工学部電気電子工学科

学科WEBサイト

電気・電子技術の幅広いフィールドで活躍するエンジニアを育成。

わたしたちの生活は“電気”なくして成り立ちません。高速鉄道も携帯機器も、電気電子の技術によって実現されています。社会はいま、この分野で未来を切り拓いていく若い技術者・研究者をますます必要としています。

将来の活躍フィールド

デジタル家電などのエレクトロニクス分野へ

  • 電気設備
  • 運輸電力
  • 情報通信設備
  • ホームエレクトロニクスの開発
学びの分野
電子機器
電子デバイス
情報システム
電気制御
電気応用

もっと知ろう!電気電子工学科

先端企業による連携講座

「三菱電機株式会社」「日本電設工業株式会社」「株式会社きんでん」「古谷国際特許事務所」「関西電力株式会社」「ダイセン電子工業株式会社」の6社と連携して講座を開講。プロフェッショナルによる講義を通じて、環境・エネルギー、総合エンジニアリング、電気鉄道技術、特許・知的財産権、電気災害防止、計測・制御を学びます。さまざまな分野の話を聞くことで、電気電子技術の広い可能性を感じらられる講義です。

学びのポイント

  • ポイント01

    有力企業と協力した連携講座によって産業界で活躍できる技術者を育成し、即戦力となる人材を社会に送り出します。

  • ポイント02

    電気電子の専門分野をバランスよく学べるように工夫。カリキュラムに豊富な実験と演習を取り入れ、系統的に知識を身につけます。

  • ポイント03

    ハードウエア(製品)とソフトウエア(コンピュータ)の両方の専門知識を互いに関連づけ、複合的に理解できる学びを追求しています。

学びのステップ

4ステップの実学教育とは?

1年次4年間の学びの基礎を身につける

「電気電子工学入門」、「工学基礎実験」で、電気電子工学分野のイメージをつかむとともに、数学、物理、基礎電磁気学、電気回路、情報工学に関する基礎専門科目を通し、電気電子工学を学ぶための基礎学力を修得します。また、オフィスアワー等の講義外個別学習支援を実施しています。

つぎへ

2年次電気電子工学の基礎を学ぶ

「電気・電子回路」をベースに、「電子・光デバイス」「エネルギー・電気応用」「計測制御」「情報」の各専門分野の基礎知識を修得。多くの科目で演習を取り入れ、より具体的な事例で理解を深めます。また実験科目を通して、より実践的な能力や協調性・責任感、そして文章力・コミュニケーション能力も培います。

つぎへ

3年次大学の学びと実社会との関連を知る

応用領域に関する詳しい学修に加え、技術の社会的影響を理解し、正しく技術を使用する倫理観と責任感を身につけます。また企業連携講座やインターンシップにより、学びと実社会とのつながりをより具体的に体験し、社会人として必要な基礎能力も体得します。

つぎへ

4年次高度な技術・情報を獲得する習慣づけ

卒業研究でより専門を深めるとともに、新しい課題に取り組む方法を体得します。「環境と人にやさしいテクノロジー」を実現するという理念に基づき、調査、計画立案、計画実行・調整、報告等一連の作業を自ら進めることで、主体的により高度な技術や情報を獲得する習慣を身につけます。

就職

資格 取得できる資格
  • 高等学校教諭一種免許状(数学/工業/情報)
  • 中学校教諭一種免許状(数学)
試験科目の免除がある資格
  • 第二種電気工事士
取得をめざす資格
  • 電気主任技術者
  • 第一種電気工事士
  • シーケンス制御
  • 基本情報技術者

カリキュラム

カリキュラム

画像拡大

学科内容

授業紹介

電気電子工学創成演習

電子回路の設計・加工に挑戦し、モノづくりの楽しさに触れる。

CADで電子回路を設計し、プリント基板加工機を使って自分の思い通りの回路を製作します。入口となる設計から出口となる加工まで、一連の作業を通して、モノづくりの楽しさを体感します。

キャリア入門

自分のこと、大学のこと、社会のこと。さまざまなテーマについてグループディスカッションやプレゼンテーションを行いながら自分の将来のキャリアについて考え、具体的な行動を起こすための講義です。

電気回路演習

電気分野の基礎となる電気回路について、演習形式で繰り返し練習します。クォーター制に基づいた週2回授業とTA(ティーチングアシスタント)の丁寧な指導で、基礎力がしっかり身につきます。

研究室紹介

地中電磁波計測工学研究室

世界最小の地中アンテナで、地中探査に革命を起こす。

研究室の一角に並べられている細長いパイプのような装置。いずれも、学生たちが自分で設計・試作した地中用のアンテナです。この研究室では、独自の技術で地中の亀裂や断層、構造物を計測し、さらにその様子を3次元的な画像として再現することに成功。ある鉱山で行った実験では、岩盤に入った亀裂をはっきりと視覚化することができました。この測定技術を用いれば、地下構造物をつくる際に必ず開けられる60mmほどの穴の周囲で、深い地中の探査が可能になります。すでに特許を取得しており、メーカーでの製品開発も進行中。実用化に向けて期待が高まっています。

電力・エネルギー変換研究室

太陽光発電にひそむ、大停電の問題を解決する。

実は太陽光で発電した電気は、家の中でそのまま使うことができません。そこで「パワーエレクトロニクス機器」という装置を使い、直流を交流に変換する必要があるのです。この機器が落雷等で停止してしまう「瞬低(瞬時電圧低下)」と呼ばれる現象が、近年大きな問題になっています。これから先、世の中の多くの電気を太陽光に頼る時代がやってくるかもしれません。すると、瞬低が大停電を引き起こす可能性があるのです。そうした問題を防ぐことを目的に、この研究室では、電力系統の状態をリアルタイムでシミュレートするシステムを研究しています。

先輩の声

内定者Voice

電気電子工学科 4年

制御技術でガスタービンの運用を支えていきたい。

近頃、さまざまな場面で注目を集めている「ドローン」。わたしは屋内でドローンを自動制御し、目的地に誘導する研究を行っています。制御に使うのはC++という言語でつくられたプログラム。すでにドローンの研究をしていた先輩たちからプログラムを受け継ぎ、改良を進めています。最初はホバリングしかできなかったのですが、試行錯誤の末、ラインに沿って移動させることにも成功しました。変な方向に飛んでいったり、天井にひっかかったりと失敗の連続だったので、うまくいった時は本当にうれしかったですね。卒業後は、タービンのメンテナンスを行う会社に就職。スケールの大きさは比べものになりませんが、ドローン研究で得た制御の知識・技術を応用してタービンの運用を支えていきたいと考えています。

卒業生Voice

社会の生命線、「電気」を守る重大な仕事。

入社後、まずは現場で電気設備の点検・管理を担当。お客さまに電気を届ける仕事の大切さを身をもって知りました。その後、企業のお客さまを相手に太陽光発電の導入をサポートする等、電気のプロとして少しずつステップアップ。最近では、2016年4月の電力全面自由化にあたって、ルールや運用工程の取り決めにもかかわらせていただきました。今後は電気の知識・技術をさらに磨き、将来は国外のインフラ整備にも貢献していきたいと考えています。

関西電力株式会社 電力流通事業本部 送電サービスセンター

2009年 電子工学科(現 電気電子工学科) 卒業
2011年 本学大学院 電子通信工学専攻 修了
[和歌山県 紀北工業高校 出身]

さらに詳しく知りたい方はこちら!

ページの先頭へ