科 卒業(大阪府 大阪電気通信大学高校 出身)

× 閉じる

情報学科
株式会社システナ 内定
「モノづくり」で人々のくらしをより豊かに
独自にプログラミングしたスマートウォッチと、スマートフォンをBLE通信によって連動させ、迷子を未然に防ぐシステムを開発。親子での使用を前提に各デバイスの距離が一定以上離れると、スマホに警告が表示され、ウォッチから音が出る仕掛けにしました。学科では研究や実習を通して、すぐに誰かに答えを求めるのではなく、何事も自分で考え、調べ、追究していく姿勢が養われたと感じます。迷子防止システムのように、卒業後も人々のくらしをより豊かにする「モノづくり」に挑戦し続けます。
情報学科 4年(兵庫県 伊丹(市立)高校 出身)

× 閉じる

情報学科
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
知識だけでなく、働き方のイメージも得られた研究室活動
シーケンサと呼ばれる装置を活用したシステムの研究・開発を行っています。シーケンサは、車の組み立て装置や検査装置等、工場の自動生産設備を制御する装置です。入社後も学ぶことはたくさんありますが、研究で身につけた知識が礎となり、現在の業務に活きています。また、研究室の教授は長年三菱電機で働いていた方で、働き方や製品についての具体的な話を聞けたことも、現在の職につながった理由のひとつです。
2016年 メディアコンピュータシステム学科 ※現情報学科 卒業
2018年 本学大学院 コンピュータサイエンス専攻 修了 ※現総合情報学専攻コンピュータサイエンスコース 卒業
(滋賀県 大津商業高校 出身)

× 閉じる

※インタビュー記事は、2021年2月時点の情報を掲載しております。