変わる世界 変わるルールに ゆるがない力を。
すべての領域で、「情報学」が武器となる。
The future is now. 今、未来を選ぶとき。

OPEN CAMPUS

大阪電気通信大学教員によるミニ講義

建築・デザイン学部

高校生の保護者に向けた大学受験のお話

高校・予備校・塾教職員対象
進学説明会

先輩が入学を決めた理由

入試情報

学部・学科

ロボットからICT、ゲーム、医療まで多種多様な学び。
本当に進みたい学科を探しに行こう!

兵庫県・京都府の高校生必見!

たくさんの先輩が大阪電気通信大学に進学しています!

Instagramで最新情報を見る

電気電子工学科

関西電力株式会社 内定

電気電子工学科 4年野村 賢司さん

(大阪府 星翔高校 出身)

  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士
  • 消防設備士乙種第7類

どんな時でも、電気が使える安心感を届けたい

高校生の時に台風による停電を、迅速な対応で解決してくれた関西電力の技術者に憧れ、電気を深く学べるこの学科に入りました。電気電子工学実験では、電圧計や電流計、オシロスコープなどの測定装置の使い方や電気の仕組みについて学修。効率的にオゾンを生成する研究も電気への理解を深めてくれました。将来は、私もエンジニアとして、電気が当たり前に使える生活を、守り抜ける人になりたい!この目標に向かって挑戦し続けていきます。

電子機械工学科

株式会社SUBARU 内定

電子機械工学科 4年大津 響稀さん

(兵庫県 三田松聖高校 出身)

  • MOS Excel 2016

自動車の安全性も、楽しさも追求したい

電子と自動車、どちらにも興味を持っていたので、幅広く学べるこの学科への入学を決めました。研究ではプログラムを用いて図面の誤りを検知するシステムを開発したり、自動車部ではドライバーとして5時間耐久レースに出場したりするなど、かけがえのない経験を積むことができました。内定先のSUBARUでは、コンピュータでの解析業務に携わります。事故を事前に防ぐ技術を磨き上げ、軽量化を通してドライブの楽しさも伝えていきたいです。

機械工学科

JUKI株式会社 内定

機械工学科 4年大成 天さん

(大阪府 能勢高校 出身)
※現 豊中高等学校 能勢分校

  • 技術士第一次試験
  • 3次元CAD利用技術者試験1級
  • 機械設計技術者3級
  • MOS master 2016

アパレル業界全体を支える、機械設計者へ

機械創成工学実習を受け、機械設計者という自分のやりたい仕事が明確になりました。この授業では少人数でグループを組み、企画から設計、調達、製造までのプロセスを経験。チームで製作する楽しさや達成感を味わうことができました。卒業後は、JUKIの機械設計者として、工業用ミシンの設計に携わる予定です。まだまだ人の手が必要なアパレル業界を、全自動化ミシンの開発によって、より良く変えていきたい。それが、いまの私の夢です。

基礎理工学科

村田機械株式会社 内定

基礎理工学科 4年瀧口 貴大さん

※2024年4月より基礎理工学科 数理科学専攻へ

(兵庫県 西宮今津高校 出身)

製品の先にある“人”を思うエンジニアへ

開発職をめざしていたものの業界について迷っていた私は、数学や化学など、幅広く学べるこの学科に進学しました。ひとつの公式について実験しながら追求する授業では、具体化と抽象化を繰り返して思考する大切さを学修。その思考法は、誘電泳動現象を用いて生体試料を操作する装置の開発にも活きています。製品も、その先の人も想像しながら開発がしたい。そう考えて選んだのが村田機械です。目の前の問題からお客さまのことまで、深く考え抜ける開発者になりたいです。

環境科学科

ダイキン工業株式会社 内定

環境科学科※ 4年三枝 佑路さん

※2024年4月より基礎理工学科 環境化学専攻へ

(大阪府 都島工業高校 出身)

  • MOS Excel 2016

人と違う視点で、CO2排出量を実質0へ

小学生の頃から、新しい仕掛けを取り入れたロボットを製作することが好きで、高校生の時には世界大会にも出場しました。また、大学の異分野協働エンジニアリング・デザイン演習では、モグラの手に着目し、効率よく穴を掘るロボットを設計。「SDGs探求AWARDS 2021」で審査員特別賞に選んでいただきました。住環境工学実験や化学実験などの授業も自分の興味を広げてくれました。将来は、家電製品の設計に携わり、人とは違う視点でCO2の実質0に貢献したいです。

情報工学科

東芝インフラシステムズ株式会社 内定

情報工学科 4年新納 惇史さん

(大阪府 常翔啓光学園高校 出身)

事業の根幹を支える、セールスエンジニアへ

ICTについて深く学びたいと考え、情報工学科を選びました。文系出身の私でも基礎から学べる環境があり、C言語や画像処理の知識を楽しみながら身につけることができました。現在は赤外線センサと画像センサを活用した照明の自動制御について研究中。内定先では、セールスエンジニアとしてオフィスビル内の照明制御機器の企画や提案、プロジェクト管理に携わります。学んだ知識を活かし、お客さまの思いをひとつでも多く形にしていきたいです。

通信工学科

三菱電機ソフトウエア株式会社 内定

通信工学科 4年三木 美月さん

(大阪府 大阪成蹊女子高校 出身)

防衛システムの開発に携わり、国家の安全を守る

組み込みエンジニアをしていた親の影響で、私もエンジニアを志しました。プログラミング演習では、先生やSA、TAの丁寧な指導もあり、プログラムを組む楽しさと達成感を味わえました。研究では、より高度なセキュリティ技術の構築を試みています。内定先の企業では防衛分野における組み込みシステムの開発に取り組む予定。民間企業から官公庁まで、幅広いお客さまとかかわりながら、安全安心に貢献していきたいです。

医療科学科

ニプロ株式会社 内定

医療福祉工学科 4年村田 彩羽さん

※現 医療科学科

(大阪府 佐野高校 出身)

  • 臨床工学技士(国家資格)
  • 第2種ME技術者

命を支える人の、支えになりたい

高校生の時に親の病気で医療に関心を持ち、学外の病院見学に参加。そこで臨床工学技士という仕事を知り、専門的に学べるこの学科へ。模擬手術室での実習や、現場で働いている先生の話を聞く授業、医療機器を解体し仕組みを知る授業などを通して、知識を深めることができました。専門知識が増えるにつれ、医療機器の修理・保守を行う技術者になりたいと思うように。これからも知識と技術を磨き、働きやすい医療現場づくりに貢献したいです。

理学療法学科

一般社団法人 神戸在宅医療・介護推進財団
神戸リハビリテーション病院 内定

理学療法学科 4年友藤 伊吹さん

(兵庫県 育英高校 出身)

  • 理学療法士(国家資格)

神経系疾患の症状を緩和し、前向きになれるケアを

中学生の時、バスケットボール中の怪我で入院していた私に、ポジティブな言葉をかけて支えてくれた理学療法士に憧れを持ち、入学を決めました。授業で特に印象に残っているのは臨床実習です。脳卒中や脊髄損傷の患者さんのケアを経験させていただく中で、この方たちを支えたいという思いが強くなっていきました。将来の目標は、気持ちが前向きになれるサポートを通して、患者さんの心のよりどころになること。その未来へと一歩ずつ近づいていきたいです。

健康スポーツ科学科

株式会社ルネサンス 内定

健康スポーツ科学科 4年古山 歩香さん

(兵庫県 百合学院高校 出身)

スポーツによる達成感を、すべての人へ

身体の仕組みや動作を学びたい。それが私がこの学科を選んだ理由です。「スポーツ指導演習」では、年齢に応じた効果的な指導法を学びました。バスケットボール部では、主将としてメンバーと議論しながらメニューを考え、練習を重ねたことで達成感を得ることができました。幅広い年代の方とかかわりながらスポーツの魅力を届けたい。そう考えて選んだのが指導者の仕事です。一人ひとりと対話しながら指導を行うことで、多くの人に身体を動かす喜びを伝えていきたいです。

デジタルゲーム学科

株式会社トーセ 内定

デジタルゲーム学科 4年橘髙 稜さん

(大阪府 関西大倉高校 出身)

  • CGクリエイター検定 ベーシック
  • 色彩検定 2級

成功体験を届けるために、全力でゲームと向き合う

ゲームの専門学校に通いながらビジネス系の通信教育を受けていたのですが「ゲームを学術的に学びたい」と思い、編入を決意。ゲームの制作手法やシナリオ、コンセプトの考え方など、手を動かしながら、プレイヤーの心の動かし方を学びました。「成功体験を世界中に届ける」と心に決めて選んだのがトーセの企画職です。失敗から自主的な学びを得て、最後には誰でも成功を獲得できるのがゲームの魅力。その魅力を伝えるために、制作者側から全力でゲームと向き合う。そう心に決めています。

ゲーム&メディア学科

株式会社グラフィニカ 内定

ゲーム&メディア学科 4年坂口 直生さん

(京都府 花園高校 出身)

チームで作品を練り上げた経験が、大きな原動力に

高校生の頃から映像をつくっては、誰かに見てもらうことを繰り返してきました。大学でもノベルゲームのOP映像や、メタバース空間などの制作をする中で、チームでクライアントワークを行う授業であるプロジェクト実習を経験。周囲と対話を重ねながら作品をつくり上げる楽しさを実感し、めざす道が明確になりました。内定先では制作進行に携わる予定。自分の手で制作した経験を活かし、チームを最適な道へ導ける人になりたいです。

情報学科

島津メディカルシステムズ株式会社 内定

情報学科 4年山口 大明さん

(京都府 京都すばる高校 出身)

情報を駆使し、最先端の医療現場を守りたい

高校生の時にAIやIoTなどの技術の普及にはセキュリティが大きな役割を担うことを知り、この分野を学べる情報学科を志望しました。現在は、RS符号という情報の誤りを訂正するために必要な符号の訂正能力を高める研究をしています。情報で人を助けたい、そう思った時に出会ったのが内定先の企業です。多くの医療機器はネットワークでつながっておりメンテナンスには幅広い知識と技術が要求されます。学んだ知識を活かして医療現場を支えていきたいです。