OECU 大阪電気通信大学

建築が変える未来

人間力+ICT 街を変える 住を変える 未来志向の建築学

街を変える

環境問題や安全・安心にふさわしい街づくりなど、今、世の中には多くの課題があります。
こうしたさまざまな問題を解決できるのが、建築の力です。
建築技術で社会がどう変わっていくのか、「安全・安心を支える技術」をキーワードに、
未来の社会を少しのぞいてみましょう。

今注目の免震・制振技術を活かせば古い建築物を後世に残し、日本もヨーロッパのような街並みに。

古い建物に免震・制振技術を活用

建築は、人々の安全や安心な暮らしに貢献するもの。地震の多い日本で、今、免震・制振技術が注目されています。これまでは、地震の揺れに対して構造物の強度を高める耐震技術が一般的でした。一方で、免震・制振技術は、いずれも従来のように「建物を強くする」発想ではなく、「地震のエネルギーを吸収する」という発想で、大規模な地震において威力を発揮します。近年、こうした免震・制振技術が、新築だけでなく、既存の建物にも導入できるようになってきました。
日本には、古くて価値ある建築物や、昔の木造・レンガづくりの美しい建物が数多くあります。一例としては大阪市の中央公会堂でも導入されており、古い建築物に活用することで、スクラップ&ビルドの世の中を変え、ヨーロッパのように古い建物を長く使い、美しい建築を後世に残すことができます。

建物が、末長く後世に残る魅力

このように安全・安心を支える建築技術は、実は街づくりにおいて、これからの日本の景観を変えていく可能性を秘めています。そのためにも建築のプロをめざすみなさんには、デザインはもちろん、私の専門である構造力学など建築の基本となる専門分野をしっかり学んでほしいと思います。その際、ヴァーチャルな世界だけでなく、実験や体験でリアリティを大切にしてください。そして、建築の魅力は、やはり自分がつくった建物が末長く後世に残ること。その面白さややりがいを大阪電気通信大学の建築学科でともに味わっていきましょう。

未来の住まいづくりはこのキーワードにも注目しよう!

人間力+ICT 街を変える 住を変える 未来志向の建築学

ページトップへ