基礎教育機構

人間科学研究センター、英語教育センター、数理科学研究センターの3センターが軸となり、人間形成に必要な幅広い教養を培う総合科目と高度な専門分野を学ぶ土台となる基礎専門科目を設置・開講し、学生の人間力の向上と基礎力、理解力を養っていきます。

人間科学教育研究センター

人間科学研究センター

大学教育の目的は、専門教育を学ぶだけでなく、幅広く深い教養を身につけ、総合的な判断力を培い、豊かな人間性を育むことにあります。後者の目的を達成するために、人間科学研究センターでは、社会学、法学、歴史学、文学、哲学、教育学、心理学、経済学、健康・スポーツ学など幅広い領域からなる総合科目を提供しています。その中から興味や関心に合わせて科目を選択・履修することが出来ます。学修を通して視野を広げ、世界や歴史のなかで自身や生き方を見つめ直したり、これから学ぶ専門の学修や研究が世界や社会とどのようにつながっているのかを考えることが出来る科目を設けています。

具体的な取り組み・特色のある授業

日本語上達法

幅広い意味での読解力、言葉の活用力は、物事を論理的に考え、表現し、他者や世界とコミュニケーションを取るために不可欠です。そういう意味において、それらは、我々の社会生活の基盤を支えるとともに、専門教育の基礎でもあります。理系の学生は受験科目で国語を選択していないことも多く、文章を読み、書き、自分の意思を伝えるということに苦手意識を持っている場合が少なくありません。大学に入ってからレポートを課されることが多くなる中で、読み書きへの苦手意識が学習のつまずきの原因になることも珍しくありません。そこでこの授業では、日本語の語彙や文法といった基礎を学ぶことから始め、実際に簡単なレポートを書く練習を通して、情報を自分の頭で論理的に考え、咀嚼して批判的に摂取、表現する力を習得することを目指しています。

現代社会を考える

文明が高度に発展し、グローバル化が進展し、様々な問題が多様化・複雑化する現代社会において、より高度な専門性と共に、より広い視野に立った見方、考え方が求められています。この科目では、総合科目を担当する複数の専任教員がオムニバス(リレー)形式で授業を行い、それぞれの専門領域あるいは関心を持つ事柄、学生にぜひ伝えたい問題を取り上げ、この科目を通じて現代社会についての多角的、総合的な理解を促すことを目的としています。

英語教育研究センター

英語教育研究センター

英語教育センターでは、習熟度別クラス編成のもとで、効果的に英語を学ぶ環境を提供しています。e-learning英語教材やリーディングシャワー等のプログラムを活用することで、英語が苦手な学生でも気軽に英語を学ぶことができます。また英語資格試験を受験する学生をサポートするために、資格試験コースを提供している科目もあります。

具体的な取り組み・特色のある授業

リーディングシャワー

英語が苦手な学生でも、英語を英語のまま読む体験ができる「リーディングシャワー」(英語多読)プログラムを実施しています。授業内外での取り組みはもちろんのこと、学生がいつでも気軽にこのプログラムを体験できるように、図書館には約12,000冊の英語多読書籍が所蔵されています。

英語スキルアップセミナー(寝屋川)/英語総合セミナー(四條畷)

この授業は、2、3、4年次配当の選択科目の一つです。演習室のICTを活用し、学生一人一人の習熟度や興味に合った教材を使って学習できるアクティブラーニング形式の授業です。e-learningや英語多読教材、人気の視聴覚教材、DSの学習ソフトなど多彩な教材が用意されています。この授業では、TOEIC(R)コースを特別に設けて指導を行ない、実際に資格試験で高得点を取得した学生には、学部長賞が授与されるなどのチャンスもあります。

EIGOP(えいごっぷ): English Improvement Globalization Office-Visiting Program
(グローバル人材育成のための英語教育プログラム)

学生の英語力向上とグローバルに活躍できる人材の育成を目指した英語教育プログラム「EIGOP(えいごっぷ)」を実施しています。英語教育センター所属のネイティブ教員が研究室を訪問し、英会話や国際会議でのプレゼンテーションのリハーサルなどの指導を行います。

数理科学教育研究センター

数理科学研究センター

数理科学研究センターでは、数学・物理系の基礎専門科目や科学技術と自然を繋ぐ総合科目,数学・理科の教職科目を,学科と連携して提供しています。高校までの学習歴や習熟度に応じたクラス分けを行い、数学が得意ではない学生や文系出身の学生でもしっかり基礎を固められます。 講義・演習・実験により、堅実な基礎学力を身につけることはもちろんのこと、物事を科学的に粘り強く考えることのできる能力も身につけます。

具体的な取り組み・特色のある授業

習熟度別の授業展開

高校での数学・物理の履修状況や習熟度に応じて、コースに分かれて理解度を高めます。高校から大学の専門教育へスムーズな接続をし、だれもが無理なくステップアップできるよう、きめ細やかにサポートします。

豊富な演習付き授業

実力を確実にものにするためには、多くの演習問題に取り組む必要があります。数学や物理学の各コースでは、習熟度に応じた豊富な演習問題に取り組み、専門科目での学びにつながる基礎学力を固めます。

物理学実験

現在のモノづくりには、自然の法則を理解しきちんと応用できる力が求められます。物理学実験では、講義や演習だけでは分からない、ほんものの現象を自分の手で観察・測定し自然法則に対する理解を深めます。同時に、測定装置の使い方やレポートの書き方など、エンジニアや研究者に求められる必須の技術を身につけます。

自然の認識と科学の方法

現代の高度な科学技術は、我々の生活をより豊かに便利にしてくれますが、同時に、環境破壊やエネルギー・資源の枯渇といった、人間に対する大きな問題も生み出します。生命や環境と科学技術との関係について理解を深めるための科目を開講しています。

ページの先頭へ