2017.06.02総合案内

女子バスケットボール部が大阪府民体育大会で優勝!

5月13日(土)~6月1日(木)の期間で開催された大阪府民体育大会・バスケットボール競技において、本学女子バスケットボール部が見事優勝を果たしました。

 

この大会は、大阪府下の実業団やクラブチームなど全てのカテゴリーを対象とした大会で、女子バスケットボール部は昨年準優勝をおさめており、今回はその記録を超える悲願の優勝となります。


6月1日(木)の決勝は、大阪中央体育館において予選1位の大阪社会体育専門学校との対戦。試合は出だし本学がリードするものの、相手のシュートがよく決まり前半終了間際に逆転されてしまうという展開。後半に入っても一進一退のままリードを5点に広げられましたが、最終ピリオドを迎え、プレッシャーを強めた本学ディフェンスを前に相手チームのシュートが落ち始め、残り2分で遂に逆転。その後は粘る相手チームを4点差でかわし、見事、初優勝という結果をおさめました。

▽キャプテン荒木ありすさん(医療福祉工学部健康スポーツ科学科3年)のコメント

「前半は途中で相手に流れを持っていかれ逆転されましたが、市谷先生の指示とベンチの声かけで粘り強くプレーを続けることができました。やはりコートとベンチが一体となって最後まで戦えたことが勝因だと思います」

 

▽市谷浩一郎監督(医療福祉工学部健康スポーツ科学科准教授)のコメント

「最高でも最低でも優勝!と挑んだ大会。やはり“準”を取るということは大変で、準決勝も決勝も負けてもおかしくない相手でしたが、選手がまとまりよく頑張ってくれました。ただ、内容的には満足していません。まだまだ強くなるチームなので、この結果に慢心せず、もう1ランク高いチームに仕上げて行きたいと思います。今大会、応援に来て頂いた保護者や教職員の皆様の声援に勇気を頂けました。心より感謝と御礼を申し上げます」

 

二人のコメントは、今大会を通じた確かな手応えと、次のステップへの新たな決意を感じさせるものでした。これからの女子バスケットボール部の活躍がますます期待できます。
 

▽決勝・結果
大阪電気通信大学(予選2位)  67{18-14,11-16,12-16,26-17}63 大阪社会体育専門学校(予選1位)
 

一覧へ戻る

ページの先頭へ