大学紹介

  1. HOME
  2. 大学紹介
  3. 大学院 │ 教育基本3方針(ポリシー)

大学院 │ 教育基本3方針(ポリシー)

大阪電気通信大学大学院の3つのポリシー

本学は、大学全体の「ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)」、「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」および「アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)」の3つのポリシーを以下のとおり策定しています。

アドミッション・ポリシー(全学の入学者受入れ方針)

大阪電気通信大学大学院では、学士で培った研究に関する基礎能力を更に発展させるべく、工学・医療・総合情報の各研究分野 において、それぞれ志す専門分野の真理の探究に努め、未来社会の進展に貢献できる責任ある人材の輩出を目指します。

カリキュラム・ポリシー(全学の統一的教育方針)

大阪電気通信大学は、時代のニーズにマッチした確かな技術力と人間力を身につけ、社会で役立つ人材を育成・輩出することを 使命としています。本学の大学院では工学研究科、医療福祉工学研究科、総合情報学研究科の3つの研究科を設置しており、それ ぞれの研究科内の各専攻において、実践的な実学の教育研究体制を構築しています。すなわち、大学院でのカリキュラムや研究指 導では、各専攻における専門性を追求しながら、人間生活や地球環境に関わるより幅広い分野の科学技術に対する興味と理解を深 め、これからの社会や産業に貢献できる技術者としての人間力を養います。そのために、学修してきた知識や技能を応用しながら 着実に課題を解決していく「問題解決能力」に加えて、社会のニーズから自分の研究課題を見出すことができる「問題発掘能力」 を培っていきます。

ディプロマ・ポリシー(全学の統一的学位授与方針)

大阪電気通信大学は、時代のニーズにマッチした確かな技術力と人間力を身につけ、社会で役立つ人材を育成・輩出することを 使命としています。そのため、本学大学院の全研究科では、実践的な実学の技能として基盤となる次の3つの能力を修得している ことを共通の要件としています。 (1) 手が動かせること:学修した知識や技能を組み合わせて活用し、与えられた課題および自分で見出した課題に対して着手で きる能力。 (2) 絵が描けること:頭の中で考えているアイデアやイメージしていることを図式化して、ビジュアルな形として表現できる能 力。 (3) コミュニケーションができること:人の考えを理解し、自分の考えも適切に伝えることができ、協働作業の中で自分の役割 を果たしながら、主体的に課題解決に取り組んでいく能力。 さらに、これら3つの能力を総合的に応用して、これからの社会や産業の発展のために、グローバルな視野から新たな課題を発 掘して解決していく創造力を培い、技術者としての責任感や倫理観を身につけた者に対して、「修士(専攻分野)」の学位を授与し ます。 以上に加えて、より高度で幅広い課題にも取り組むことができ、リーダーとしても強い責任感をもって統率していく能力を有し ていると認められる者に対して、「博士(専攻分野)」の学位を授与します。

大学紹介

学生一人ひとりの興味・関心を大切にする独自の「4ステップの実学教育」をはじめ、本学の特長および、概要についてご紹介いたします。

4ステップの実学教育

キャンパスライフ

ロボットづくりなどに挑戦できる「自由工房」やクラブ・サークル、イベントなど、大阪電通大では、授業やゼミ以外にも日々さまざまな活動が行われています。

クラブサークル紹介

施設・キャンパス

次世代テクノロジーへの学びが詰まった「寝屋川キャンパス」、医療・健康・スポーツ分野の「四條畷キャンパス」をご紹介します。

PAGE
TOP