適正な研究活動の推進について

公的研究費の適正な執行について

大阪電気通信大学では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)を受け、従来からの体制をより強化・整備し、学長のもと、諸規則にのっとり、適正な運用に努めております。

大阪電気通信大学における公的研究費不正使用防止に関する基本方針

公的研究費は国民の貴重な税金を原資として成り立っている。研究費の不正使用や研究遂行上の不正行為は、社会からの信頼に反する行為であり、大学においては公的研究費の適正な運営及び管理をすることが求められている。
これらの現状に鑑み、大阪電気通信大学は、公的研究費の不正使用防止に関する基本方針を次のとおり定める。

  1. 公的研究費の適正な運営・管理に関する責任体系を明確化し、学内外に周知・公表する。
  2. コンプライアンス教育を通じて関係者の意識の向上を図る。
  3. 事務処理手続きに関するルールや職務権限を明確化し、徹底して周知する。
  4. 不正を発生させる要因を把握し、具体的な不正防止計画を策定することで、実効性のある対策を実施する。
  5. 不正防止計画を踏まえ、適正な予算執行を行なうことができるよう、実効性のある体制を整備する。
  6. 公的研究費の使用のルール等が適切に情報共有・共有化される体制を整備する。
  7. 大学全体の視点からモニタリング及び監査制度を整備し、公的研究費の適正な管理を行う。
  8. 不正の告発等の取り扱い、調査及び処分に関する体制を整備する。

研究倫理の向上について

大阪電気通信大学では、文部科学省の「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日決定)を受け、体制を整備し、学長のもと、諸規則にのっとり、適切な研究活動への取り組みを進めております。

研究倫理教育の実施について

文部科学省の「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日決定)」を受け、大阪電気通信大学研究倫理向上推進委員会にて審議した結果、本学の研究倫理教育の一環として、独立行政法人日本学術振興会の「研究倫理eラーニングコース (e-Learning Course on Research Ethics[eL CoRE])」を導入することに決定いたしました。

不正な行為等への対応

万が一に、不正な行為と思われることが発生した場合も、通報窓口を設け、適切な対応と今後の未然防止に努める体制を整備しています(2007年2月17日付け)を受け、従来からの体制をより強化・整備し、学長のもと、諸規則にのっとり、適正な運用に努めております。

お問い合わせ窓口

研究に関する不正の告発受付窓口
(内部監査室)

〒572-8530
大阪府寝屋川市初町18番8号
[お問い合わせ時間] 月~金 9:00~17:00

TEL:072-824-1131(代)
FAX:072-820-4564

フォームでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ