理事長挨拶

[理事長]成瀬 淳

人間力と技術力を
備えた人材を育成いたします。

20世紀の後半から21世紀にかけてエレクトロニクスやメカトロニクスなどのハードウェア技術が急速に進歩しました。これと並行してソフトウェア技術も驚異的に発展し、いわゆる情報革命1の時代となりました。80年代半ばまで主流であったメインフレームコンピュータが衰退し、今世紀になってパーソナルコンピュータからタブレットへ、携帯電話も従来型からスマートフォンへと目まぐるしく変遷し、社会全般が情報文化の大きな潮流に入ったことは私たちが毎日身近に感じていることです。

このような産業界の変化に対応して、特に基盤テクノロジーを支える有能な人材の確保・育成が各企業や研究機関にとっての死活問題になっています。そして同時に型にはまった教育、教員からの一方的な講義で知識を与えるといったやり方では、創造性豊かな人材を育成することが困難であるという事が認識されています。“創造性豊かでバランスのとれた人材はどのようにして育成できるのか”という議論が内外の大学でも真剣に議論されていますが、いずれにしても従来型の偏差値に基づく価値観や知識伝達型の高等教育には限界があるという事が明らかになってきました。

本学園の草創に関わった内田作蔵2は1927年に大阪無線電信電話学校(のちに大阪電気通信大学高等学校に統合)、1939年には同校の卒業生の同志を集めた大阪無線学会の設立に尽力しました。その後新たな学校創立の声が起こり、1941年には更に高度で学術的な無線技師の育成をめざした東亜電気通信工学校(本学園の起源)の設立に至りました。そして戦後の新制高校と新制大学の設立に繋がり、現在に至っています。本学園は基本理念として「人間力の育成3」を核とした技術者の養成に力を入れてきましたが、そのことは内田作蔵の郷里である薩摩・出水の地に根付いていた出水兵児(いずみへこ)修養掟(武士道)に則っていると感じています。我が学園から巣立っていった多くの卒業生が産業現場で活躍し、社会の方々から高い評価をいただいていることは私たちの大きな誇りです。

1951年に設立した大阪電気通信大学高校はその後普通科を加えてコース選択の幅を広げると共に、現在では大阪電気通信大学の学びに直結したコースも備えています。一方大学では工学部、情報通信工学部、医療福祉工学部、総合情報学部、金融経済学部に大学院を加えた体制にまで教学領域を広げて参りました。2018年4月には社会からの強い要請に応えて工学部に建築学科を開設し、また総合情報学部ではデジタルゲーム学科を改編し、新たなデジタルゲーム学科に加えてゲーム&メディア学科の新設を行う予定です。

我が国の産業経済界の要望に呼応して、多様性を享受でき且つ社会的責任を持ち、正しい価値判断のできる人物を継続的に輩出していくことが本学園の使命です。教職員全員が、学生・生徒の力を信じて

1 情報技術の発展で社会や国民生活が改革されること
2 当時の最先端情報通信技術であったモールス信号(通信技術の基礎となる無線電信。所謂「トンツー」)の研究・教育活動を推進。
3 本学園のミッション・ステートメント:人間力と技術力を磨き自らの力で前進できる人材を育成・輩出します

成瀬 淳