学科のトピック|大阪電気通信大学 医療福祉工学部 理学療法学科

海外の先生の講義を受講

20181030_セミナー1
20181030_セミナー2
20181030_セミナー3
20181030_セミナー4
2018年10月30日から11月4日まで、本学で、マニュアルセラピーインターナショナル 主催の4つのワークショップが開催されました。
「ヤンダ・アプローチ マッスルインバランスに対する評価と治療」
「動的神経筋安定化・発達運動学的アプローチ」
「動的神経筋安定化・発達運動学的アプローチ」
「ムーブメントサイエンスの視点に立った臨床的評価と治療(頸部・上肢帯コース)」

講師はアメリカのClare Frank先生、 チェコのMagdalena Lepsikova先生を はじめ4名で、通訳はアメリカで理学療法士として活躍されている小倉秀子先生を中心に国内の理学療法士3名が担当しました。 このワークショップは世界各国で開催され、理学療法の分野においても注目されています。
本学科の学生は運営を手伝い、講義も聴講させて頂ききました。講師の先生方が興味深い講義やわかりやすく熱心に 実技指導されている様子や、受講されている現職者の方々の真剣な姿勢を、学生は目の当たりにすることができました。
講義に感銘を受けた学生は思いきって講師の先生にお願いしてサインを頂きました。

*ヤンダ・アプローチとは、ブラディミア・ヤンダ氏(Vladimir Janda 1923-2002、チェコの神経学者・リハビリテーション医) によって開発されたものです。感覚システムおよび運動システムの障害によって起こる機能障害に着目し、これにより生じる マッスルインバランスに対する神経・筋骨格系からのアプローチです。
*動的神経筋安定化・発達運動学的アプローチとは、チェコの理学療法士パベル・コーラー(Pavel Kolar)氏によって体系化された、 運動システムの発達における神経生理学側面、発達運動学を基本とした理論です。脊柱の安定化システムを活性化させて機能向上を図るもので、 DNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization:動的神経筋安定化)と呼ばれるアプローチです。

高大連携事業で、大阪電気通信大学高等学校の文化祭に出展

20180929_電通高校文化祭1
20180929_電通高校文化祭2
2018年9月29日に行われた大阪電気通信大学高等学校の文化祭に羽崎研究室の有志が参加、出展しました。
当日はあいにく雨模様だったのですが、保護者の方々をはじめたくさんの方が参加していました。 理学療法学科からは「あなたの肺は何歳?」という内容で、スパイロメーター(呼吸機能検査装置)を使って測定を行いました。 実年齢に対して若い?あるいは年を取っている?ということで測定結果に皆さん一喜一憂されていました。

7月のオープンキャンパスでは、各種体験をしてもらいました

20180722OC学科紹介
20180722OCAO入試
2018年7月22日のオープンキャンパスでは、理学療法士の仕事を体験してもらいました。
全体での学部紹介のあと、希望する学科に分かれて学科紹介とAO入試説明を教員が行いました。その後の体験コーナーでは、学生が説明と実習指導を行いました。
「体の動きを解析しよう」では、体の各部位の動きを動きを無拘束で計測する装置についての体験です。
「筋肉の動きを解析しよう」では、超音波を使って筋肉の断面を計測する装置を使って、筋肉の動きを観察しました。
「スポーツ選手のコンディショニングを体験しよう」では、体を温めたり、冷やしたり、伸ばしたりして、コンディションを整える体験をしました。

オープンキャンパスは、学生が中心に

20180617OC学科紹介
20180617OC体験授業1
20180617OC体験授業3
2018年6月17日に授業体験型オープンキャンパスを開催しました。
学科紹介とAO入試説明は教員が行いましたが、授業体験の説明と実習指導は学生が行いました。 内容は、筋から出る電気信号の筋電図の計測、超音波を使って筋の断面を観測する超音波断層撮影の体験、物理療法では低周波治療とパラフィン浴、スポーツコンディショニングの1つであるストレッチの体験です。 2年生が解説と体験指導を行いました。

卒業研究発表会が行われました

卒研発表会1 卒研発表会2
2018年5月12日に卒業研究発表会を行いました。
卒業研究は、通常4年生で行うものですが、理学療法学科の4年生は、 10週間の臨床実習に行くため、十分に研究時間をとることができません。
そのため、3年生の間に授業の合間で研究活動を行っています。1年以上の期間を書けて研究した成果をまとめて皆の前で説明することは大変です。
しかし、発表練習も十分に行っているので、うまくまとめて説明できていました。

新入生歓迎会が行われました

ドッチボール大会 茶話会
2018年4月25日に新入生歓迎会を行いました。まず体育館で班別対抗ドッチボール大会を行い、いい汗を流しました。
その後、コウズキホールで茶話会を行い、1,2,3年生、教員が交流しました。一緒に戦った後なので、和やかに会話が進みました。

学位授与式が挙行されました

学科別学位授与式 謝恩会
2018年3月24日に四條畷キャンパスのコナミホールにおいて、学位授与式が行われました。 その後学科に分かれて、3年生が企画と運営を行う学科別学位授与式がありました。









夜は、ホテル阪急インターナショナルで謝恩会がありました。



北河内ユニバーサルマップ JR住道駅版の作成に協力

ユニバーサルマップ
北河内ユニバーサルマップは、障害者、高齢者、お子様連れに優しい街は誰もが暮らしやすい街になるという想いから、大東市の事業により作成された地図です。
車椅子でも入りやすいお店、補助犬を快く迎え入れてくれるお店が一目で分かる様にアイコン(絵記号)で表示されています。 本学科の学生が、実際にお店に伺って調査した結果が反映されています。



一般社団法人リハビリテーション教育評価機構より認定

認定書
平成28年度に「一般社団法人リハビリテーション教育評価機構」による認定審査(書類審査および実地調査など)を受審し、評価基準を満たしているとしてリハビリテーション教育評価機構の認定を受けました。 特に多種多様な専門分野を有し、大学全体で学生教育に取り組んでいると高く評価されました。
「一般社団法人リハビリテーション教育評価機構」は、全国のリハビリテーション教育施設の「教育の質」を保証するため、養成校に対して公正かつ適性な審査を行い、その教育施設の優れている点や課題を明らかにすることを目的としており、中立的な第三者機関として教育評価を行う評価機関です。



四條畷市『いきいき健康づくり』に協力

四條畷いきいき健康づくり
2016年10月23日(日)、四條畷市保健センター主催の『いきいき健康づくり がんばれ中高年! 健康寿命を延ばそう!』に協力しました。このイベントは、中高年を対象に健康づくりに取り組んでもらうきっかけづくりを行うこと、また、健康づくりの輪を広げることを目的として実施されました。理学療法学科では「足裏の状態の測定評価」(協力:吉田正樹研究室)を行いました。学生が、足裏の状態を測定し、卒業生の理学療法士が評価と指導を行い、多くの市民の皆さんに喜んでもらえました。

【著作権・免責事項】

著作権法に定められた範囲内において使用する場合を除き、当サイト内に掲載されているすべてのコンテンツの無断転載・転用を禁止します。 当サイトに記載されているすべてのコンテンツ内容は、予告なしに変更または中止されることがあります。当サイトは、これらの内容及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません。
pagetop