03 学びのこと

今後の社会はどう変わっていく?

あらゆる分野が情報と結びつく時代へ

これからのSociety 5.0が実現するのは、あらゆるモノ・コトが情報と結びつき、新たな価値を生みだすことで課題や困難を克服する社会です。2019年3月に経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査」によれば、2030年にはIT人材が最大で約79万人も不足するという試算が出ており、ITに関するスキルはエンジニアに限らず重要となってきます。今後はあらゆる分野において、情報テクノロジーを使いこなす知識と技術をもった人材が求められるようになるでしょう。

だから、大阪電気通信大学は全学科でICT教育

開学以来、情報教育に力を注いできた大阪電気通信大学。その経験とノウハウを活かし、情報・通信系の情報工学科、通信工学科、情報学科の発展はもちろん、電気・建築・機械・環境・医療・スポーツ・ゲームなど、あらゆる学問に先進の情報テクノロジーを取り入れた教育を行っています。どの分野でも、卒業時には最前線で活躍できる専門分野と情報分野の知識・スキルを養成。全学科で専門を活かしたICT教育・研究を展開し、超スマート社会で活躍できる人材を育てています。