大学紹介

  1. HOME
  2. 大学紹介
  3. 教育・研究向上に向けての取り組み
  4. 取り組み2:教職員等による充実したサポート体制

取り組み2:
教職員等による充実したサポート体制

大阪電気通信大学では、在学生が4年間を通じて実社会で活用できる知識・技能を修得できるよう、教職員が一丸となってサポートできる体制をとっています。

実験補助員TA/SAによるサポート

実験や実習などに、実験補助員/TA(ティーチング・アシスタント)/SA(ステューデント・アシスタント)を配置し、学生の疑問・悩みにすぐに対応できるようしています。
 また、実験補助員にはこれまで社会の第一線で活躍してこられた企業熟練技術者を採用。教科書では学べない実験のポイントなど、その実習が「どう社会で役立つか」という観点からも指導を行うことで、実験への理解が効果的に進められるようにしています。

関連リンク

キャンパスライフ

ロボットづくりなどに挑戦できる「自由工房」やクラブ・サークル、イベントなど、大阪電通大では、授業やゼミ以外にも日々さまざまな活動が行われています。

クラブサークル紹介

施設・キャンパス

次世代テクノロジーへの学びが詰まった「寝屋川キャンパス」、医療・健康・スポーツ分野の「四條畷キャンパス」をご紹介します。

PAGE
TOP