硬式野球部

チーム全体が一丸となってリーグ優勝、全国大会出場に向けて頑張っています。
目標:阪神大学野球連盟1部リーグ昇格・優勝、
全日本大学野球選手権大会出場

トピックス

元日本代表選手の江草仁貴氏が投手総合コーチに就任!

「今まで、指導者という存在が自分の可能性を大きく伸ばしてくれたように、学生一人ひとりに合った指導を心がけ、全力で育成に取り組んでいきます。」

元プロ野球選手の江草仁貴氏が投手総合コーチに就任!

「今まで、指導者という存在が自分の可能性を大きく伸ばしてくれたように、学生一人ひとりに合った指導を心がけ、全力で育成に取り組んでいきます。」

1980年
広島県福山市生まれ
1999年
盈進高等学校から専修大学へ入学
2002年
阪神タイガースに入団し、中継ぎ投手として活躍
2011年
埼玉西武ライオンズへ移籍
2012年
広島東洋カープへ移籍し、2017年9月現役引退を表明
2018年
大阪電気通信大学硬式野球部コーチに就任

元日本代表選手の横山憲一氏が野手総合コーチに就任!

1981年
大阪府寝屋川市生まれ。
2000年
大阪学院大学高等学校から甲南大学へ入学
2004年
三菱重工神戸硬式野球部に入部
2006年
第15回アジア競技大会準優勝
2007年
第37回IBAFワールドカップでは3位
2009年
日本で開催されたアジア野球選手権大会では優勝を収める
2010年
第16回アジア競技大会、2011年の第39回IBAFワールドカップでは主将としてチームを牽引。2012年9月からはコーチを兼任。
2014年
現役引退
2019年
大阪電気通信大学硬式野球部コーチに就任

部紹介

部長 金田 啓稔 監督 鈴木 佑亮
コーチ 江草 仁貴、横山 憲一、村上 元謙 主将 舩川 僚大
モットー 「感謝」と「自律」
所属連盟 阪神大学野球連盟 ランク 2部東リーグ
部員数 63名
主な活動場所 四條畷キャンパス第1グラウンド

一週間の活動日(通常期)

曜日

※学休期、リーグ戦期間中は不定休

部員紹介

← 左右にスクロールできます →

守備 氏名 学部 学科 学年 投・打 身長 体重 出身校
投手 大倉 脩典 医療福祉工 健康スポーツ科 4 右・右 180 92 太成学院大高
投手 岡村 亮汰 医療福祉工 健康スポーツ科 4 左・左 180 71 北かわち皐が丘
投手 川西 教平 医療福祉工 健康スポーツ科 4 左・左 180 66 興國
投手 窪崎 彪 医療福祉工 健康スポーツ科 4 左・左 173 69 太成学院大高
投手 山本 毅 基礎理工 4 右・右 170 73 太成学院大高
投手 正田 拓海 医療福祉工 健康スポーツ科 3 左・左 166 65 塔南
投手 宮前 絢斗 医療福祉工 健康スポーツ科 3 左・左 177 68 啓新
投手 籔内 晶栄 医療福祉工 健康スポーツ科 3 右・左 174 76 添上
投手 髙坂 輝 医療福祉工 健康スポーツ科 2 左・左 170 68 鶴岡東
投手 国分寺 莉央 医療福祉工 理学療法 2 右・右 176 77 三田松聖
投手平本 太一医療福祉工理学療法2右・右18272日新
投手松川 雅希医療福祉工理学療法2右・右17868鳥取城北
投手皆本 颯佑情報通信工通信工2左・左16957三田西陵
投手内野 太陽医療福祉工健康スポーツ科1左・左18077東大阪大柏原
投手北浦 星河医療福祉工健康スポーツ科1右・右16864かわち野
投手小林 守明医療福祉工健康スポーツ科1右・右17880東大阪大柏原
投手福富 勝人医療福祉工健康スポーツ科1右・右17585桜塚
投手山村 俊介医療福祉工健康スポーツ科1右・右18081星翔
捕手小野 宏輝医療福祉工健康スポーツ科3右・右17878福井工大福井
捕手村田 旭医療福祉工健康スポーツ科2右・右17477北かわち皐が丘
捕手吉田 航平情報通信工情報工2右・右177103太成学院大高
捕手中角 太陽医療福祉工健康スポーツ科1右・右18077比叡山
捕手山本 幸大朗医療福祉工健康スポーツ科1右・右17870今宮工科
内野手榎本 彩人医療福祉工健康スポーツ科4右・左17165かわち野
内野手小原 直浩医療福祉工健康スポーツ科4右・左18182興國
内野手田路 翔大医療福祉工健康スポーツ科4右・右17684京都明徳
内野手山本 慶一郎機械工4右・左17070阪南大高
内野手青野 恭太医療福祉工健康スポーツ科3右・右17374三田松聖
内野手内藤 章太医療福祉工健康スポーツ科3右・右17385京都文教
内野手池田 龍太郎医療福祉工健康スポーツ科2左・左172103かわち野
内野手井上 真輝医療福祉工健康スポーツ科2右・左17371日本航空石川
内野手金丸 新平医療福祉工健康スポーツ科2右・右15960日新
内野手齊藤 充志医療福祉工健康スポーツ科2右・右17375上宮
内野手竹下 宗伺医療福祉工健康スポーツ科2右・右18080箕面自由学園
内野手太田 琢郎医療福祉工健康スポーツ科1右・両16666太成学院大高
内野手掛谷 和紀医療福祉工健康スポーツ科1右・左16072北照
内野手刑部 虎太朗医療福祉工健康スポーツ科1右・右16760星翔
内野手曽根 陸成医療福祉工健康スポーツ科1右・右16563鳥取城北
内野手武田 優翔医療福祉工健康スポーツ科1右・右16770大冠
内野手辻本 頼医療福祉工健康スポーツ科1右・右17565金光大阪
内野手山中 奏良医療福祉工健康スポーツ科1右・左17458大和広陵
内野手山根 一勝医療福祉工健康スポーツ科1右・左16770大阪電通大高
内野手吉村 勝医療福祉工健康スポーツ科1右・右17462かわち野
外野手岩本 聖也医療福祉工健康スポーツ科4右・左17066京都両洋
外野手舩川 僚大医療福祉工健康スポーツ科4右・左17065京都文教
外野手浅香 優馬医療福祉工健康スポーツ科3右・右16266大阪商業大高
外野手岡﨑 裕次郎医療福祉工健康スポーツ科3右・左16967金光大阪
外野手海津 大輔医療福祉工理学療法3右・右16360甲西
外野手田中 敦士医療福祉工健康スポーツ科3右・右17368阪南大高
外野手谷口 飛優医療福祉工健康スポーツ科3右・右17065西舞鶴
外野手中道 稜耶医療福祉工健康スポーツ科3右・右17569橿原学院
外野手松本 泰知医療福祉工医療福祉工3右・右17060天理
外野手湯川 澄直総合情報デジタルゲーム3右・右16871篠山鳳鳴
外野手池澤 知己医療福祉工健康スポーツ科2右・右16666酒田南
外野手高井 空医療福祉工健康スポーツ科2右・右17267三田松聖
外野手山下 勇介医療福祉工健康スポーツ科2右・右16455日本航空
外野手今田 勇大医療福祉工健康スポーツ科1左・左17985履正社
外野手田中 空医療福祉工健康スポーツ科1右・左17165神港学園
外野手西岡 塁医療福祉工健康スポーツ科1左・左17061塔南
外野手西本 拓海医療福祉工健康スポーツ科1右・左16968東大阪大柏原
学生コーチ大山 雄騎医療福祉工健康スポーツ科4興國
マネージャー井上 晴香医療福祉工理学療法3四條畷学園
マネージャー小坂 宙士医療福祉工健康スポーツ科2大阪

年間スケジュール・試合日程・結果

年間スケジュール

4月 春季リーグ戦 10月 秋季リーグ戦
5月 春季リーグ戦 11月
6月 新人戦 12月 OB会
7月 オープン戦 1月
8月 オープン戦、合宿 2月 合宿
9月 秋季リーグ戦 3月 オープン戦

試合日程・結果

阪神大学野球連盟HPより、ご確認ください
http://www.hanshin-bbl.com/

練習環境

第1グラウンド
内野全体に黒土を用い、公式戦に近い環境を整えています。

トレーニングルーム
各個人の能力・持久力・体力向上のため様々な部位に応じたマシンがあります。また、研究活動の一環としてもトレーニングルームを使用しています。

入部希望者の方へ

本学硬式野球部は、野球を通じて団体活動による協調性及び人格の形成をはかることを目的として1962年に創部されました。2017年には強化指定クラブに認定され、チームの目標である「1部リーグ昇格・優勝、全日本大学野球選手権大会出場」に向けて、日々精進しています。
チームのモットーは「感謝」と「自律」。家族、学校関係者、OBなど周囲の方々の協力と理解があるからこそ、野球ができる環境があります。スタッフ・部員一同、常に周囲の方々に「感謝」の気持ちを持ち、日々の活動に取り組んでいます。
また、誰かの指示で動くのではなく、自ら考えて判断し、それをいかに妥協せずに実行するか。これは、硬式野球部の活動中に限らず、学生生活や私生活においても言えることです。大学生活を通じて「自律」の精神を養い、社会で主体的に活躍できる力を身に付けてほしいと願っています。
学業、野球、私生活の全てにおいて充実した大学生活を送りたいと強く望む方の入部を、心よりお待ちしています。

大阪電気通信大学硬式野球部
監督 鈴木 佑亮

主将からのメッセージ
めざすは全国大会出場。
まだまだ伸びるチームです!

四條畷キャンパスの第1グラウンドで、週に5~6日活動しています。春と秋に開催されるリーグ戦で結果を出せるよう練習に取り組んでいます。2018年度から江草コーチが就任されたことで、練習の質が飛躍的に高まりました。チームがよりよい方向に変わる絶好のタイミングなので、主将である自分が見本となる姿を示し、引っ張っていかなければいけないと強く感じています。このチームはとことん元気な選手、とことん真面目な選手と、個性的なメンバーがそろっているところがアピールポイント。楽しむ時は思い切り楽しみつつ、いざという時は真剣に向き合える自慢の仲間です。現在のチームの目標は、1部リーグ昇格・優勝と、その先の全日本大学野球選手権大会出場。まだまだこれから伸びる、発展途上のチームです。「大学でも本気で野球をしたい」という強い気持ちがある人は、ぜひ硬式野球部へ。チーム一丸となって一緒に全国をめざしましょう!

写真ギャラリー

ページの先頭へ