2011.10.24総合案内

東日本大震災における復興支援活動について(第8報)

本学が行っている復興支援活動の一つとして,岩手県宮古市立鍬ヶ崎小学校へ教育活動支援物品を寄贈しました。教育活動支援物品は,合唱練習の際に使用するグランドピアノ運搬車1台と冬の寒さ対策用の大型ブライトヒータ3台です。

目録贈呈は,10月22日(土)鍬ヶ崎小学校体育館で行われました。当日は,児童の皆さんが日頃の学習成果を発表する学習発表会が行われており,目録贈呈は学習発表会のプログラムの合間に行われました。

学習発表会では,1学期が震災の影響で,1ヶ月遅れで始まりましたが,その遅れを感じさせず,力強い素晴らしい発 表会でした。特に,6年生の発表では「輝こう鍬ヶ崎」と題した群読劇が行われ,頑張っている地元の方々に扮して熱演していました。この群読劇は,児童が地 元の方々が復興へ向かって立ち上がっていく姿を取材し,まとめあげたものとのことです。劇中,「日本中,世界中から沢山のご支援をいただき大変感謝してい ます。その方々に鍬ヶ崎が頑張っているということを伝えたい」,「私たちは真っ白な地図を受け取った。この真っ白な地図に,未来の輝く鍬ヶ崎を創っていき たい」との素敵な台詞がありました。

大阪電気通信大学は,地域の未来を築いていく子供たちの教育支援を通じて,東日本大震災の復興支援を続けていきます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ