学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 工学研究科
工学研究科

大学院

工学研究科

工学専攻

工学の知識を応用し、
これからの地域社会を
リードする

学部で見つけた工学分野への関心を本格的に深めたい、という人のために幅広い科目を用意。個人のテーマを追究し、最先端の研究に携わっていくことができます。また、特待生制度等、充実のサポートも本研究科の特徴です。

工学研究科

学びのポイント

  • POINT 1

    工学分野の各コースから
    多くの博士を輩出

  • POINT 2

    産学協同のユニークな
    制度連携大学院方式を採用

  • POINT 3

    最先端研究に対応できる
    高度研究機関をフル活用

コース紹介

先端理工学コース
総合電子工学、物質化学、基礎科学、数理解析の4分野で構成。現象数理学や地球物理学、ナノ工学、ケミカルテクノロジー等の専門知識を幅広く養うことができます。
電子通信工学コース
光・電子デバイス工学、光・マイクロ波工学、通信・ネットワーク工学の3分野で構成。5G・6G等、高度な情報通信社会で力を発揮できる人材を育成します。
制御機械工学コース
計測制御工学、機械・加工学、エネルギー・環境工学の3分野で構成。メカトロニクスや環境に関する高度な研究・開発能力を有する人材の育成をめざします。
情報工学コース
情報基礎学、情報処理学、生産管理工学、計算機基礎学、視覚情報学の5分野で構成。画像解析や言語処理等の知識を持つコンピュータスペシャリストを輩出していきます。

2022年4月新設

建築学コース
計画設計・史論、構造力学、情報生産環境の3分野で構成。安全・安心・快適に生活ができ、かつ、持続可能な社会基盤の整備を建築の分野から支えられる人材を輩出します。

内定者インタビュー

安部 尚晃さん

コロナ禍を経て実感した、
つながることの重要性。
リアルな通信を模索し、
豊かな社会をつくりだす

資格

第一級陸上特殊無線技士

西日本電信電話株式会社 内定

安部 尚晃 さん

工学研究科 工学専攻 電子通信工学コース 2年

京都府 山城高校 出身

光ファイバのセンサ応用をテーマに、ファイバが発する光を液体に当て、屈折率を観測できるデバイスを研究しています。液体のアルコール度数や糖度を遠隔・多点的に計測できるこの技術は、日本ではまだあまり研究されていない題材。実現すれば食品衛生・品質管理のコスト削減や水の濁度計測による災害時の水位上昇予測等に役立つと考えています。これまで得てきた研究経験をどう活かしていこう。そう考え始めた矢先、コロナ禍に直面しました。ネット配信やオンライン通話等、通信技術の重要性を身をもって再確認したことで、通信技術の発展に貢献したいと思うようになり、NTT西日本の研究開発職の道へと進むことを決めました。視覚・聴覚による通信に触覚や振動を加える等、技術開発によって通信の可能性を広げていくことがわたしの目標。それによって人の交流やエンタメ産業の振興、遠隔医療発展、地方創生等を叶え、距離を超えて人同士がつながれる、豊かなくらしを実現していきたいです。

資格

第一級陸上特殊無線技士

大学院

高度な研究を通じて、
想像以上の学びと出会う

卒業後の進路は、就職だけではありません。大学院に進学し、博士前期課程、
さらに博士後期課程で学問の世界を、さらに追求するという道もあります。
大学院では、工学研究科、医療福祉工学研究科、総合情報学研究科の3つの研究科を設置し、
実践的な教育研究体制を構築しています。
「答えを導く力」だけでなく「問いを立てる力」も修得。
学内外の知見に数多く触れる学びの先に、想像を超えた世界が広がっています。

  • Point.1

    好きなだけ研究や
    実験がしたい

    大学院は、大学の延長ではありません。実践的に専門分野や技術を追求する環境です。先生と学生という立場から、同じテーマに向き合う同志として研究を進めていくことができます。

  • Point.2

    専門性を活かせる
    仕事がしたい

    大学院へ進んだ数多くの学生が、強みを活かせる場所で働いています。中には日本を代表する大企業で活躍する学生も。自分の好きを自信にして、チャンスをつかんでいます。

  • Point.3

    より刺激的に
    学びたい

    国内外の学会で発表する機会があり、学外の先生や学生と交流するチャンスも豊富です。想像もしていなかったような刺激的な学びが、みなさんを待っています。

  • Point.4

    社会から求められる
    人になりたい

    大学院で身につけられるのは専門知識だけではありません。主体的に研究を進めることで、問題解決力やプロジェクト推進力等、社会で活躍するために必要な力を養うこともできます。

  • Point.5

    キャリアを
    高めたい

    企業の中には修士号を管理職の条件とする場合があります。また院卒の生涯年収は学部卒より高くなるというデータも。大学院への進学はよりよいキャリアを描くための近道になります。

安心して研究に打ち込めるサポート体制

研究に没頭して専門性を高めてもらいたい。そのために大学院でも幅広いサポートを行っています。たとえば、博士前期課程および後期課程学生への研究費の補助や、国内・国際会議へ参加するための交通費・滞在費を補助する制度を設けています。さらに学部学生が行う実験・演習等の教育補助業務に対して手当を支給するTA(ティーチングアシスタント)制度や奨学金制度も制定。学費負担を軽減するための環境を整えています。

  • 研究費の補助
  • 奨学金制度
  • 交通費・滞在費の補助
  • 学費負担の軽減
  • TA制度

医療福祉工学研究科

医療機器、高度医療技術の限界に挑む、
医療・福祉・工学のプロフェッショナルへ

医療機器に関する専門知識・高度医療技術を有し、医療情報の管理が行える、人間性豊かな人材がいまの時代には必要不可欠です。生命維持から日常生活の支援まで幅広い分野の知識を教授し、医療福祉工学のスペシャリストを育成します。

総合情報学研究科

第一線で活躍するクリエイター・技術者とともに情報を使いこなす技術力を身につける

産学官連携の拠点である「先端マルチメディア合同研究所(JIAMS)」を軸に、実践的な研究活動を繰り広げています。あらゆる場面で情報をどう使いこなすかが問われる時代に必要な力を、さらに身につけていきます。

キャンパスライフ

ロボットづくりなどに挑戦できる「自由工房」やクラブ・サークル、イベントなど、大阪電通大では、授業やゼミ以外にも日々さまざまな活動が行われています。

クラブサークル紹介

施設・キャンパス

次世代テクノロジーへの学びが詰まった「寝屋川キャンパス」、医療・健康・スポーツ分野の「四條畷キャンパス」をご紹介します。

PAGE
TOP