医療福祉工学部健康スポーツ科学科

運動・栄養・休養の知識と科学的根拠に基づく健康教育、スポーツ指導の技術を修得。

『基礎医学』『栄養学』『工学』『生理学』『運動学』『教育学』等幅広い分野を学べるカリキュラムを編成。健康とスポーツを科学の目で捉えつつ、豊かな人間性を備えた、人々の健康維持増進に貢献できるプロフェッショナルを育成しています。スポーツ選手の指導者、保健体育教諭、メーカーでの機器開発等幅広い活躍の場があります。

将来の活躍フィールド

スポーツ関連分野へ

  • 中学・高校の保健体育教員
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 健康・スポーツ用品メーカー
学びの分野
健康
運動
栄養
スポーツ科学
教育

もっと知ろう!健康スポーツ科学科

「株式会社コナミスポーツクラブ」と強力タッグ!

人々が健康的な生活を送るためには、日常的な運動の習慣づくりが欠かせません。そのための指導を行う「健康運動指導士」や「健康運動実践指導者」を養成する課程では、実際に健康指導を行う施設で実習を経験する必要があります。本学科では、株式会社コナミスポーツクラブと業務提携を結び、日本最大のスポーツクラブであるコナミスポーツクラブでの実習を通して、実践的な運動指導の技術を修得することができます。

もっと知ろう!健康スポーツ科学科

授業科目「スポーツ指導演習」

小学校で実際にスポーツ指導を行う授業。日本体育協会認定資格の「ジュニアスポーツ指導員」の資格取得に必修の科目です。子どもたちの運動指導を行う職業をめざす学生にとって、小学生への指導体験はとても貴重なものとなります。

学びのポイント

  • ポイント01

    人々の健康維持増進に貢献する、高度な運動・栄養・休養の知識・技術を学びます。その学びを活かして、保健体育(中・高)の教員免許取得をめざすことも可能です。

  • ポイント02

    力学シミュレーション演習や運動生理学実習等の演習・実習科目を通じて、自ら動き、考え、体感して、科学的分析方法の理論とスキルを身につけます。

  • ポイント03

    株式会社コナミスポーツクラブとの連携により、実習や研究の実践の場としてコナミスポーツクラブを活用できます。

学びのステップ

4ステップの実学教育とは?

1年次さまざまなスポーツに触れる

主として語学や数学、生理学、解剖学といった基礎科目を修得します。またソフトボール、バレーボール等実技科目を主体にさまざまなスポーツ競技に触れ、各競技の特性について理解を深めます。

つぎへ

2年次3つのコースで専門性を深める

健康科学コースでは健康づくり・健康増進やトレーニング理論・運動評価等について、スポーツ科学コースではスポーツを科学するために必要な運動の分析法や身体への影響について学びます。また健康機器開発コースでは、さまざまな機器の開発に必要な生体計測学、プログラミング等を学びます。

つぎへ

3年次実習・演習で知識を深める

「スポーツクラブ実習」では、スポーツクラブの施設を使用して、実地で健康指導や運動指導の現場を体験します。学修を通して実践的な指導法を体験することで、実践的技術だけではなく講義科目内容についての知識の修得をより深めていきます。

つぎへ

4年次問題解決能力を身につける

卒業研究を必須科目とし、卒業研究の発表、卒業論文の作成を行います。さらに個別指導により4年間で修得した知識を活用し、問題解決能力、コミュニケーション能力を最大限に発揮できるよう力をつけていきます。

就職

資格 取得できる資格
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • スポーツリーダー
受験資格を取得できる資格
  • 健康運動指導士/健康運動実践指導者
  • (公益財団法人 健康・体力づくり事業財団認定資格)

  • ジュニアスポーツ指導員(日本体育協会認定資格)
講習・試験科目の免除がある資格
  • 日本体育協会認定の各指導者資格

    (指導員/上級指導員/コーチ/上級コーチ/教師/上級教師/スポーツプログラマー/アスレティックトレーナー/アシスタントマネージャー など)

取得をめざす資格
  • NR・サプリメントアドバイザー

カリキュラム

カリキュラム

画像拡大

学科内容

授業紹介

スポーツ方法実習

スポーツ指導に必要な力を、実際のスポーツ活動の中で学ぶ。

サッカーやハンドボールといった競技の実践を通して、スポーツ指導の目的・内容・方法について理解を深めます。実際のスポーツ現場での役割分担についても学び、指導者としての能力アップを図ります。

スポーツトレーニング

スポーツトレーニングに関する原理・原則を学び、その効果を実習・実践で確認。正しい知識に基づいて個々に応じたトレーニング法や、トレーニングを行う際の適正な計画を作成できる力を養います。

運動生理学・実習

筋や神経を伝わる電気活動を専用の機器で計測し、運動にともなって起きる体の変化を観察。運動・スポーツを科学的に捉え、スポーツ・パフォーマンスの向上や健康維持につなげる技術を実践的に学びます。

研究室紹介

健康心理生理学研究室

ストレスを制することで、パフォーマンスを向上!

パフォーマンスの発揮には、体づくりや体力の向上はもちろん、適切な栄養摂取や疲労回復、ストレスの低減による心身の健康管理が大切です。たとえばスポーツ選手にとって疲労や痛みをいかに早く軽減するかは、次の試合のパフォーマンスを左右する問題。自分に適した疲労やストレス解消法を見つけることは、ストレスによる疾患が増えている現代を生きるためにも重要です。この研究室では、アロマセラピーが心と体にもたらす効果を研究。植物の精油に含まれる芳香成分が、筋肉や呼吸・循環器系、心理面に与える緊張緩和や集中力向上等の効果を検証しています。

身体運動科学研究室

「ナイスプレー」には理由があります。

プロスポーツ選手の動きは、一般人とは明らかに違います。では、どこがどのように違うのでしょうか。この研究室では、スポーツ選手の動きを3Dデータ化し、体の重心や角度等を解析。生体力学に基づいてパフォーマンスを高めるための体の動かし方を検証しています。バスケットボールを通して、たとえばシュートがうまく入らない学生 には、体のどの部分の動きを改善すればシュートが入るのかを指導。「うまい・へた」という個人の能力差で片づけるのではなく、将来体育教員として、教育の現場で生徒一人ひとりに合わせて指導できる力を育成しています。

先輩の声

内定者Voice

健康スポーツ科学科 4年

体を張って市民の安全を守る警察官に。

小学生から続けていて、わたしの人生の大部分を占める「野球」。このスポーツに関して、ずっと疑問に思っていたことがありました。それは「スイング時におけるリスト(手首)の力の入れ具合」。バットを強く握らず、楽に持った方がいいという指導がありますが、それが本当なのかを科学的に明らかにしようと考えています。具体的なデータをもとにした指導ができれば、きっとスイングに悩む人の助けになるはず。研究室には硬式野球部の友だちもおり、高め合いながら楽しく研究に取り組めています。将来の進路としては野球選手も考えていたのですが、体を使って社会に貢献できることから警察官の道を選びました。就職先でも仲間と切磋琢磨して、現場の先頭で活躍できる警察官をめざしていきたいと思います。

卒業生Voice

生徒一人ひとりとまっすぐ向き合い、成長に導ける教員に。

中学時代の校長先生がわたしの恩師。勉強が苦手な自分に、いつも個別で指導してくださいました。その先生の勧めで、教員になろうと決意。現在は保健体育教諭として中学校でクラス担任や野球部顧問を務めています。体育の授業では運動が苦手な子も指導しますが、その時に大学で学んだスポーツ理論が役立っています。将来の目標は、恩師のような校長先生になること。生徒一人ひとりを思い、よい方向に導いていける教員になりたいと考えています。

大阪府公立中学校 保健体育教諭

2014年 健康スポーツ科学科 卒業
[和歌山県 和歌山商業高校 出身]

さらに詳しく知りたい方はこちら!

ページの先頭へ