適正な研究活動の推進について

適正な研究活動について

大阪電気通信大学では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・ 監査のガイドライン(実施基準)」(2021年2月18日改正)、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)を受け、従来からの体制をより強化・整備し、学長のもと、諸規則にのっとり、適正な運用に努めております。

研究活動不正防止基本方針

研究費の不正使用や研究遂行上の不正行為は、社会からの信頼に反する行為であり、大学においては研究費の適正な運営・管理及び研究活動の公正性の確保をすることが求められている。これらの現状に鑑み、大阪電気通信大学は、研究活動不正防止に関する基本方針を次のとおり定める。

  1. 研究活動不正防止に関する責任体系を明確化し、学内外に周知・公表する。
  2. コンプライアンス教育及び研究倫理教育を通じて関係者の意識の向上を図る。
  3. 事務処理手続きに関するルールや職務権限を明確化し、徹底して周知する。
  4. 不正を発生させる要因を把握し、具体的な不正防止計画を策定することで、実効性のある対策を実施する。
  5. 不正防止計画を踏まえ、適正な予算執行を行なうことができるよう、実効性のある体制を整備する。
  6. 研究費の使用のルール等が適切に情報共有・共有化される体制を整備する。
  7. 大学全体の視点からモニタリングおよび監査制度を整備し、研究費の適正な管理を行う。
  8. 不正の告発等の取り扱い、調査および処分に関する体制を整備する。

研究活動不正防止計画

「大阪電気通信大学研究活動不正防止基本方針」及び大阪電気通信大学における適正な研究費の使用推進等に関する規程第5条並びに大阪電気通信大学における公正な研究活動の推進等に関する規程第4条に基づき、大阪電気通信大学研究活動不正防止計画を定める。

運営・管理体制

  1. 最高管理責任者:本学を統括し、公的研究費の管理・運営について最終責任を負う。
  2. 統括管理責任者:最高管理責任者を補佐し、研究費の運営・管理について本学全体を統括する。
  3. コンプライアンス推進責任者:自己の管理監督又は指導する部局等における研究費の運営・管理について責任と権限を持つ。
  4. コンプライアンス推進副責任者:コンプライアンス推進責任者のもと、日常的に公的研究費の運営・管理を行う。
  5. 研究倫理責任者:自己の管理監督又は指導する部局等における研究倫理教育を推進し、研究倫理の涵養を図る。
  6. 研究倫理副責任者:研究倫理責任者を補佐し、研究倫理教育の日常的な管理、監督を行う。

関連規則
大阪電気通信大学研究活動規則
大阪電気通信大学における適正な研究費の使用推進等に関する規程

大阪電気通信大学の研究費不正使用防止に関する責任体系図

大阪電気通信大学の研究活動不正行為防止に関する責任体系図

公的研究費の執行手引き

公的研究費の執行にあたっては、国費を財源とすることから、経済性・効率性、有効性・合規性、正確性に十分留意しつつその説明責任を果たせるような適切な処理を行うことが求められています。適正かつ効率的に研究費を使用するとともに研究活動の公正性を確保するために必ず公的研究費執行の手引を確認ください。

※ガルーン内にもデータ(PDF)があります。

会計課作成の予算執行手引書を合わせてご確認ください。
※ガルーン内にもデータ(PDF)があります。

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求