05 将来のこと

大阪電気通信大学は就職に強い

就職率95.8% 製造業24% 情報通信業19% 建設業10% 専門サービス業・卸売・小売業23% 医療・福祉8% 運輸業2% 不動産業1% 商社8% 飲食・宿泊業2% 金融・保険業1%

およそ2⼈に1⼈が⼤企業に就職

実践型教育を展開するとともに、本格的な就職活動に向けての準備を低年次より進めている大阪電気通信大学。磨かれた専門知識や確かな実力が評価され、多くの企業から求人と内定をいただいています。高い就職率を維持しているうえ、およそ2人に1人が大企業に就職。卒業生たちは各種業界のリーディングカンパニーで、さらなる飛躍を実現しています。

主な就職内定先(過去5年以内の実績)

工学部

  • ■資生堂
  • ■関西電力
  • ■西日本旅客鉄道
  • ■SUBARU
  • ■日産自動車

情報通信工学部

  • ■NECネッツエスアイ
  • ■京セラコミニケーションシステム
  • ■東芝インフラシステムズ
  • ■富士通
  • ■近畿管区警察局

医療健康科学部

  • ■テルモ
  • ■ニプロ
  • ■公益財団法人大阪YMCA
  • ■地方独立行政法人大阪市民病院機構
  • ■国立研究開発法人
    国立国際医療研究センター

総合情報学部

  • ■カプコン
  • ■スクウェア・エニックス
  • ■東映
  • ■ソフトバンク
  • ■ヤフー

大阪電気通信大学の「就職力」が
社会から高い評価を得ています

採用を増やしたい大学

関西圏
私立大学で

第1位(全国 第2位)※1

本当に就職に強い大学

関西圏大学で

第5位(全国 第48位)※2

※1 出典:日経キャリアマガジン特別編集「価値ある大学2022年版」:日経HR[2021年6月発行]

※2 出典:「本当に就職に強い大学ランキング」トップ150校(東洋経済オンライン)

取りたい資格がとれる環境

学内にある資格学習支援センターでは、就職活動に役立つ資格から高度な専門資格まで、豊富な資格試験対策講座を開講しています。国家資格をはじめとした難度の高い専門資格に対しては、専門教員自らが講座を実施。手厚いサポートが無料で受けられます。さらには個人での対策が難しい実技試験対策も行うなど、資格取得を全力で応援しています。

資格取得者数

1,382人※

資格取得を全面応援する、表彰制度を実施!
知識と自信を深めています!

※2019年度実績

在学中の資格取得に積極的な大学

近畿の大学で第1位

※出典:日経BPコンサルティング「大学ブランド・イメージ調査 2020-2021(近畿編)」

※ビジネスパーソンに対する調査結果

※近畿の主要大学66校(国立11校、公立6校、私立49校)におけるランキング

的確なアドバイスにつながる学科担当制を採用

学生と就職部のスタッフ、マンツーマンの対応で就職に関するあらゆるサポートを実施。キャリアカウンセリングの資格を有するアドバイザーが支援し、学生の可能性を引き出します。
内定者インタビュー ソフトバンク株式会社 内定 情報通信工学部 通信工学科 4年 西村 颯真さん(奈良県立橿原高等学校 出身) 取得資格・第一級陸上無線技術士・基本情報技術者試験・ITパスポート試験

「自分の想いとスキルを紐付けて」
強い志望動機を持つための
具体的アドバイスが自信をくれた。

中学生の頃に、自宅の回線をADSLから光回線へ切り替えたことで、データの重い動画もスムーズに視聴できるようになったり、オンラインゲームができたり、通信の可能性を実感しました。家庭だけではなくて、社会にも大きな変化を起こせることに魅力を感じ、通信工学科に進学を決めました。いま行っている研究では、降雨がBS等の衛星放送回線にどのような影響を与えるのか調べています。

就職先も、通信業界を第一志望に。就職課に通って個別面談を重ねる中で、「自分の想いとスキルを紐付けよう」「エピソードは情景が浮かぶように書こう」といった非常に具体的なアドバイスをいただき「通信技術によって新しい社会の土台を築きたい」という強い軸を持つことができました。さらに、資格取得サポートを活かして合格した第一級陸上無線技術士や、基本情報技術者試験等の取得実績も、志望先へ本気度を伝えるという意味でも大いに力になってくれました。

大阪電気通信大学は、学生一人ひとりの「やりたい」を伸ばして成功につなげてくれる場所。自分の想いを全面的にサポートしてくれた皆さんのためにも、通信で人々の日常生活をより良くできる人になりたいです。