2016.06.06プレスリリース

『卵落としコンテスト』を開催します

A2のケント紙1枚、はさみ、ものさし、セロハンテープなどを使って緩衝器を製作し、生卵を校舎5階から割らずに落とす競技『卵落としコンテスト』を6月10日(金)に開催します。『卵落としコンテスト』はアメリカの授業でも行われている科学実験で、本学では工学部基礎理工学科の新入生歓迎行事として毎年行っており、今年は記念すべき10回目を迎えます。

 

本コンテストでは新入生が21チームに分かれ、それぞれが製作した装置を使って5階から生卵を落とし、生卵を割らずに、かつ目標に最も近い位置に落下させた作品を最優秀作品賞とします。また、卵が割れても、卓越したアイデアの作品にはアイデア賞、目標にぴったり着地した作品にはホールインワン賞、そして見事なプレゼンテーションを行ったチームにはプレゼン賞を授与します。

一覧へ戻る

ページの先頭へ