各種制度(受託調査研究、共同研究、奨学寄附金)

受託調査研究

企業等からの委託を受けて本学大学教員が行う研究です。(契約書記載内容に応じて、研究成果を委託者へ報告します)

手続きの流れ

書類様式

共同研究

企業等と大学とが共同し、共通の課題について行う研究です。費用はお互い持ちより、同じ課題で取り組みます。

手続きの流れ

書類様式

奨学寄附金

学術研究や教育の充実のために、大学が受け入れる寄附金です。寄附金は税法上の優遇措置が受けられ、法人の場合は寄附金として全額が損金に算入できます。

【受配者指定寄付金制度の利用】

企業等法人からのご寄附に関しましては、法人税法の規定に基づき、寄附金全額を当該事業年度の損金に算入できます。

  • ※大学所定の奨学寄附金申込書のほか、日本私立学校振興・共済事業団あての寄付申込書が必要です。
  • ※当該事業年度の決算期に損金として処理を予定されている場合は、遅くとも決算日から起算して1か月前までに、本学へお振り込みいただくよう手続きをお願いいたします。

受配者指定寄付金制度について

手続きの流れ

書類様式

ページの先頭へ