工学部機械工学科

学科WEBサイト

モノをつくる、その中核となるメカを幅広く、深く学ぶ。

機械のない工場って、想像できますか?いつの時代でも、機械は産業を支える最も大切な技術です。つまり、機械工学こそエンジニアリングの基盤であり王者なのです。本学科では、機械工学における優秀な専門家たちが、基礎から高度な応用技術まで、学生一人ひとりに教授しています。

将来の活躍フィールド

メーカーの設計・開発・製造・生産などのセクションへ

  • 輸送機械・ロボット
  • 熱学・ナノテクノロジー関連
学びの分野
モノづくり
輸送機械
ロボット
航空宇宙
精密機械
医療福祉

もっと知ろう!機械工学科

3D造形先端加工センターでの学修

簡単なおもちゃを製作してモノづくりの楽しさを体験する「機械工学入門」や、自らのアイデアでモノの設計・加工を行う「機械創成工学実習」、さらには卒業研究まで、機械工学科には3D造形先端加工センターを使う機会が多くあります。

3D造形先端加工センターとは

もっと知ろう!機械工学科

技術の教員免許取得

機械工学科では中学(数学/技術)、高校(数学/工業)の教員免許が取得可能です。その中でも技術の教員免許を取得できるのは近畿エリアの私立大学では3校のみ。学科が一体となってサポートを行い、多くの教員を輩出しています。

学びのポイント

  • ポイント01

    機械工学入門、機械創成工学実習、インターンシップ等で構成される『創成体験系』を導入し、学生の学修意欲を高めています。

  • ポイント02

    設計生産・環境・エネルギー・固体力学・制御情報の各系の専門科目を充実させ、機械設計やCADの資格取得サポートも万全です。

  • ポイント03

    最先端技術を追求する研究室が多く、スケールの大きなテーマや、学会でもトップクラスの研究に触れる機会に恵まれています。

学びのステップ

4ステップの実学教育とは?

1年次専門科目を学ぶための基礎固め

1年次では「機械工学」を学ぶために必要な力学や数学を学ぶとともに、「機械工学入門」「工業力学」等入門的な実験・実習を通して、機械の基本的な構造を知り、これからどのようなことを学んでいくのかを理解します。また、設計に必須である図学や製図について学びます。

つぎへ

2年次機械工学の基礎を講義と実習で学ぶ

「機械工学」の基礎である四力学(「機械力学」「材料力学」「熱力学」「流体力学」)と最近の機械に不可欠な「制御工学」「計測工学」について、講義と演習を組み合わせて学修し、確実な理解と応用力を修得します。また、多くの企業で設計に用いられている3DCADの基礎を学びます。

つぎへ

3年次機械工学の学びを実践に移す

「加工学」「機械材料学」「伝熱工学」等、少し発展的な科目を学びます。また、企画・設計から部品の発注・購入、機械の製作までを自ら行う「機械創成工学実習」、企業で実際に業務を経験する「インターンシップ」等、実際にモノづくりを行うことにより、独創的な技術者としての能力を養います。

つぎへ

4年次これまでに学んだことの総まとめ

研究室に所属し卒業研究を行います。自分の研究テーマに沿って自ら考えて研究計画を立て、文献調査・実験・解析等を行い、その結果をもとに新しく得られた知見をまとめます。最先端技術を追求する研究室が多く、スケールの大きなテーマや、学会でもトップクラスの研究に触れる機会に恵まれています。

就職

資格 取得できる資格
  • 高等学校教諭一種免許状(数学/工業)
  • 中学校教諭一種免許状(数学/技術)
取得をめざす資格
  • 機械設計技術者
  • CAD利用技術者
  • ITパスポート

カリキュラム

カリキュラム

画像拡大

学科内容

授業紹介

機械工学入門

機械を動かす醍醐味を知り、学びの基礎をつくる。

さまざまな機械の構造を理解し、それらを動かす醍醐味を知ることは、機械工学を学ぶ入口。ロボットや自動車関係の機器、エアホッケーの原理である静圧パッド等の製作実習を行います。

CAD実習

3DCADシステムを使ったコンピュータ上での設計、シミュレーションや解析、プロダクトサイクル管理等を体験。設計から製造までをつなぐ、一貫したシステムを実践的に学びます。

機械創成工学実習

少人数グループで、基礎的な力学を応用したモノづくりを体験。企画、設計・製図、部品の調達、製作までを行い、さらに1年の締めくくりとして作品のプレゼンテーションを実施します。

研究室紹介

エネルギーシステム研究室

熱の力が実現する、未来の冷房の姿。

お湯を沸かしたり部屋を暖めたり、くらしのあちこちで使われている熱エネルギー。実は、冷房にも利用できるのです。その活用例が、吸収式冷温水器という冷暖房装置。排熱やガスで運転できて環境にやさしいものの、装置が大きいことがデメリットとされてきました。それを克服するため、この研究室ではガス会社と共同で小型化・高性能化に向けた研究に挑戦中。研究室内には手づくりの装置が並び、学生たちが新たな発見を求めて計測に励んでいます。将来的には、工場から出る排熱で周囲のまちの冷房をまかなう、そんなエコ社会が実現するかもしれません。

精密計測研究室

モノづくりの根幹をなす「計測」の技術。

わたしたちの身近にある、スマホやテレビ等の精密機器。これらの加工精度を保っているのが「計測」の技術です。この研究室のテーマは、真直度(まっすぐさ)と真円度(まんまるさ)の測定。目標は、1m以上のものを0.1μm以下の精度で測定する装置の開発です。学生たちが製作する装置は進化し続け、現在は曲面の計測にまで展開中。将来的には、望遠鏡のミラー加工に応用して宇宙の解明につなげる等、科学への貢献が期待されています。「加工精度は、計測精度によって決定される」。この言葉を胸に、学生たちは限界を超える挑戦を続けています。

先輩の声

内定者Voice

機械工学科 4年

自動車への興味が研究、そして就職につながった。

自動車免許取得をきっかけに、自動車に強い興味を持つようになりました。それからは「工業力学」や「機械運動学」といった自動車にかかわる授業を積極的に受講。さまざまな話を聞くうちに「もっと知りたい」と思い始め、いまは自動車の心臓部であるエンジンについて研究を行っています。内容は、高度な燃焼解析を行えるようにディーゼルエンジンを製作・改造するというもの。自分自身で、パーツの設計から製造までチャレンジしています。解析をもとに燃焼効率を高め、燃費のよいエンジンを実現することが最終的な目標です。卒業後は、憧れの完成車メーカーに就職できることになりました。授業や研究で得た知識・技術を活かして、工場の設備設計やエンジンの開発、商品企画等にどんどん携わっていきたいです。

卒業生Voice

高度な学修環境で手にしたCADの技術が、仕事に活きている。

総合エンジニアリング企業で、工業製品を運ぶために使われる大型の機械設備を設計しています。在学中に学んだことで特に役立っているのは、CADの操作スキル。設計図のチェック等、業務の中で日常的にCADを使用しています。大学のソフトウエア学修環境は、現場と同じ、あるいはそれ以上だったと卒業後に改めて実感。構造力学や材料力学等、設備設計に不可欠な知識の基礎を身につけられたことにも感謝しています。

日鉄住金テックスエンジ株式会社 機械事業本部 エンジニアリング事業部

2013年 機械工学科 卒業
2015年 本学大学院 制御機械工学専攻 修了
[大阪府 大阪電気通信大学高校 出身]

さらに詳しく知りたい方はこちら!

ページの先頭へ