情報通信工学部情報工学科

2016.01.12

視覚情報学講演会 ~視覚メディア技術の最新動向~ を開講しました

1月8日(金)寝屋川キャンパス J号館にて、本学の情報学研究施設主催の『視覚情報学講演会 ~視覚メディア技術の最新動向~』を開講しました。

 

これは、視覚情報学研究の最前線で活躍する先生方をお招きし、学術講演会を開講するものです。今回は、視覚メディア技術の最新動向の事例をご紹介いただきました。講演会で実施したプログラムは以下の通りです。

 

【 視覚情報学講演会 ~視覚メディア技術の最新動向~ 】

◆開会の辞

来海暁(情報学研究施設 視覚情報学研究系 代表、情報通信工学部 情報工学科 教授)

◆「プロジェクタ応用工学を基にした複合現実感」

大阪大学 大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 准教授 岩井 大輔氏 

◆「光学系の高速制御による動的画像利用技術」

群馬大学 大学院理工学府 理工学専攻 准教授 奥 寛雅氏

◆「ヒトの色覚と色覚バリアフリーのための画像処理」

名古屋市立大学 大学院システム自然科学研究科 理学情報専攻 准教授 田中 豪氏

◆総合討論

◆閉会の辞

来海暁(情報学研究施設 視覚情報学研究系 代表、情報通信工学部 情報工学科 教授)

 

来海教授 開会の辞

 

 

大阪大学 岩井准教授による講義「プロジェクタ応用工学を基にした複合現実感」

 

一覧へ戻る