キャンパスライフ

硬式野球部

チーム全体が一丸となってリーグ優勝、全国大会出場に向けて頑張っています。
目標:阪神大学野球連盟1部リーグ優勝、
全日本大学野球選手権大会出場

トピックス

野球を通して、人間力を育んでいきたい。

監督 清田 和正

チームのモットーは「感謝」と「自律」です。家族や学校関係者、OB等へ感謝の気持ちを持つこと、自ら考える大切さを伝えています。野球の技術だけでなく社会で活躍するための人間力を身につけて欲しい。その想いを胸に、わたしも日々、挑み続けています。

野球を通して、人間力を育んでいきたい。

チームのモットーは「感謝」と「自律」です。家族や学校関係者、OB等へ感謝の気持ちを持つこと、自ら考える大切さを伝えています。野球の技術だけでなく社会で活躍するための人間力を身につけて欲しい。その想いを胸に、わたしも日々、挑み続けています。

1970年
大阪府枚方市生まれ
1989年
大阪桐蔭高校から東洋大学へ入学
1993年
株式会社ミキハウス入社(ミキハウス硬式野球部)
1996年
ミキハウス硬式野球部選手兼任コーチに就任(~1999年)
2001年
ミキハウス硬式野球部監督に就任(~2005年)
2015年
名古屋産業大学硬式野球部コーチに就任(~2016年)
2016年
名古屋産業大学硬式野球部監督に就任(~2020年)
2021年
大阪電気通信大学硬式野球部助監督に就任
2022年
大阪電気通信大学硬式野球部監督に就任

野球を通して、人間力を育んでいきたい。

投手コーチ 成本 年秀

チームのモットーは「感謝」と「自律」です。家族や学校関係者、OB等へ感謝の気持ちを持つこと、自ら考える大切さを伝えています。野球の技術だけでなく社会で活躍するための人間力を身につけて欲しい。その想いを胸に、わたしも日々、挑み続けています。

選手たちのレベルアップのため、技術と考え方を伝える。

投手陣・特にバッテリーをはじめとした選手たちのレベルアップに、一つでもヒントやきっかけを与えられればと思います。学業と両立しつつ、野球を通して人間性を磨いてもらうために野球への取り組み方や意識の持ち方などを伝えていければと考えています。

1968年
兵庫県西宮市生まれ
1987年
西宮東高校から京都産業大学へ入学
1993年
ドラフト2位指名で千葉ロッテマリーンズに入団(~2001年)
2001年
阪神タイガースへ移籍(~2003年)
2003年
東京ヤクルトスワローズへ移籍し、2005年に現役引退
2006年
東京ヤクルトスワローズ1軍投手コーチに就任(~2008年)
2008年
千葉ロッテマリーンズ1軍投手コーチに就任(~2010年)
2019年
独立リーグオセアン滋賀ブラックス監督に就任(~2021年)
2023年
大阪電気通信大学硬式野球部投手コーチに就任

部紹介

部長 金田 啓稔 監督 清田 和正
投手コーチ 成本 年秀 コーチ 鈴川 修平
主将 中井 陽大 モットー 「感謝」と「自律」
所属連盟 阪神大学野球連盟 ランク 1部リーグ
部員数 106名(2023年5月1日現在) 主な活動場所 四條畷キャンパス第1グラウンド
連絡先 oecubaseball@gmail.com

一週間の活動日(通常期)

左右にスクロールできます

曜日

※学休期、リーグ戦期間中は不定休

部員紹介

左右にスクロールできます

守備 氏名 背番号 学部 学年 投・打 身長 体重 出身校
投手 江本 裕輝 21 医療健康科 4 左・左 170 67 枚方津田
投手 大原 純斗 18 医療健康科 4 右・右 174 74 鹿児島城西
投手 柿本 敬心 11 医療健康科 4 右・右 182 68 北大津
投手 久保田 瞬 41 医療健康科 4 右・右 180 80 履正社
投手 小島 遼太 28 医療健康科 4 右・右 172 86 大阪電通大高
投手 中森 敬太郎 13 医療健康科 4 右・右 179 74 英明
投手 山口 智也 93 医療健康科 4 右・右 180 80 東海大仰星
投手 岡本 陸希 79 医療健康科 3 左・左 185 78 京都成章
投手 川田 将大 32 医療健康科 3 右・右 173 73 綾羽
投手 白井 響介 39 医療健康科 3 右・右 180 88 鳥取城北
投手 関本祥汰郎 68 医療健康科 3 右・右 186 82 日本航空石川
投手 玉置 涼凱 17 医療健康科 3 左・左 170 83 日高中津
投手 玉川 理羽人 30 医療健康科 3 右・右 169 76 大谷
投手 稲生 雄華 11 医療健康科 2 右・右 177 77 阪南大高
投手 小林 龍平 12 医療健康科 2 左・左 162 62 藤枝明誠
投手 鈴木 祐真 18 医療健康科 2 左・左 170 67 大商大堺
投手 田原 涼生 19 医療健康科 2 右・右 173 73 日南学園
投手 中村 修哉 84 医療健康科 2 右・右 174 74 啓新
投手 船津 悠斗 15 医療健康科 2 右・右 176 83 近江兄弟社
投手 山本 珠璃 80 医療健康科 2 右・右 177 61 興國
投手 岩井 昂舞 医療健康科 1 左・左 183 82 近江兄弟社
投手 外岡 大和 医療健康科 1 右・右 173 80 大阪電通大高
投手 馬場 海人 医療健康科 1 左・左 170 65 啓新
投手 本田 恵万 医療健康科 1 右・右 176 73 佐渡
投手 松本 優斗 医療健康科 1 右・右 172 73 東洋大姫路
投手 山口  浬 医療健康科 1 右・右 176 77 大阪偕星学園
捕手 橋本 誠弥 3 医療健康科 4 右・右 170 65 上宮太子
捕手 山田 昇吾 22 医療健康科 4 右・右 177 83 大阪電通大高
捕手 岩江 拓海 72 医療健康科 3 右・右 176 72 名張
捕手 藤田 篤生 75 医療健康科 3 右・右 172 64 箕面学園
捕手 山本 涼太 10 医療健康科 3 右・右 173 67 尾道
捕手 井上 美翔 65 医療健康科 2 右・右 180 85 大阪
捕手 若林 賢伸 59 医療健康科 2 右・右 168 68 交野
捕手 鬼橋 昂汰 医療健康科 1 右・右 164 65 創成館
捕手 澤田 光宏 1 右・右 174 70 八幡
捕手 徳山 颯基 医療健康科 1 右・右 179 80 東海大仰星
捕手 安室 彪斗 医療健康科 1 右・右 174 70 神戸高塚
内野手 小野 琳豊 45 医療健康科 4 右・右 168 85 鳥取城北
内野手 高橋  廉 46 医療健康科 4 右・右 165 66 福井工大福井
内野手 中井 陽大 37 医療健康科 4 右・左 169 72 福井工大福井
内野手 中田 力斗 24 医療健康科 4 右・左 163 66 履正社
内野手 米良 風舞希 6 医療健康科 4 右・両 170 70 大阪偕星学園
内野手 森廣 拓夢 9 医療健康科 4 右・右 177 82 比叡山
内野手 池多 駿太朗 2 医療健康科 3 右・左 176 69 金沢
内野手 田川 大智 14 医療健康科 3 右・右 166 80 日本航空石川
内野手 西川 聖樹 70 医療健康科 3 右・右 164 68 大商大堺
内野手 橋本 翔太 23 医療健康科 3 右・右 169 64 星翔
内野手 原田 陽介 40 医療健康科 3 右・右 175 65 武庫荘総合
内野手 安﨑  怜 78 医療健康科 2 右・右 177 79 神戸村野工業
内野手 裏野 聖啓 81 医療健康科 2 右・左 165 65 日本航空石川
内野手 黒田 康喜 70 医療健康科 2 右・右 170 55 神戸村野工業
内野手 杉本 祥太 61 医療健康科 2 右・右 167 58 箕面学園
内野手 角田 涼晴 35 医療健康科 2 左・左 177 80 明秀学園日立
内野手 田村 拓人 49 医療健康科 2 右・右 180 100 福井
内野手 永井 修平 40 医療健康科 2 右・右 180 80 飾磨
内野手 中島 颯太 66 医療健康科 2 右・左 172 65 星翔
内野手 中原 悠空 45 医療健康科 2 右・右 180 81 東山
内野手 中本 拡人 58 医療健康科 2 右・左 168 69 北照
内野手 東田 彪舞 76 医療健康科 2 右・右 173 73 県立尼崎
内野手 藤田 健佑 71 医療健康科 2 右・右 165 65 高川学園
内野手 水野 貫太 90 医療健康科 2 右・右 178 73 尾道
内野手 山下 翔大 62 医療健康科 2 右・右 165 70 大商大堺
内野手 山本 将也 73 医療健康科 2 右・右 170 73 享栄
内野手 山本 修輔 68 医療健康科 2 右・右 168 78 市立尼崎
内野手 渡 虎太郎 75 医療健康科 2 右・右 175 67 高岡第一
内野手 浅沼 海人 医療健康科 1 右・右 166 66 塔南
内野手 阿南 翔大 医療健康科 1 右・左 178 80 阪南大高
内野手 市吉 拓哉 医療健康科 1 右・右 166 71 星翔
内野手 乾  佑輔 医療健康科 1 右・左 170 66 乙訓
内野手 岩切 慎之介 医療健康科 1 右・右 168 62 大商大高
内野手 江東 楓智 医療健康科 1 右・右 170 74 履正社
内野手 大森 柚輝 医療健康科 1 右・右 170 70 枚方なぎさ
内野手 儀保 涼真 医療健康科 1 右・左 167 65 石見智翠館
内野手 杉本 晴弥 医療健康科 1 右・右 166 65 高岡第一
内野手 曽木 小太郎 医療健康科 1 右・右 174 60 日本航空石川
内野手 中尾 相太 医療健康科 1 右・右 165 63 東海大仰星
内野手 水本 敦大 医療健康科 1 右・右 171 78 東洋大姫路
内野手 柳  尋人 医療健康科 1 右・右 166 71 明桜
内野手 山本 怜央 医療健康科 1 右・右 177 80 北海
内野手 吉田 侑生 医療健康科 1 右・右 170 65 京都廣学園
外野手 岡本 一聖 61 医療健康科 4 右・右 178 77 履正社
外野手 西川 大地 71 医療健康科 4 左・左 171 77 秀岳館
外野手 東  晴登 5 医療健康科 4 右・左 169 65 金沢
外野手 若松 陽星 76 医療健康科 4 右・右 170 67 大和広陵
外野手 田中 涼雅 38 医療健康科 3 右・左 172 67 敦賀気比
外野手 舟橋 勇瑠 87 医療健康科 3 右・右 165 64 高知中央
外野手 堀  朝日 69 医療健康科 3 右・両 174 70 飾磨
外野手 今井 琉聖 60 医療健康科 2 右・左 180 76 柳ヶ浦
外野手 青木 紀頼 56 医療健康科 2 右・左 174 64 比叡山
外野手 髙部 光夫 79 医療健康科 2 右・右 175 65 英真学園
外野手 佃  将輝 88 医療健康科 2 右・右 182 73 大阪
外野手 佐々木 悠空 医療健康科 1 右・左 173 65 南部
外野手 猿渡 哲央 医療健康科 1 右・右 176 67 西宮南
外野手 白川 裕一朗 医療健康科 1 右・左 168 70 福井工大福井
外野手 谷口 大知 医療健康科 1 右・左 176 70 塔南
外野手 中村 楓真 医療健康科 1 右・右 162 62 金光大阪
外野手 馬野 嵩士 医療健康科 1 右・右 172 64 日本航空石川
外野手 間久保 陽大 医療健康科 1 右・左 167 71 科学技術
外野手 水野 堅斗 医療健康科 1 右・左 184 88 近江兄弟社
学生コーチ 河原林 映翔 医療健康科 4 北大津
学生コーチ 西田 昂矢 医療健康科 4 太成学院大高
学生コーチ 山口 騰弘 医療健康科 4 天理
学生コーチ 小﨑 航平 医療健康科 2 日高中津
マネージャー 糟谷 日那 医療健康科 3 福井工大福井
マネージャー 井上 綾夏 医療健康科 1 大阪信愛学院
マネージャー 井上 響生 1 京都成章

年間スケジュール・試合日程・結果

年間スケジュール

左右にスクロールできます

4月 春季リーグ戦 10月 秋季リーグ戦
5月 春季リーグ戦 11月
6月 新人戦 12月 OB会
7月 オープン戦 1月
8月 オープン戦、合宿 2月 合宿
9月 秋季リーグ戦 3月 オープン戦

試合日程・結果

阪神大学野球連盟HPより、ご確認ください
http://www.hanshin-bbl.com/

練習環境

第1グラウンド
内野全体に黒土を用い、公式戦に近い環境を整えています。

トレーニングルーム
各個人の能力・持久力・体力向上のためさまざまな部位に応じたマシンがあります。また、研究活動の一環としてもトレーニングルームを使用しています。

入部希望者の方へ

本学硬式野球部は、野球を通じて団体活動による協調性および人格の形成をはかることを目的として1962年に創部されました。2017年には強化指定クラブに認定され、2022年に創部以来初の1部昇格を成し遂げました。現在はチームの目標である「1部リーグ優勝、全日本大学野球選手権大会出場」に向けて、日々精進しています。
チームのモットーは「感謝」と「自律」。家族、学校関係者、OBなど周囲の方々の協力と理解があるからこそ、野球ができる環境があります。スタッフ・部員一同、常に周囲の方々に「感謝」の気持ちを持ち、日々の活動に取り組んでいます。
また、誰かの指示で動くのではなく、自ら考えて判断し、それをいかに妥協せずに実行するか。これは、硬式野球部の活動中に限らず、学生生活や私生活においても言えることです。大学生活を通じて「自律」の精神を養い、社会で主体的に活躍できる力を身に付けてほしいと願っています。
学業、野球、私生活のすべてにおいて充実した大学生活を送りたいと強く望む方の入部を、心よりお待ちしています。

大阪電気通信大学硬式野球部
部長 金田 啓稔

主将からのメッセージ
感謝の気持ちを胸に
主体的な姿勢で、挑戦を重ねていく。

四條畷キャンパスの第1グラウンドで、週に5日ほど活動しています。チームの目標は「1部リーグ優勝!そして、全日本大学野球選手権大会出場」。そのために日々、自分たちで練習メニューを考え、楽しみながらトレーニングを行っています。このチームの特徴は、元気でエネルギーに満ち溢れているところ。さらに、ユニフォームも一新し、部員全員が気持ちを新たに前へ進んでいます。ここは切磋琢磨しながら、とことん野球に打ち込める環境です。やる気のある人、何より野球が好きな人は一緒にプレーしましょう。

写真ギャラリー

大学紹介

学生一人ひとりの興味・関心を大切にする独自の「4ステップの実学教育」をはじめ、本学の特長および、概要についてご紹介いたします。

4ステップの実学教育

キャンパスライフ

ロボットづくりなどに挑戦できる「自由工房」やクラブ・サークル、イベントなど、大阪電通大では、授業やゼミ以外にも日々さまざまな活動が行われています。

クラブサークル紹介

施設・キャンパス

次世代テクノロジーへの学びが詰まった「寝屋川キャンパス」、医療・健康・スポーツ分野の「四條畷キャンパス」をご紹介します。

PAGE
TOP