理事長挨拶

[理事長]成瀬 淳

「人間力」と「技術力」を
備えた人材育成を

社会のグローバル化やデジタル化の進展は、今世紀になって年々加速をしてきています。リーマンショックのような世界同時不況が連鎖的に瞬時にして起こってしまうように、まさに世界経済はグローバルに連動しており、その変化のスピードは速さを増してきています。情報通信技術の進展もめざましく、ハード技術とソフト技術の両面での進化により情報ネットワーク基盤も高度化し、IoTや人工知能やビッグデータ解析といった新たな技術領域がさらなる社会的変化を起こしつつあります。学園にあっては、まさにそういった社会の潮流を捉えた迅速な変革が求められる時代になってきています。

本学園は、戦後の高度成長期の初期である1941年に、当時の先端技術領域であった電子工学や通信工学といった電気通信技術の学校として発足し、1951年に高等学校を、1961年には大学を設立いたしました。高等学校のスタートは電子工業科でしたが、その後、普通科を加えてコース選択の幅を広げるとともに、現在では大阪電気通信大学の学びに直結したコースも備えています。また、大学においては工学部電子工学科を設立の後、1962年には同学部通信工学科を開設し、その後も領域を広げつつ、現在では5学部(工学部、情報通信工学部、医療福祉工学部、総合情報学部、金融経済学部)15学科、大学院3研究科8専攻からなる「技術系総合大学」に成長して参りました。

この間、学園の総力を挙げて「人間力と技術力を兼ね備えた人材の育成」をミッションとした「実学教育」に邁進し、高等学校で2万7千名、大学で5万名を超える卒業生を社会に送り出し、多くの同窓生の方々が社会のいろいろな場で幅広く活躍されていることは、本学園にとっての大きな誇りであります。
高大連携の強化をより進めるとともに、これからも社会インフラを支える電子・情報・通信技術に軸を置きつつ、着実な医療工学分野での教育やICTを強みにした新しい建築学科の構築、ゲーム領域の拡大を図るゲーム&メディア学科の立上げなど、これまで以上に社会の変化を捉えた実践的な教育を推進して参ります。とりわけ、大学では、「伸ばす大学」として一人ひとりの学生の主体的な学びを支援し、PBL(Project Based Learning)、インターンシップ、産学連携講座、キャリア教育、資格取得に積極的に取り組み、社会で主体的に活躍できる人材の育成に努めて参ります。

健全な社会形成に貢献できる人材の育成に向けて、教職員も共に学びあい、研鑽に励み、社会の皆様とともに未来に進んで参りたく、今後ともご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。