2017.07.12総合案内

「マイクロマウス2017関西地区大会」が開催されました

7月9日(日)、「マイクロマウス2017関西地区大会」が本学寝屋川キャンパスで開催されました。

 

マイクロマウス競技は、参加者自らが作った自立型ロボットが自律的に迷路を探索し、ゴールまで達する最短時間を競う競技です。

本大会は、マイクロマウス委員会関西支部が主催するもので、1980年より毎年開催されている「全日本マイクロマウス大会」の地区大会となります。

 

今年度は、マイクロマウスクラシック競技、マイクロマウスハーフサイズ競技、ロボトレース競技の3種目が行われ、また、マイクロマウスキット大会(※)として、「第3回Pi:Co杯」が実施されました。

 

本学の自由工房からは、クラシック競技に5体のマイクロマウスが参加し、長澤雄太さん(工学部電子機械工学科1年生)が3位入賞を収めました。第3回Pi:Co杯では、長澤さんが優勝、藤本創さん(工学部電子機械工学科3年生)が準優勝、神田智弘さん(工学部基礎理工学科2年生)が4位入賞を収めました。

また、会場運営への協力に対して、マイクロマウス委員会関西支部より感謝状を頂きました.

 

※マイクロマウスキット大会

ハードウェアとソフトウェアのトータルの技術を競う従来のマイクロマウス競技とは違い、共通ハードウェアのマイクロマウスキットだけを使用した、ソフトウェアだけの技術を競う競技会です。

株式会社アールティのマイクロマウスキット「Pi:Co」にちなんで「Pi:Co杯」として2015年度より開催されており、無改造の「Pi:Co」でクラシック競技にエントリーした中で、最高順位の「Pi:Co」が表彰されます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ