TOP > 修了生からのメッセージ

博士後期課程

辻村 肇

大阪電気通信大学大学院
医療福祉工学研究科医療福祉工学専攻
博士後期課程:2009年度入学(松村研究室所属)
現:鳥取市医療看護専門学校

  私は介護老人保健施設で作業療法士として勤務しながら,本大学院医療福祉工学研究科において高齢者の嚥下機能に関する研究を行ってきました.本研究科は,医療や福祉従事者が現場でのニーズや,また高齢者のQOL向上に向けて研究することがきる良い環境であると思います.加速する高齢者社会に少しでも役立つ研究を行っていくことにやりがいを感じています.  先生方も大変熱心にご指導下さり,専門知識を奥深く学ぶことができます.医療、福祉の現場で「もっとこうすることができないかな?」と考え,自分自身で研究してみたいと思ったら本研究科で是非学んで頂きたいです.

修士課程

前 敬司

大阪電気通信大学大学院
医療福祉工学研究科医療福祉工学専攻
修士課程:2007年度入学(新川研究室所属)
現:ノーリツ鋼機株式会社

  私は介護老人保健施設で作業療法士として勤務しながら,本大学院医療福祉工学研究科において高齢者の嚥下機能に関する研究を行ってきました.本研究科は,医療や福祉従事者が現場でのニーズや,また高齢者のQOL向上に向けて研究することがきる良い環境であると思います.加速する高齢者社会に少しでも役立つ研究を行っていくことにやりがいを感じています.  先生方も大変熱心にご指導下さり,専門知識を奥深く学ぶことができます.医療、福祉の現場で「もっとこうすることができないかな?」と考え,自分自身で研究してみたいと思ったら本研究科で是非学んで頂きたいです.


岸本 将志

大阪電気通信大学大学院
医療福祉工学研究科医療福祉工学専攻
修士課程:2007年度入学(新川研究室所属)
現:合同会社フロッグワークス代表社員

   今,パソコンは一人一台の勢いでどんどん普及しています.パソコンは普通キーボードやマウスを使って操作をしますが,手に重い障害があると操作ができなくなってしまいます.私はこのような障害をもつ方でもパソコンを操作できる,カメラを見つめ首を振るだけで操作できる機器の研究を行っていました. 私の研究のように障害のある方の生活をサポートする分野では,電気電子工学や情報工学のような工学の分野はもちろん,手が使えないとはどういうことなのか,どのように不自由になるのだろうかについて医学や障害者福祉学の知識も幅広く求められます.
 医療福祉工学研究科では,名前の通り工学だけでなく医学や福祉学の知識,技術も世界の第一線で活躍されておられる先生方から濃い指導を受けることができます.大阪電通大の医療福祉といえば臨床工学技師のイメージが強いですが,福祉機器の開発を志す方にもお勧めです.


【著作権・免責事項】
著作権法に定められた範囲内において使用する場合を除き,当サイト内に掲載されているすべてのコンテンツの無断転載・転用を禁止します.
当サイトに記載されているすべてのコンテンツ内容は,予告なしに変更または中止されることがあります.当サイトは,これらの内容及びその変更等に伴う損害に一切の責任を負いません.
ページトップ