OECU 大阪電気通信大学

建築が変える未来

人間力+ICT 街を変える 住を変える 未来志向の建築学

人間力+ICTで、人と技術をつなぐ力を。

グループワークや地域社会で磨いて欲しいのは知識や技術だけでない人間力。

交流と成長の場「アトリエ」

建築のプロになるためには、知識や技術で語られない部分、つまり「人間力」をどう磨くかが重要です。家を建てるには建築主、街づくりにはその地域の人々の想いやニーズを掘り起こす作業が大切で、コミュニケーション能力が重要な専門職といえます。そこで、大阪電気通信大学の建築学科では、独自の「アトリエ」を用意しています。ここは、ものづくりの場としてグループで情報交換や共同作業を行い、成果を発信することにより、教員や学生同士が交流・成長できる場をめざしています。

実技を学ぶ多目的製図室、
教員・学生の交流の場、
最新の建築学の発信エリアに。

建築学科では、設計実習時間はもちろん、入学時から使える多目的製図室(=アトリエ)を用意。「アトリエ」の小単位スタジオでは、教員、学生の密接なコミュニケーションはもちろん、学年を超えた継続的な交流も期待でき、学生のみなさんの作品成果などを発信するギャラリー的な機能としても使用される予定です。

地域で磨く、
課題解決力やプロデュース力

建築学科では、学生同士だけでなく、地域の人々と協働してプロジェクトに取り組むアクティブ・ラーニングも重視しています。学生や地域の人々との交流を通じて、自分の個性や強み、一方で課題や苦手分野に気づくことが成長につながります。ニーズに気づき、応える、建築のプロに必要なプロデュース力や課題解決力の養成にもつながっていくでしょう。こうした学修環境を活用して、人間力をベースに、本学の強みであるICTも駆使する建築のプロへと育ってくれることを期待しています。

実社会と大学を行き来しながら、
実践レベルの建築力を養う。

優れた建築にあふれた地の利を生かし、著名な建築物の見学をはじめ、1年次から地域社会で建築学を学びます。地域交流、災害対策、環境配慮をテーマに京都市内にある築120年を超える町家を拠点にした取り組みも実施し、実社会と大学を行き来しながら、建築の理論や技術を社会で通用するレベルに高めることができます。

建築業界の急速なICT化とBIMの活用により、建築のコミュニケーションが変わる。

現場の課題を解決するBIM

建築が、他の工業製品と大きく違うのは「単品受注生産品」であるということ。つまり、自動車や電気製品などと違って、「あれが欲しい」と思った時にそのモノが世の中に存在しません。設計初期の漠然としたイメージからカタチにしていくために必要なのがプロジェクトに関わる多くのプロの情報共有ですが、これが難しく、伝達のミスも多くありました。また、プロはまだしも、一般消費者にとっては自分の家を建てる時、完成形がイメージしにくい点も問題でした。こうしたこれまでの建築プロセスに関わるコミュニケーションの問題を解決するのが、今注目されているBIMです。

関係者間における建築情報の共有イメージ

製図からBIMまで段階的に学べる

大阪電気通信大学の建築学科では、建設業界で新たな潮流となるこのBIMを学ぶことができます。まずは製図からはじまり、2次元CADや3次元CAD、コンピュテーショナル・デザイン、BIMと、段階的にさまざまなソフトを使って修得していきます。建設業界は、ICT化が遅れている業界ですが、今後一気に加速していくのは間違いありません。小さい頃からICTのある環境で育った若い人々がどのようにBIMなどの先進技術を活用していくのか。教える私のほうが、みなさんの新しい発想や感性に期待しています。

3年次から「BIM実習」を用意。
将来建築業界において大きな強みになる。

BIMとは、コンピュータ上に、建てようとする建築物の立体モデルを再現するもの。この3次元の立体モデルに情報を付与し、企画、設計、施工、維持管理などのあらゆる情報を一元で管理できる「プラットフォーム」です。建築のプロジェクトに関わるすべての人がどこからでもリアルタイムに正確な建物の情報を共有できるようになります。ICTに実績のある本学は3年次に「BIM実習」を設けています。

人間力+ICT 街を変える 住を変える 未来志向の建築学

ページトップへ