医務室・総合学生支援センター

医務室

医務室では、病気や怪我の応急処置・医療機関の案内・健康相談などを行っていますので気軽にご利用ください。

※一人暮らし(下宿)の学生は、緊急時に備え「保険証」を所持しておいてください。

寝屋川キャンパス医務室

場所 医務室開室 学校医来診
A号館1階 月曜日~金曜日
9:00~17:00
水曜日
12:10~13:00

四條畷キャンパス医務室

場所 医務室開室 学校医来診
1号館1階(1-104) 月曜日~金曜日
9:00~17:00
月曜日
12:30~13:30

総合学生支援センター

総合学生支援センター(GSSC: General Student Support Center)は2016年、障害学生を含めたすべての学生の学びを支援するために設置されました。GSSCは、学修・学生生活において学生の皆さんが直面する身体的、心理的な様々な課題について、個々の学生の立場に立ち、心理状態や認知行動特性のアセスメントなどの専門的な手法により適切な支援や相談を行っています。
なお、GSSCには、学生支援室、自立支援室の二つの支援室があります。

学生支援室

学生支援室では、全学生を対象として、学生生活上のさまざまな問題の相談にカウンセラーが対応します。本学の学生であれば、誰でも気軽に利用できます。
大学生活で出会うさまざまな問題や悩みについて、共に考え、学生自身が主体的に解決していくための援助を行うところが学生支援室です。

こんなときは気軽に相談してください。

  • 自分の生き方や将来について不安になった
  • 自分で物事が決められずあれこれ迷ってしまう
  • 友人関係がうまくいかない
  • 下宿や家庭での生活がどうもうまくいかない
  • 性に悩んでいる
  • 周囲の目が気になる
  • 気分が落ち込んだり、イライラしたりすることが多くなった
  • 授業について行けない
  • 悪徳商法にひっかかった

など

自立支援室

2016年度より施行された「障害者差別解消法」により、大学においては、障害のある学生に対して、障害による学修や大学生活上の困難について、適切な配慮を行う努力が義務づけられました。
本学においては、自立支援室を設け、障害により学修や学生生活において特別な困難をかかえている障害学生について、専門の教職員が相談・支援を行います。一人で抱え込まず、まずは気軽に相談してください。

※ここでの障害のある学生とは、本学の学生であって、身体障害(視覚障害、聴覚障害、肢体障害、内部障害)、精神障害、発達障害およびその他の心身の機能の障害のある学生をさします。障害については、医師の診断書や身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳などの手帳取得の有無などは問いません。

障がい学生の自立的学修支援に対するガイドライン

このガイドラインは、障がいのある学生が学修上で差別を受けることなく、自立して就学できる学びの場を提供していくために、全学の指針として定めています。

  1. 本ガイドラインで対象とする障がいのある学生とは、本学に在籍する学部学生、大学院生、留学生および科目履修生等であって、本学において学修を進める上で、障がいにより特別な困難がある学生を指します。
  2. 本ガイドラインで対象とする障がいとは、身体障がい(視覚・聴覚・肢体・内部障がい等)、精神障がい、発達障がいおよびその他の心身の機能における障がいを指します。
  3. 本学では、前項のような障がいのある学生が何ら差別を受けることなく自立的な学修を進め、充実した学生生活を享受できるように、特別な支援を必要とするそれぞれの学生に対して、可能な限り必要な合理的配慮を行います。
  4. 障がいのある学生に対する支援の相談窓口として、総合学生支援センターの中に自立支援室を設置し、コーディネータが室長を務めています。
  5. 本学に入学を希望する者で、入学後に特別の支援を必要とすることが予想される場合については、可能な合理的配慮について事前に協議することによって、必要な支援を円滑に提供します。
  6. 支援を必要とする学生一人ひとりに対する個別の合理的配慮に基づく支援については、当該学生とその保護者並びにコーディネータ、カウンセラー、学科の教員、その他関連の教職員によって適切な内容を協議した上で実施します。
  7. 本学では、障がいのある学生に対する差別の防止並びに自立支援や合理的配慮に関し、全ての教職員および学生に対して理解を深める努力を継続します。

大阪電気通信大学での支援内容

大阪電気通信大学における障がいのある学生への支援内容は、以下の通りです。

現在、大阪電気通信大学において実施されている支援(例)

  • 板書等の撮影許可
  • 座席位置の配慮
  • 講義の録音許可
  • 補助器具の使用
    例:PCテイク・ルーペの使用・iPad利用による拡大表示・方眼紙の色の工夫・教科書のシート化・実験時の手順、器具使用の構造化・製図用紙の大きさの選択・スマートフォン等によるスケジュール管理・ジャバラファイルによる配布物の管理・その他
  • 障がいの特性を把握した具体的な指示やグループワーク参加への促し
  • 休憩場所の確保
  • レポート作成支援
  • 履修登録に関する支援
  • 就職活動等のキャリア支援
  • 学期中間・期末試験等における支援(例:試験用紙の拡大等)
  • 修学、学生生活での日々見守り支援 等

上記以外で必要な支援については、その都度ご相談いただき支援方法を決定しております。

個別支援計画の検討・作成および周知

学生からの支援要請に基づき、大学内で実施できる支援について検討しています。
合理的配慮に基づく範囲内で本人のニーズに応じた配慮願出書・支援計画を作成しています。
作成した「配慮願出書」は、学生が履修している科目の教員全員に周知しています。
年に2回、総合学生支援センター主催で、学内全体におけるケースカンファレンスを行っています。
参加者は、全学科・全学共通教育機構・実験センター・学務部・医務室・入試部・就職部の各代表者です。

環境作り 啓発活動

適切な環境づくり、学内教職員に対する障がいのある学⽣への理解と啓発活動をケースカンファレンスやFD+SD活動を通じて行っております。

総合学生支援センターの場所・開室時間

寝屋川キャンパス

場所 受付・総合学生支援センター開室 予約受付TEL
総合学生支援センター受付・
リラックスルーム
J号館6階(J606)
月曜日~金曜日
9:00~17:00
072-820-9052(直通)
総合学生支援センター
(カウンセラー在室)(J607)
月曜日~金曜日
11:00~17:00
072-820-9052(直通)
総合学生支援センター
(自立支援コーディネーター在室)(J607)
月曜日・火曜日 072-820-9052(直通)

四條畷キャンパス

場所 受付・総合学生支援センター開室 予約受付TEL
総合学生支援センター受付・
リラックスルーム
1号館1階(1-105)
月曜日~金曜日
9:00~17:00
072-876-3317(内線5025)
総合学生支援センター
(カウンセラー在室)(1-103)
月曜日~金曜日
11:00~17:00
072-876-3317(内線5025)
総合学生支援センター
(自立支援コーディネーター在室)(1-102C)
水曜日・金曜日 072-876-3317(内線5025)

相談・支援についての問合せ・申込方法

学生支援および自立支援についてのお問合せ・相談のお申込みは、上記の総合学生支援センター受付へ直接お越しいただくか、電話で予約をしてください。

個人情報の取扱いについて

ご相談いただきました内容につきましては、本学のプライバシーポリシー「大阪電気通信大学学生の個人情報保護に関する規則」に従い、厳重に管理されますので、ご安心してご相談ください。

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求