医療福祉工学部理学療法学科

学科WEBサイト

医学と工学の両面から理学療法を体得。高度医療を支えるプロへ。

人の動作機能を回復させ、社会復帰を促す理学療法士(PT)。医療技術や機器の高度化にともないPTに求められる知識・技能もハイレベルになっています。医学と工学の両分野に通じるスペシャリストをめざし、実践力と応用力を養います。

将来の活躍フィールド

リハビリ・福祉分野へ

  • 理学療法士
  • ケアマネージャー
  • 医療機関や福祉機関
  • 大学などの教育・研究機関
学びの分野
医療
福祉
リハビリ
スポーツ医科学
保健

資格合格実績

資格合格実績

もっと知ろう!理学療法学科

学科全体で、国家試験を徹底サポート!

理学療法士国家試験の合格に向けて、全力で学生を支援しています。国家試験対策は1年次からスタートし、普段の授業で試験内容を意識した指導が行われます。4年次になると特別講座を開講。理学療法士志望の学生がひとつの部屋で試験問題に取り組み、互いに教え合って全員での合格をめざします。その他、分野ごとの対策講座や学内模試も充実しており、高い国家資格合格率につながっています。 など多数

学びのポイント

  • ポイント01

    演習や実習の時間が豊富。個々の対象者(患者・利用者)に合わせた、より臨床的な技術を修得し、高い技能を持つ理学療法士を育成します。

  • ポイント02

    2年次から研究室に所属。先輩や担当教員との息の通った交流を通して、人間性を育み、人にやさしい理学療法士を育成します。

  • ポイント03

    早期から国家試験対策を開始。しっかりとした知識に裏づけられた医療を提供できる理学療法士を育成します。

学びのステップ

4ステップの実学教育とは?

1年次理学療法を学ぶための基礎を構築

語学・人文社会科学等の総合科目と、自然科学等の基礎専門科目の講義・実習を履修します。医学の基礎知識、工学の基礎知識・技術を身につけ、人に対して興味をもち、広く理解することを学びます。また、学外実習を通して、対象者の1日の流れを見学し、理学療法士の役割や他職種とのかかわりを理解します。

つぎへ

2年次理学療法の基礎知識を学ぶ

基礎知識や基本的技術を身につけます。学外実習では対象者を思いやる想像力、コミュニケーション能力を養います。またその実習成果発表の場で、自己の体験や考えを表現するプレゼンテーション能力を養います。さらに研究室に所属し、教員や先輩とのふれあいを通して、医療従事者としての態度や考えを培います。

つぎへ

3年次応用的・発展的な学びの実践

実践的な知識や技能を身につけます。対象者治療のための考えや技術を身につけ、学外臨床実習(検査・測定体験実習)を通して、体得した基本的技術を試行するとともに、対象者に関する情報の収集・分析能力を養います。また、研究活動を通して、問題解決までの手法を体験・理解します。

つぎへ

4年次学外臨床実習や卒業研究に挑戦

体得した知識・技術、培ってきたコミュニケーション能力を最大限に発揮し、実践的な理学療法能力を身につけます。3年間学んできた、工学的知識と理学療法に関する知識や技術を実践的に統合します。また研究活動を通し、問題解決までの手法を体験・理解し、その結果をまとめる能力を身につけます。

就職

資格 受験資格を取得できる資格
  • 理学療法士

カリキュラム

カリキュラム

画像拡大

学科内容

授業紹介

運動系理学療法学演習

体をつくる、骨や筋肉。その詳細な仕組みに迫る。

整形外科で扱われるスポーツ障害を対象とする専門科目。骨や筋肉、関節等の運動器疾患とその治療法を学びます。学生同士で体の動きを確認し合いながら演習を進めることで、人体への理解が深まります。

機能解剖学演習

機能解剖学は、骨や筋肉の働きを調べる学問。臨床医学をはじめとした専門基礎科目や理学療法専門科目の基礎となります。運動器の構造や機能に関する知識を修得し、実習を通じて応用力を身につけます。

臨床実習のためのOSCE

OSCE(オスキー)とは、臨床実習に参加する能力があるかどうかを見極めるための実技試験です。現場の理学療法士や大学院の学生等が対象者となり、臨床現場で必要となる総合的な能力をチェックします。

研究室紹介

臨床運動学研究室

重心の動き等を可視化し、人の動作を科学的に分析。

人が動作する時、その動きのおおもとになっている筋肉はどのような働きをしているのでしょうか。この研究室では、人体の動作にともなう重心の動きをリアルタイムにコンピュータ上に表示(専用のスーツを着た人の動作にともなう重心の変化がモニタに表れる)できる「床反力計」や「三次元動作解析装置」を組み合わせた装置で、人の動作を科学的に分析しています。不調を抱えた対象者から、プロスポーツ選手、世界的に有名なダンサーまで、さまざまな人の動きを分析し、動作の改善や健康機器・福祉機器等の開発に役立てています。

運動機能解析学研究室

人を支える「足」のことをより深く知るために。

人が歩行するとき、地面と接しているのは足。そこに何か問題があると、歩行への影響や足の痛み、“タコ”や“マメ”等が生じてしまいます。なぜこのような問題が起こるのでしょうか。実は、人が歩行する際の足部の動きには、解明されていないことが多いのです。この研究室では、足の機能や歩き方、そしてそれらが体に与える影響を研究し、歩行動作の改善等に役立てることをめざしています。足の裏にかかる圧を分析する等、さまざまな方法で足部の評価を行い、いかに結果を数値化し、指標として示すかという考察を通じて、科学的な思考力を養います。

先輩の声

内定者Voice

理学療法学科 4年

目標は「不可能」を「可能」にする理学療法士。 

3年次に研究を行い、座位ステッピング運動と体幹の関係を調査・実験しました。座位ステッピング運動とは、座った状態で足踏みをする運動です。実験では、体幹を使えるよい姿勢・体幹を使いにくい悪い姿勢で足踏みの回数を測定。その結果、よい姿勢の方が回数は多くなり、運動における体幹の重要性を確認できました。この知識は、将来リハビリに携わる際に活用したいと考えています。また4年次には、回復期の病院で臨床実習を体験。けがの症状が安定し、日常生活への復帰をめざす方々をサポートしました。就職先に選んだのも回復期の病院です。回復期でも、対象者の方々には「やりたくてもできない」ことがいろいろあります。そんな「不可能」を多様な観点で分析し、「可能」にしていくのがわたしの目標です。

卒業生Voice

病気・けがから日常生活に戻る手助けを。

病気やけがの回復段階にいる対象者の方々に対して、在宅復帰に向けたリハビリを行っています。対象者の方々によって施術内容はさまざま。歩行練習を中心に、退院後の生活を考え、家事等を想定したトレーニング等も実施しています。小さな前進を重ねて、最後に笑顔で退院されていく時には大きな喜びを感じますね。振り返ると、学科で先生・友人と学んだ4年間はとても充実した時間でした。当時身につけた知識や心構えは、いまでも仕事の支えになっています。

医療法人協和会 第二協立病院 理学療法士

2011年 理学療法学科 卒業
[兵庫県 兵庫高校 出身]

さらに詳しく知りたい方はこちら!

ページの先頭へ