総合情報学部情報学科

学科WEBサイト

スマートフォンにソーシャルネットワーキング。新時代の情報技術を切り拓く。

日々進歩する情報学を学ぶために、2つのコースを設置。JABEEに認定された『コンピュータサイエンスコース』では、情報システムやネットワーク等を扱う情報処理のスペシャリストを育成。『デジタルメディアコース』では、CGやWeb等のデジタルコンテンツのデザインやマネジメントを学び、高度情報化社会で羽ばたく人材を育成します。

将来の活躍フィールド

最先端のコンピュータ分野へ

  • 組み込みシステムの開発
  • ソフトウエア開発
  • ITマネージャー
  • セールスエンジニア
学びの分野
組み込みシステム
セキュリティ通信
ICT・IoT
アプリケーション開発
ネットワーク

もっと知ろう!情報学科

3年次で卒業研究を実施

情報学科では、卒業研究を3年次に行います。全員が研究室に配属され、指導教員のきめ細かい指導のもと、納得がいくまでプログラムを書いたり、心ゆくまでモノづくりに励む等、これまでの勉強を活かして、応用、創意工夫を積み重ねながら、興味のある分野をさらに掘り下げていきます。

この卒業研究をやり遂げることで、実践力や社会性をしっかり身につけることができ、それを踏まえて自信をもって就職活動に臨むことができます。

学びのポイント

  • ポイント01

    1年次からの情報社会科目とITキャリア形成科目、3年次での卒業研究で、就職活動の前に社会や経済に関する知見と実践力を身につけます。

  • ポイント02

    スマートフォンやロボットを題材とした情報システムの先端技術を取り入れた科目から、情報処理技術者に不可欠な知識や技術を修得します。

  • ポイント03

    社会で活躍するための演習科目を多く配置。また企業と連携した演習科目もあり、実践力に磨きをかけます。

学びのステップ

4ステップの実学教育とは?

1年次情報学の基礎知識を身につける

「基礎専門科目」では数学・理科・情報の各分野における情報学の基礎を学び、その後の「専門科目」への準備をします。また、「総合科目」を通して、豊かな人格形成の基盤となる知識と教養を養い、社会人としての素養を身につけます。

つぎへ

2年次専門科目を通して必須知識を修得

情報社会・ソフトウエア科学・コンピュータ工学・情報システム・情報メディアの各分野について、さまざまな情報技術を身につけます。また、プレゼミとして全員が研究室に配属、卒業研究に必要な基礎を修得。ここで身につける情報技術は、ソフトウエア開発等において実践力の土台となる、必須のスキルです。

つぎへ

3年次興味に基づいて卒業研究を実施

全員が研究室に配属され、興味のある分野の具体的な課題を主体的に解決します。論文作成や研究発表を通し、文書作成やプレゼンテーション等ITキャリアに必要なスキルも培います。卒業研究をやり遂げることで、実践力や社会性をしっかりと身につけた上で、就職活動に臨めます。

つぎへ

4年次将来を見据えて学びを深める

卒業研究での経験を活かし、就職活動に臨みます。卒業研究で身につけた専門知識や自主性、成果を人に伝える力は、大きな強みとなるはずです。また、将来を見据えてさらに学びを深めるために講義を受講したり、大学院への進学をめざして研究を続けることも可能です。

就職

資格 取得できる資格
  • 高等学校教諭一種免許状(数学/情報)
  • 中学校教諭一種免許状(数学)
  • 技術士補(情報工学)
関連する資格
  • 応用情報技術者
  • 基本情報技術者
  • ITパスポート
  • シスコ技術者認定

カリキュラム

カリキュラム

画像拡大

学科内容

授業紹介

組み込みソフトウエア開発基礎演習

機械をコントロールするソフトウエアの開発に挑戦。

家電や自動車等、いまではあらゆる機器に内蔵されている組み込みソフトウエア。その開発に必須となる知識・技術を体験的に修得するため、マイコンのボードを用いて開発実習を行います。

GUIデザイン演習

コンピュータの操作には、情報を視覚的に表現するグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)が広く活用されています。この演習では、プログラミング演習を通してGUIの設計・デザインを学びます。

C++プログラミング実習

プログラミング初心者のための入門講座です。C++言語の使い方を習得し、小規模なプログラミングを行う力を身につけます。4人の担当教員のもと、少人数グループで演習を行うので、確実に基礎を固められます。

研究室紹介

ヒューマンインタフェース研究室

スマホを人にやさしく進化させる“1行キーボード”に挑む!

スマートフォンでメールを作成するとき、画面に文字入力のためのキーボードが現れますが、そのスペースの分だけ、もとの表示画面が見づらくなってしまいます。表示領域をなるべく変えずに、文字を入力することはできないだろうか?と、“1行キーボード”の開発に挑んでいるのが、この研究室。機械を通して人と人のコミュニケーションを支えたり、いろいろなことを簡単、便利にするのが「ヒューマンインタフェース」です。小さい頃に夢で描いたことや、SFで見たようなことが実現できるかもしれないという、おもしろさに満ちた研究を進めています。

組み込みリアルタイムシステム研究室

あらゆるものに組み込まれたコンピュータの世界。

駅の改札でピッとタッチするICカード。あの中には、実はコンピュータが入っています。他にも、スマホやゲーム機、デジカメ、家電、自動車等、わたしたちの身のまわりのあらゆるものにコンピュータが組み込まれています。コンピュータは、PCだけでなく、くらしのいろいろなところで役に立っているもの。この研究室では、長年三菱電機に勤務した教授の実績とネットワークを活かし、組み込みシステムを実践的に指導。在学中に、入社1年目の新人教育終了時と同等レベルの知識・技術の獲得をめざし、就職後に同期から一歩抜きん出て活躍できる人材を育成しています。

先輩の声

内定者Voice

メディアコンピュータシステム学科(現 情報学科) 4年

チームの力で、社会に役立つシステムをつくりたい。

プログラミングの力を伸ばしたいと思い、サッカーロボットの研究をしています。わたしたちがつくっているのは自律型ロボットといって、人が操作をしないタイプのもの。試合の勝敗には、プログラムの完成度が大きく影響します。自分の能力がわかりやすく反映される点が、おもしろいところですね。実際には、試合のシミュレーションを繰り返して問題点を分析し、プログラムを改良するという作業を行っています。わたしはこのようにソフトウエア面を担当しているのですが、チームにはロボット本体・ハードウエア担当の仲間もいます。よりよいモノをつくるため、みんなでの情報共有はとても大切にしています。卒業後も、論理的な思考とチーム力を活かして、社会を支えるシステムをつくっていきたいと考えています。

卒業生Voice

社会の基盤となる情報システムを構築する。

データベース構築チームのリーダーとして、国や地方公共団体で使われるシステムの開発に携わっています。システムを開発する上で大切なのが、お客さまの要望をしっかり理解し、実現できる範囲で最も適切な提案をすること。大学で学んだプログラミングを含む幅広い知識が、提案力のベースとなっているように感じます。今後はお客さまのことをもっと深く知り、より効果的なシステムを提案していきたいと考えています。

NTTデータ先端技術株式会社 Blue3事業部 開発担当

2011年 メディアコンピュータシステム学科(現 情報学科) 卒業
[大阪府 明星高校 出身]

さらに詳しく知りたい方はこちら!

ページの先頭へ

  • 公式Facebookページ
  • 公式twitter
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求

寝屋川キャンパス・駅前キャンパス

  • 工学部
  • 情報通信工学部
  • 金融経済学部
寝屋川キャンパス
〒572-8530 大阪府寝屋川市初町18-8
駅前キャンパス
〒572-0837 大阪府寝屋川市早子町12-16

詳しく見る

四條畷キャンパス

  • 医療福祉工学部
  • 総合情報学部

〒575-0063 大阪府四條畷市清滝1130-70

詳しく見る

公式Facebookページ

公式twitter