高等教育の修学支援新制度について

2019年9月20日付で本学が「大学等における修学の支援に関する法律」に基づく修学支援新制度(いわゆる高等教育の無償化制度)の対象大学となったことが文部科学省より公表されました。

本制度は、真に支援が必要な低所得者世帯の者に対し、社会で自立し、及び活躍することができる豊かな人間性を備えた創造的な人材を育成するために必要な質の高い教育を実施する大学等における修学の支援をおこなうもので、本学を含めて対象となった大学に2020年度に在学する学生が支援対象となります。

この修学支援新制度の概要及び支援対象となる学生の認定要件等につきましては、このページに情報を掲載いたしますので、ご確認ください。

授業料等減免の申請について

修学支援新制度は、給付型奨学金の支給、授業料・入学金の免除または減額(授業料等減免)の2つの支援により、大学で安心して学んでいただく制度です。給付型奨学金に申し込み採用された場合、奨学金の給付に加え授業料の減免も受けることができます。ただし、この修学支援新制度では給付型奨学金と授業料等減免の対象者の要件は一致しているものの、授業料等減免の申請を別途行う必要があります。

授業料等減免の申請は、給付奨学金の申し込みと同時期に、「大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書」(以下「授業料等減免申請書」)を学務課・四條畷学務課に提出いただきます。

「授業料等減免申請書」下記様式をプリントアウトしてご記入ください。

授業料等減免申請書 ※裏表両面印刷要(モノクロ可) 授業料等減免申請書(記入例)

  • 新規の申請受付は春と秋の年2回ございます。
  • 2020年春の新規申請受付は終了いたしました。
  • 2020年春に新規申請をされ、すでに修学支援制度の対象になっている方(給付奨学金および授業料等減免を受けられている方)は、改めての申請は不要です。
  • 2020年秋の新規申請が始まりました。まず給付奨学金の申請を行っていただきます。

【申請書類請求方法】
在学生(学部生のみ)に配信済みのマイポータルお知らせに掲載の入力フォームより、申請(検討)希望であることを入力し、申請書類一式を受け取ります(郵送、窓口受取)。申請書類に記載の内容を十分ご確認の上、申請手続きを進めてください。

【申請書類請求(フォーム入力)期限】
2020年9月18日(金)16時まで

【申請書類提出期限】
2020年10月2日(金)
※期限が過ぎた場合は、来年度の4月まで新規申込ができませんのでご注意ください。

【減免申請書の提出】
給付奨学金に申請する際は、別途、減免申請書を記入の上、学務課・四條畷学務課の授業料減免担当までご提出ください。
(提出期限:10月2日(金))

給付型奨学金について

給付型奨学金を含む奨学金についての詳細はこちら

家計急変による申請について

予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば修学支援新制度の支援対象となります。(学力基準、家計基準あり) 年間を通じて随時、申込みを受け付けます。ただし、家計急変の事由が発生したときから3か月以内に申し込む必要があります。

※ すでに大学等に在学している人が対象です。

家計急変による給付型奨学金についての詳細はこちら

ご参考情報

支援措置の対象となる学生等の認定要件について

詳細を見る

高等教育の修学支援新制度の概要

詳細を見る

文部科学省確認大学公表ページ

詳細を見る

文部科学省「高等教育の修学支援新制度」特設サイト

詳細を見る

修学支援新制度 パンフレット

詳細を見る

日本学生支援機構(JASSO)「進学資金シミュレーター」

世帯の年収等を答えることで、給付奨学金を受けることができるかを詳細に知ることができます。

詳細を見る

日本学生支援機構(JASSO)奨学金相談センター
電話:0570-666-301(月~金 9時~20時)

※土日祝日、年末年始を除く

※通話料がかかります

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求