YURA Yasuto
総合情報学部 ゲーム&メディア学科 教授
大学院 総合情報学研究科 デジタルアート・アニメーション学コース 教授
映像制作 / 映像表現教育 / メディアアート
映像作家

バイクは10代の頃からの趣味。時間ができると「ふらふらと徘徊しています」。京都在住なので、行き先は日本海方面が多いとか。岩ガキを食べに行くこともあるし、カニを積んで帰ることもあるそう。

映像表現や映像文化の可能性とは!? 
発信を通じて映像を取り巻く世界を元気に

料理やDIYのやり方をYouTubeで学び、気になった風景があればスマホで気軽に動画撮影。今や映像は、日常の一部として生活の中にあふれるようになりました。
由良研究室では映像を軸とした視覚表現や映像文化について研究し、映像文化の活性化につながる活動を行っています。

個人が低予算でつくる短編映像作品に注目 
国内外の映像作品が交流するイベントを主催

映像クリエイターとして長年活躍する由良教授は音響にも関心が高く、誰も聞いたことのない音づくりを目指して、音響デザイナー・故 大野松雄(2022年12月19日没。享年92歳)氏とのコラボレーションによる実験的な試みを行ってきました。

また、映像の面では個人が低予算でつくる短編映像作品に注目し、2013年から公募の映像上映展「VIDEO PARTY」を開催しています。小学生の作品や年配の人が若い頃に制作した作品などバラエティに富んでいるのが特色。さまざまな個性が一堂に会することで刺激を与え合うユニークな上映会になっています。

アジア各国やアメリカなどでも積極的に上映を実施。映像に触れる機会を増やし作品や人の交流を盛んにすることで、映像文化の活性化を目指しています。

東京・天王洲KIWAで行われた公開レコーディングの様子(2020年)
ヨーロピアンメディアアートフェスティバル(ドイツ)に出品した時の様子
海外で開催された「VIDEO PARTY」の様子
開催国は、A:中国深圳 B:台湾 C:アメリカ D:韓国

映像作品展開催や子ども向け実験動画制作 
社会と映像の接点に立ち会う豊富な体験

映像祭などイベントの魅力の一つは、その場の雰囲気を感じられることや、つくる人と観る人が互いに顔を見て交流できることにあります。特につくり手である学生にとっては、つくったものをいろんな人に観てもらうことで、いろんな気づきや刺激が得られる貴重なチャンスになります。

由良研究室では学生の企画によって映像作品展を開催。広報や運営の仕方も身につけながら、視聴者の反応を直接感じてもらえる場としています。

また、映像制作による社会貢献活動として、工学部環境科学科・齋藤安貴子教授が被災地ボランティアとして実施してきた子ども向け理科実験教室の活動を支援しています。由良ゼミの学生たちが、子どもたちが自宅で理科実験を楽しく安全に行うための配信用映像教材を作成しました。

学生が作成した理科実験の配信用映像教材

映像は世界共通のコミュニケーション言語に
日本の若い人たちの表現に大いに期待

高品質な機器やソフトが手に入りやすくなっていく映像制作の世界。誰でも気軽に映像を撮ることができる今。YouTubeなどのオンライン動画共有プラットフォームを通して、リアルタイムで異文化間のコミュニケーションや互いの理解が深まってゆくことが期待されます。
一方で、裾野が広がり個人の自由な発想・表現が磨かれていく映像界では、質の高まりが世界的に進行中。ものの見方、考え方の面で少し幼いとも言われる日本の若い世代が、今後どんな奥行きのある映像をみせてくれるのか、注目しています。

お問い合わせ

各種取材や研究に関することなど、お気軽にお問い合わせください